ログイン
2020年7月31日 17時43分
市況

来週の株式相場戦略=“波乱の8月相場”のアノマリー警戒も

来週の東京株式市場は、下げ渋りながらも軟調な展開か。予想レンジは2万1300~2万2100円。

31日の日経平均株価は前日比629円安の2万1710円と約1カ月ぶりに2万2000円を割り込んだ。為替の円高や、新型コロナウイルス感染者数の増加を嫌気する売りが膨らんだ。特に、「海外勢などが東京市場でヘッジ売りを出したことも下げ幅を拡大させたようだ」(市場関係者)との見方も出ている。

来週からは8月相場が始まる。ただ、「8月は1年のうちで日本株のパフォーマンスが最も良くない月」(アナリスト)だという。特に過去10年間、海外投資家の売り越しが続いているほか、円高基調となることも多い“特異月”だ。外国人売りによる「株安・円高」というアノマリー(経験則)が意識されるなか、波乱展開が続くことが警戒されている。

ただ、8月の波乱相場は前倒しされて、7月下旬からすでに始まっているとの見方もある。日経平均株価は直近の下落で、騰落レシオは75に低下し過熱感はなく、むしろ買い余地が出ている。日経平均株価は「6月安値の2万1500円を下値、同月高値の2万3000円を上値とする往来相場」にあり、いまはその下限を確かめている状況ともいえる。

その意味で、来週末の7日に予定されている米7月雇用統計は注目される。その結果が悪ければ、本格的な8月の円高と株安があるかもしれない。来週は、国内新型コロナ感染者数と3日に発表される米7月ISM製造業景況感指数を含め、米景気指標などが関心を集めそうだ。また、米国の追加経済対策が成立するかも要注目だ。

来週の決算発表では、4日のソニー<6758>や5日のレーザーテック<6920>、6日のトヨタ自動車<7203>などが注目されている。3日にモダリス<4883>、7日にティアンドエス<4055>が、ともに東証マザーズに新規上場する。

(岡里英幸)

出所:MINKABU PRESS

関連記事・情報

  1. 【今週読まれた記事】“好悪材料”武器に風向きを見極める (08/01)
  2. 富田隆弥の【CHART CLUB】 「夏休みの8月、下放れに注意」 (08/01)
  3. 今週の【早わかり株式市況】週末急落・2万2000円割れ、感染急拡大・業績悪・円.. (08/01)
  4. 今週の【話題株ダイジェスト】 ストリームM、ブランジスタ、コパ (7月27日~31日)
  5. レーティング週報【2段階格上げ↑】 (7月27日-31日)
  6. 3カ月で8000万→1.4億円、リベンジ成功の根っこは“すごメンタル” (07/31)
  7. コロナ直撃の4-6月期に【増収増益】達成リスト <成長株特集> 7月31日版
  8. 10万円以下で買える、高利回り・低PER・低PBR 28社【東証1部】編 <割安株特集> (07/31)
  9. 動き始めた“脱東京” テレワーク時代と「働き場所」革命で生まれるもの.. (07/30)
  10. 「最高益」予想なのに割安評価、ヒストリカルPERで見つけるお値打ち株.. (07/27)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (8月11日発表分) 注目
  2. 2
    明日の株式相場戦略=AI主導、400円超の上昇で新たな景色 市況
  3. 3
    藤代宏一氏【日経平均大幅高の3連休明け、この上昇は本物か】(1) <相場観特集> 特集
  4. 4
    ★本日の【サプライズ決算】続報 (08月11日) 注目
  5. 5
    馬渕治好氏【日経平均大幅高の3連休明け、この上昇は本物か】(2) <相場観特集> 特集
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.