ログイン
2019年10月9日 17時04分
市況

<マ-ケット日報> 2019年10月9日

9日の市場は日経平均が反落。終値は前日比131円安の2万1456円だった。前日の米株急落を受けて200円を超える下げで始まったが、この寄り付きが本日の安値となり、その後はじわじわと下げ幅を縮める底堅い展開となった。米中貿易協議に対する期待感の後退が背景にあるが、日本株は割安感や円高進行がストップしている点から押し目買いが入りやすくなっているようだ。

昨日の米国市場は米中対立の深まりを懸念してダウ平均が大幅続落した。この日は米政権が中国企業に対する新たな禁輸措置を発表。中国の複数の高官に対するビザ発給を制限する方針を示したことも嫌気売りを誘ったようだ。10日から始まる閣僚級の米中貿易協議が難航する可能性が高まり、ダウ平均は引けにかけて下げ幅を広げて行った。米国株は当面は弱含みの展開が続きそうだ。

一方、東京市場は米国株ほど下げず打たれ強さを感じさせる1日に。9月相場は米国株以上に上げ、10月相場は今のところ米国株より下げずにいるなど基調は結構底堅い。円相場が比較的安定していることも日本株売りがストップしていることと関係がありそうで、現状程度の悪材料なら依然として織り込み済みということなのかもしれない。チャート面では下値75日移動平均線(2万1289円)がサポートとして効いており、目先的にはここと200日移動平均線(2万1205円)が押し目買いゾーンとなりそうだ。(ストック・データバンク 編集部)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    国内株式市場見通し:リスク回避姿勢の継続で日経平均は下値模索へ 市況
  2. 2
    【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 猛威振るう新型コロナ、投資家に対抗手段あるか?! 市況
  3. 3
    為替週間見通し:ドル・円はもみ合いか、米国での感染被害拡大への懸念残る 通貨
  4. 4
    解禁秒読み「オンライン診療」最前線株、“医療崩壊”阻止へ高まる注目 <株探トップ特集> 特集
  5. 5
    <みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」2位に富士フイルム 材料
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.