ログイン
2020年10月30日 17時31分
市況

来週の株式相場に向けて=波乱の米大統領選ウイークに突入も

来週はいよいよ3日の米大統領選を迎える。この大統領選も意識する格好で、NY市場は連日の下落となっており、比較的底堅く推移していた日経平均株価も週末に急落した。市場では「波乱の大統領選ウイークとなる可能性も」(アナリスト)と警戒する声も出ている。来週の日経平均株価の予想レンジは2万2000~2万3700円。

今回の大統領選の特徴は、共和党のトランプ大統領と民主党のバイデン候補のどちらが勝者となるのかはもちろんのことだが、「いつ決着がつくか」(アナリスト)が高い関心を集める異例の展開となっていることだ。日本時間の4日には決着がつかないとの見方も多い。こうしたなか、市場にはトランプ氏とバイデン氏のどちらかが圧倒的に有利な状況となり、早めに勝利宣言を出せれば「ポジティブサプライズで株は上がる」(同)との声も出ている。

とはいえ郵便投票の問題もあり、いつ決着がつくか分からない状態が続く可能性は小さくない。そうなれば「新型コロナウイルス感染拡大も嫌気され、軟調な地合いのなかNYダウは一段の下値を探るかもしれない」(同)とみられている。当面のNYダウの下値メドは3月安値から9月高値までの3分の1押しの2万5500ドル近辺との見方が出ている。また、日経平均の下値メドはまずは8月28日安値2万2594円、続いて200日移動平均線のある2万2000円近辺とみられている。

大統領選に関しては、バイデン氏優位との見方は多いが、一部にはトランプ氏が優勢となったと情勢は逆転したとの調査も出ている。いずれにせよ大接戦となりそうだ。

来週の大統領選以外のスケジュールでは、2日に米10月ISM製造業景況感指数、4日に米10月ADP雇用統計、4日~5日に米連邦公開市場委員会(FOMC)がある。6日に米10月雇用統計が発表される。国内では3日が文化の日で休場。4日にソフトバンク<9434>、5日にスズキ<7269>、三井不動産<8801>、6日にトヨタ自動車<7203>、ダイフク<6383>、日本製鉄<5401>の決算が予定されている。

(岡里英幸)

出所:MINKABU PRESS

関連記事・情報

  1. 【今週読まれた記事】狙い撃て上方修正! 発表直前の“勝負所” (10/31)
  2. 【植木靖男の相場展望】 ─ 日経平均株価は高値を抜ける!? (10/31)
  3. 富田隆弥の【CHART CLUB】 「欧米株が陰転、正念場を迎える日本株」 (10/31)
  4. 収益回復に期待高まる、7-9月期【増収増益】リスト <成長株特集> 10月30日版
  5. ★本日の【サプライズ決算】続報 (10月30日)
  6. 今週の【早わかり株式市況】大幅反落、欧米の株急落・感染再拡大で売りに押される (10/31)
  7. 今週の【話題株ダイジェスト】 ツインバード、DMソリュ、野村マイクロ (10月26日~30日)
  8. 10万円以下で買える、2ケタ増益&低PBR 23社【東証1部】編 <割安株特集> (10/30)
  9. レーティング週報【最上位を継続+目標株価を増額】(2) (10月26日-30日)
  10. USJが第1号、チケット販売開始で「Go To イベント」の号砲鳴る! <株探トップ.. (10/30)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    今週の【話題株ダイジェスト】 旭化学、ウォンテッド、幸和製 (1月12日~15日) 注目
  2. 2
    【村瀬智一が斬る!深層マーケット】 ─ 調整リスクを意識しつつもバイデントレードに期待 市況
  3. 3
    レーティング週報【2段階格上げ↑】 (1月12日-15日) 特集
  4. 4
    富田隆弥の【CHART CLUB】 「ピーク接近信号」 市況
  5. 5
    5日と25日線【ゴールデンクロス】低PBR 40社選出 <テクニカル特集> 1月15日版 特集
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.