ログイン
2020年1月11日 10時00分
市況

富田隆弥の【CHART CLUB】 「今年もトランプ戦術相場は健在」

◆乱高下で始まった2020年相場。言うまでもなく震源は中東の地政学リスクで、日経平均株価の騰落は大発会(6日)から9日まで451円安、370円高、370円安、535円高と推移し、東証1部の値上がり(値下がり)銘柄数も277(1835)、1961(146)、150(1981)、1960(157)と極端な日々が続く。

◆ただ、株価が高所にきているので風雨が強まるのは仕方なく、1月相場には調整アノマリー(経験則)もある。そして、不安を募らせて売らせては踏ませる(買い戻しを誘う)というトランプの戦術は今年も健在だ。過剰流動性の相場は、もうしばらくダイナミックに動くことが想定される。

◆日経平均は8日に一時2万2951円まで下げ、日足チャートは「陰転」を暗示した。だが、8日の安値は一目均衡表の雲(2万3100~2万2442円)に差し掛かり、75日移動平均線(2万2912円)に迫ったところから切り返して下ヒゲを伸ばす「たくり足」となった。そして、9日は535円高の2万3739円と大きく上げて25日移動平均線(2万3623円)をクリアし、大発会で開けた窓(2万3656円)を埋めた。

◆強い切り返しではあるが、ここまでは崩れたあとのアヤ戻しである。日足を「好転」に戻すには、2万4000円台回復から12月17日の高値2万4091円を奪回しなければならない。逆に下値は75日移動平均線が注意ポイントで、これらが当面のチャートの上下ポイントになる。

◆ただ、NYダウナスダックが乱高下しながらも過去最高値を更新。8日に107円65銭まで円高が進んだ為替(ドル・円)も、10日夜間には109円50銭台を回復。こうなると、日経平均の「好転」も可能だろう。まずは、2万4091円奪回からアベノミクス相場の最高値2万4448円(18年10月)に向けて動くことを期待したい。

(1月9日 記、毎週土曜日に更新)

情報提供:富田隆弥のチャートクラブ

★「富田隆弥のチャート倶楽部2020スペシャル」など →→【新春特集】の記事一覧をみる

株探ニュース

富田隆弥

CHART CLUB
▶︎著者ページ一覧

関連記事・情報

  1. 【植木靖男の相場展望】 ─ 主役は徐々に2番手グループへ (01/11)
  2. 植草一秀の「金融変動水先案内」 ―年初波乱相場は2020年激動の予兆か (01/11)
  3. すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 合金さんの場合<第1回> (01/10)
  4. 来週の相場で注目すべき3つのポイント:11月分機械受注、米ベージュブック、米.. (01/11)
  5. 【今週読まれた記事】乱高下を“買い場”と見る相場観 (01/11)
  6. 今週の【話題株ダイジェスト】 ニューテック、倉元、両毛システム (1月6日~10日)
  7. 今週の【早わかり株式市況】反発、中東リスクの波乱始動も警戒後退で切り返す (01/11)
  8. レーティング週報【最上位を継続+目標株価を増額】 (12月30日-1月10日)
  9. 来週の決算発表予定 北の達人、UUUM、東宝など (1月14日~17日)
  10. 配当利回り“3%超”の【最高益】リスト〔第1弾〕27社選出 <成長株特集> (01/09)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    株主優待シーズン突入、3月権利取り「高利回り先高期待」の厳選7銘柄 <株探トップ特集> 特集
  2. 2
    今朝の注目ニュース! ★ウェルス、ハウテレ、ギフトなどに注目! 注目
  3. 3
    伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (2月18日記) 市況
  4. 4
    前場に注目すべき3つのポイント~大きく下押す局面においては、長期スタンスの買いが意識される 市況
  5. 5
    国内株式市場見通し:もみあいか、NYダウ大台乗せなど焦点 市況
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.