ログイン
2020年2月15日 15時01分
通貨

ユーロ週間見通し:弱含みか、ユーロ圏の製造業関連指標が手掛かり材料に

■弱含み、ドイツの政治不安強まる

先週のユーロ・ドルは軟調推移。メルメル独首相後継者のクランプカレンバウアー氏(CDU党首)が辞任を表明し、ドイツの政治不安が台頭したことや、ユーロ圏の12月鉱工業生産は4年ぶりの低水準に落ち込んだことが嫌気された。リスク回避のユーロ売り・米ドル買いが活発となり、ユーロ・ドルは1.0827ドルまで下落した。取引レンジ:1.0827ドル-1.0958ドル。

■弱含みか、独政治不安を嫌気したユーロ売り継続も

今週のユーロ・ドルは弱含みか。メルケル独首相の後任人事を巡って連立与党は分裂に向かうとの懸念も浮上しており、ドイツの政治不安を嫌気したユーロ売りは継続する見込み。域内経済の一段の減速が警戒されていることも、ユーロの下押し要因となる。

予想レンジ:1.0700ドル-1.0900ドル

■弱含み、域内経済の減速懸念強まる

先週のユーロ・円は弱含み。一時119円を下回る場面があった。ドイツの政治不安やユーロ圏経済の成長減速への懸念が強まり、短期筋などによるユーロ売り・円買いが観測された。リスク選好的な米ドル買い・円売りが週末前に縮小したことも、ユーロ・円相場を圧迫した。取引レンジ:118円87銭-120円34銭。

■弱含みか、ユーロ圏の製造業関連指標が手掛かり材料に

今週のユーロ・円は弱含みか。独連立与党の分裂懸念は消えていないことから、ドイツの政治不安を嫌気したユーロ売りは継続する可能性がある。ドイツやユーロ圏の製造業関連の経済指標が市場予想を下回った場合、欧州中央銀行(ECB)の緩和方針は長期化するとの思惑が強まることもユーロ売り材料となる。

○発表予定のユーロ圏主要経済指標・注目イベント

・19日:12月経常収支(11月:+339億ユーロ)

・21日:2月マークイット製造業PMI(1月:47.9)

・21日:2月マークイットサービスPMI(1月:52.5)

予想レンジ:117円50銭-120円50銭

《FA》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 【村瀬智一が斬る!深層マーケット】 ─「新型肺炎を警戒しつつ押し目をうかが.. (02/15)
  2. 富田隆弥の【CHART CLUB】 「強い相場でも下値チェックを怠らず」 (02/15)
  3. 植草一秀の「金融変動水先案内」 ―新型コロナウイルスと株式市場 (02/15)
  4. 来週の株式相場戦略=新型肺炎巡り一進一退、カネ余りで下値は限定的 (02/14)
  5. 来週の決算発表予定 ブリヂストン、トレンド、洋インキHDなど (2月17日~21日)
  6. 来週の【重要イベント】GDP、貿易統計、機械受注 (2月17日~2月23日)
  7. 今週の【早わかり株式市況】反落、新型肺炎の感染拡大と企業の低調な決算が重荷 (02/15)
  8. 【今週読まれた記事】厳しい環境下にも光る“青天井銘柄群” (02/15)
  9. 今週の【話題株ダイジェスト】 コーア商HD、ダイトウボウ、イグニス (2月10日~14日)
  10. 来期業績につながる、10-12月期【増収増益】リスト <成長株特集> 2月14日版

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (2月25日発表分) 注目
  2. 2
    日経平均1000円安の衝撃、新型コロナ禍に揺れる日本株市場の行方 <株探トップ特集> 特集
  3. 3
    明日の株式相場戦略=騰落レシオ注目、逆張り戦略に徹する 市況
  4. 4
    「コロナウイルス」関連がランキングトップ、感染拡大が続き世界同時株安に<注目テーマ> 特集
  5. 5
    植木靖男氏【世界株大波乱、新型肺炎の拡大で今後の展望は】(1) <相場観特集> 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.