ログイン
2020年4月14日 12時21分
特集

「バイオテクノロジー関連」が22位、新型コロナ関連で思惑買いの動き<注目テーマ>

★人気テーマ・ベスト10

1 テレワーク

2 コロナウイルス

3 遠隔医療

4 マスク

5 巣ごもり

6 5G

7 教育ICT

8 ワクチン療法

9 宅配

10 農業関連

みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「バイオテクノロジー関連」が22位となっている。

新型コロナウイルスの感染拡大が世界経済に与える影響が懸念されており、政府の財政政策や中央銀行の金融緩和政策に対する期待はあるものの、全体相場は方向感の定まらない動きが続いている。

そうしたなか、個別株テーマ買いの動きは活発で、特に新型コロナウイルスの感染拡大を背景に防疫関連株などが継続的に物色されている。当初はマスクや除菌剤などが人気の中心だったが、ここにきてワクチン の開発や検査薬及び治療薬に対する思惑を背景にバイオベンチャーの株価が強く刺激されている。きょうは、新型コロナワクチンの臨床試験前倒し報道などを受けてアンジェス<4563>が値幅制限いっぱいに買われたほか、人気素地の高いバイオ関連株が軒並み値を飛ばした。ここバイオベンチャーの宝庫であるマザーズ市場の戻り足が顕著で、個人投資家の資金余力も改善傾向にあることから、短期資金によるバイオ関連株への資金流入が勢いを増しているとの見方も出ている。

時価総額の大きい東証1部上場のタカラバイオ<4974>やペプチドリーム<4587>、JCRファーマ<4552>や、マザーズ市場のそーせいグループ<4565>、ヘリオス<4593>、プレシジョン・システム・サイエンス<7707>、ナノキャリア<4571>、カイオム・バイオサイエンス<4583>など、またジャスダック市場の免疫生物研究所<4570>、リプロセル<4978>、医学生物研究所<4557>、テラ<2191>なども大きく買われている。

出所:MINKABU PRESS

関連記事・情報

  1. 「ワクチン療法」が26位にランク、新型コロナ感染阻止に期待高まる.. (04/13)
  2. コロナ戦乱相場で買われる株、我が道を突き進む「驚速5銘柄」.. (04/11)
  3. 【バイオテクノロジー】関連の銘柄一覧
  4. 個人投資家・有限亭玉介:新型コロナ思惑!テレワーク出遅れなどに注目.. (04/11)
  5. 需給で読み解く株式市場、検証:ショック安の行方 (2) (04/14)
  6. 米国市場は正念場の決算シーズン突入、戻り相場の行方を探る.. (04/13)
  7. 「教育ICT」が9位にランク、教科書をインターネットで公開する特例措置で注目<.. (04/10)
  8. 発表迫る、20年3月期【業績上振れ】期待リスト〔第2弾〕 <成長株特集> (04/12)
  9. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 緊急事態宣言の発令効果を先取り (04/12)
  10. 【杉村富生の短期相場観測】 ─当面は上値が重くなる、と考える理由? (04/12)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (8月6日発表分) 注目
  2. 2
    ★本日の【サプライズ決算】速報 (08月06日) 注目
  3. 3
    明日の株式相場戦略=700社強が決算発表、米国情勢に関心向かうか 市況
  4. 4
    ★本日の【サプライズ決算】続報 (08月06日) 注目
  5. 5
    コロナ直撃の4-6月期に【増収増益】達成リスト <成長株特集> 8月6日版 特集
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.