ログイン
2020年2月15日 15時03分
市況

米国株式市場見通し:コロナウィルスへの懸念が燻る展開に

2月17日(月)はプレジデンツ・デーの祝日で米国株式相場は休場となる。コロナウィルスへの楽観的な見方が後退しており、連休明けも相場の上値を抑える展開となりそうだ。当面はコロナウィルス が鎮静化する兆しを確認できるかが焦点となるだろう。一方で、米証券取引委員会への保有株式状況に関する届出資料、13F様式が14日に出揃い、著名投資家やヘッジファンドの2019年12月末における保有銘柄の変更や新規購入状況が明らかになるため、特定の銘柄が物色されそうだ。

企業決算では、深海油田開発のトランスオーシャン(17日)、自動車部品小売のアドバンス・オート・パーツ(18日)、小売最大手のウォルマート(18日)、衛星テレビのディッシュ・ネットワーク(19日)、クラウドストレージのドロップボックス(20日)、農業機械のディア(21日)などの発表が予定されている。ディッシュ・ネットワークは、通信大手のTモバイルとスプリントの合併が進展するなか、両社の一部資産買収で合意しており、業績見通しに注目したい。

2月14日時点のファクトセット社の調査によると、S&P500全体の2019年第4四半期利益成長は、14日時点で0.7%増と昨年12月末時点の1.7%の減少見通しから上振れた。アップルやマイクロソフト、インテル、アルファベットやアマゾンなどハイテク銘柄の利益成長が寄与した。

経済指標では、2月NY連銀製造業景況指数(18日)、2月NAHB住宅市場指数(18日)、12月住宅着工・建設許可件数(19日)、1月生産者物価指数(19日)、1月景気先行指数(20日)、1月中古住宅販売件数(21日)などの発表が予定されている。19日には1月28-29日開催分のFOMC議事録が公開される。米連邦準備理事会(FRB) による今後の景気見通しについて何らかの示唆を得られるかが焦点となる。さらに、21日はダラス連銀総裁が講演するほか、アトランタとクリーブランドの連銀総裁が討論会に参加予定であり、注目したい。

(Horiko Capital Management LLC)

《FA》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 国内株式市場見通し:もみあいか、NYダウ大台乗せなど焦点 (02/15)
  2. 【村瀬智一が斬る!深層マーケット】 ─「新型肺炎を警戒しつつ押し目をうかが.. (02/15)
  3. 富田隆弥の【CHART CLUB】 「強い相場でも下値チェックを怠らず」 (02/15)
  4. 植草一秀の「金融変動水先案内」 ―新型コロナウイルスと株式市場 (02/15)
  5. 来週の株式相場戦略=新型肺炎巡り一進一退、カネ余りで下値は限定的 (02/14)
  6. 為替週間見通し:ドルは伸び悩みか、米FOMC議事要旨が有力な売買材料に (02/15)
  7. 来週の決算発表予定 ブリヂストン、トレンド、洋インキHDなど (2月17日~21日)
  8. 来週の【重要イベント】GDP、貿易統計、機械受注 (2月17日~2月23日)
  9. 今週の【早わかり株式市況】反落、新型肺炎の感染拡大と企業の低調な決算が重荷 (02/15)
  10. 【今週読まれた記事】厳しい環境下にも光る“青天井銘柄群” (02/15)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (2月25日発表分) 注目
  2. 2
    日経平均1000円安の衝撃、新型コロナ禍に揺れる日本株市場の行方 <株探トップ特集> 特集
  3. 3
    明日の株式相場戦略=騰落レシオ注目、逆張り戦略に徹する 市況
  4. 4
    「コロナウイルス」関連がランキングトップ、感染拡大が続き世界同時株安に<注目テーマ> 特集
  5. 5
    植木靖男氏【世界株大波乱、新型肺炎の拡大で今後の展望は】(1) <相場観特集> 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.