ログイン
2019年9月7日 10時00分
市況

富田隆弥の【CHART CLUB】 「差し掛かったチャートの節目、一進一退を繰り返すか」

日経平均株価は、5日に一時500円も上げた。1ヵ月近く続いた閑散小動きの“ウップン”を晴らすかのように全面高になった。そのキッカケは香港で逃亡犯条例改正案が正式に撤回されたことと、米中閣僚級交渉が10月から再開すると伝わったこと、そして溜まっていた売り玉が一斉に買い戻しを強いられたからであろう。ただ、このように好材料がそろって、大きく上伸するという展開がこの先も続くかは疑問だ。

◆日経平均の5日終値は436円高の2万1085円。日足チャートは2万100~2万700円のもみ合いゾーンを明確に上放れ、一気に75日移動平均線(2万1080円近辺)に乗せ、200日移動平均線(2万1230円近辺)や一目均衡表の雲(2万1056~2万1440円)にタッチした。週足では13週移動平均線(2万1150円近辺)にタッチして、26週移動平均線(2万1300円近辺)や52週移動平均線(2万1500円近辺)に迫った。つまり、大きく上げたもののチャートはまだ節目に差し掛かったところと言える。

◆裁定取引残高(8月30日現在)を見ると、買い残4886億円に対して売り残が1兆9384億円と過去最高水準に膨れている(倍率0.25倍)。5日の急伸にはこの買い戻しが多分に含まれていただろうし、買い戻し余地がまだ十分にあるのは間違いない。ただ、その買い戻しを進めるためには、(1)NYダウなど米国株が上昇基調を取り戻すこと、(2)為替がドル円ユーロ円とも「円安」基調を取り戻すこと、(3)香港情勢の鎮静化、(4)米中の関係改善、などが不可欠だろう。

◆マーケットの思い通りに行かないものばかりだが、そのほか米雇用統計(9月6日)や日本のメジャーSQ(9月13日)、FOMC(9月18日)などのスケジュールもある。日本株はこの先も「一進一退」の展開を繰り返すことを覚悟しておきたい。

(9月5日 記、毎週土曜日に更新)

情報提供:富田隆弥のチャートクラブ

株探ニュース

富田隆弥

CHART CLUB
▶︎著者ページ一覧

関連記事・情報

  1. 【植木靖男の相場展望】 ─ 険しくとも挑むか中間反騰への道 (09/07)
  2. 伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】 9月8日版(1)
  3. 来週の相場で注目すべき3つのポイント:ECB理事会、メジャーSQ、東京ゲーム.. (09/07)
  4. すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 とりでみなみさんの場合<第2回> (09/06)
  5. ゼロから始める「株探」の歩き方 ― (4) 有望銘柄の発掘は決算速報で! (09/06)
  6. 利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第1弾 21社選出 <成長株特集> (09/05)
  7. 5万円以下で買える、高ROE&好業績「お宝候補」19社選出【東証1部】編 <割安株.. (09/06)
  8. 【今週読まれた記事】“新風”吹くなか、注目は9月配当に (09/07)
  9. 今週の【話題株ダイジェスト】 アトラ、ITbook、サマンサJP (9月2日~6日)
  10. 今週の【早わかり株式市況】1ヵ月ぶり2万1000円回復、米中貿易協議の再開で買い.. (09/07)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    ★本日の【サプライズ決算】速報 (09月25日) 注目
  2. 2
    NY株式:NYダウ52ドル高、良好な住宅指標を好感 市況
  3. 3
    10万円以下で買える、高利回り・低PER・低PBR 17社【東証1部】編 <割安株特集> 特集
  4. 4
    24日の米国市場ダイジェスト:NYダウ52ドル高、良好な住宅指標を好感 市況
  5. 5
    「脱ハンコ」が10位にランクイン、菅政権のデジタル改革で再脚光<注目テーマ> 特集
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.