ログイン
2020年10月31日 10時00分
市況

富田隆弥の【CHART CLUB】 「欧米株が陰転、正念場を迎える日本株」

◆さて、いよいよ迎える11月3日、米国大統領選に世界の耳目が集まる。ただし、今回はその日にスッキリ決着せずに年内一杯ゴタゴタ、場合によっては新大統領を裁判所が確定させることになりかねない。そのような混迷を予想する向きは少なくないが、いずれにせよ11月相場はNYダウなど米国市場がカギを握ることになろう。ちょっと心配だ。

◆10月28日にNYダウ平均は943ドル安の2万6519ドルと大きく4日続落。9月24日に付けた安値の2万6537ドルを割り込み、日足チャートは9月3日高値(2万9199ドル)と10月12日高値(2万8957ドル)でダブルトップを確定させた。そして、週足チャートも2月高値(2万9568ドル)と9月高値(2万9199ドル)のダブルトップ懸念を募らせる。いま2万6600ドル水準にある52週移動平均線にタッチしたところで、これを維持できるのか注視しておきたい。

◆28日はナスダックも426ポイント安の1万1004ポイントと反落して75日移動平均線(1万1134ポイント)を割り込む。また、ドイツのDAX指数は503ポイント安の1万1560ポイントと3日続落し、週足チャートは52週移動平均線(1万2290ポイント)を大きく割り込み「陰転」を確定させた。

◆閑散、小動きだった10月の日本株市場。10月28日に出来高10億株と売買代金2兆円を13日ぶりに回復したが、日経平均株価はこの日に終値で25日移動平均線(2万3446円)を割り込み、29日は寄りで2万3170円安値を付け75日移動平均線(2万3111円)に迫ってきた。チャートは2万3000円台を維持するものの、ここは上昇基調を維持できるか否かの正念場だ。

◆新型コロナの感染が再拡大する欧米に対し、日本は比較的抑えられている。決算発表の序盤で主力株の好調も目立ち、「だから日本株は大きく崩れない」との声は少なくない。だが、どうなるかは相場に聞くことになる。日経平均が2万3000円台を維持しているなら上昇期待も続くが、もし割り込むなら「下放れ」として先行きの調整を警戒すべきだろう。「閑散に売りなし」か、それとも「嵐の前の静けさ」か、その答えは間もなく出るような気がする。

(10月29日 記、毎週土曜日に更新)

情報提供:富田隆弥のチャートクラブ

株探ニュース

関連記事・情報

  1. 伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】 11月1日版
  2. 【植木靖男の相場展望】 ─ 日経平均株価は高値を抜ける!? (10/31)
  3. 来週の相場で注目すべき3つのポイント:米大統領選挙、FOMC、国内企業決算 (10/31)
  4. 来週の株式相場に向けて=波乱の米大統領選ウイークに突入も (10/30)
  5. 今週の【早わかり株式市況】大幅反落、欧米の株急落・感染再拡大で売りに押される (10/31)
  6. 今週の【話題株ダイジェスト】 ツインバード、DMソリュ、野村マイクロ (10月26日~30日)
  7. 【今週読まれた記事】狙い撃て上方修正! 発表直前の“勝負所” (10/31)
  8. 収益回復に期待高まる、7-9月期【増収増益】リスト <成長株特集> 10月30日版
  9. ★本日の【サプライズ決算】続報 (10月30日)
  10. さらばタッチパネル、「空中ディスプレー」関連株に出番到来 <株探トップ特集> (10/31)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    今週の【話題株ダイジェスト】 旭化学、ウォンテッド、幸和製 (1月12日~15日) 注目
  2. 2
    【村瀬智一が斬る!深層マーケット】 ─ 調整リスクを意識しつつもバイデントレードに期待 市況
  3. 3
    富田隆弥の【CHART CLUB】 「ピーク接近信号」 市況
  4. 4
    5日と25日線【ゴールデンクロス】低PBR 40社選出 <テクニカル特集> 1月15日版 特集
  5. 5
    レーティング週報【2段階格上げ↑】 (1月12日-15日) 特集
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.