ログイン
2021年1月13日 9時53分
市況

概況からBRICsを知ろう ブラジル株式市場は反発、原油価格や米株上昇が支援材料

【ブラジル】ボベスパ指数 123998.00 +0.60%

12日のブラジル株式市場は反発。主要指標のボベスパ指数は前日比742.87ポイント高(+0.60%)の123998.00で取引を終了した。123227.5から124584.3まで上昇した。

小幅高で寄り付いた後は上げ幅を拡大させ、引けまで狭いレンジでもみ合った。原油価格や米株上昇が支援材料。また、内需関連を物色する動きが活発になったことも指数をサポートした。新型コロナウイルスワクチンの早期導入期待が経済活動の早期回復観測を高めたもようだ。一方、世界的新型コロナ感染の再拡大が引き続き足かせとなった。

【ロシア】MICEX指数 3471.65 -0.31%

12日のロシア株式市場は10日ぶりに反落。主要指標のMOEX指数は前日比10.83ポイント安(-0.31%)の3471.65で取引を終了した。3520.66から3451.87まで下落した。

買いが先行した後は下げ幅をじりじりと拡大させた。MOEX指数が前日に過去最高値を更新しており、過熱感から利益確定売りが優勢。また、国内外で新型コロナウイルス感染の再拡大も引き続き警戒材料となった。一方、原油価格の上昇が指数を下支えした。

【インド】SENSEX指数 49517.11 +0.50%

12日のインドSENSEX指数は3日続伸。前日比247.79ポイント高(+0.50%)の49517.11、ナショナル証券取引所の主要50社株価指数ニフティは同78.70ポイント高(+0.54%)の14563.45で取引を終えた。

売りが先行した後は上げ幅をじりじりと拡大させた。外国人投資家(FII)の買い継続が指数をサポート。FIIはこの日までに4日連続の買い越しとなった。また、ぜいたく品などの消費が12月に大幅に増加したとの報告が同セクターの物色手掛かりとなった。

【中国本土】上海総合指数 3608.34 +2.18%

12日の上海総合指数は大幅に値上がり。主要指標の上海総合指数は、前日比76.84ポイント高(+2.18%)の3608.34ポイントと3日ぶりに反発した。約5年1カ月ぶりの高値水準を回復している。上海市場の代表銘柄で構成される「上海50A株指数」は3.43%高と急伸した。約13年ぶりの高値水準を回復している。

安寄り後に買われる流れ。新型コロナウイルス感染再拡大の警戒感はあるものの、中国の経済対策に対する期待感が相場を支えている。政策の恩恵を受けやすい銘柄群に物色の矛先が向かった。今年スタートした第14次5カ年計画(2021-25年)では、内需の拡大や科学技術の発展が主要なテーマとなっている。

《CS》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 前場に注目すべき3つのポイント~28000円固めの流れが意識されやすい (01/13)
  2. 桂畑誠治氏【視界不良でも突き進む! 日経平均の上値を読む】 <相場観特集> (01/12)
  3. 伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (1月13日記)
  4. 今朝の注目ニュース! ★三光合成、PRTIME、エヌピーシーなどに注目! (01/13)
  5. 本日注目すべき【好決算】銘柄 PRTIME、安川電、エヌピーシー (12日大引け後 発表..
  6. 強弱材料:1/13
  7. 高成長【始動】候補リスト〔第1弾〕 21社選出 <成長株特集> (01/11)
  8. 迫る米バイデン新政権発足、「ブルーウェーブ」相場の行方を探る <株探トップ.. (01/12)
  9. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 東京市場は懐疑を裏切って上昇する! (01/10)
  10. 12日の米国市場ダイジェスト:NYダウ60ドル高、根強い大規模財政支援期待 (01/13)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    明日の株式相場に向けて=躍進する半導体、裏街道に量子コンピューター 市況
  2. 2
    話題株ピックアップ【夕刊】(1):太陽誘電、東レ、ブイキューブ 注目
  3. 3
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (1月19日発表分) New! 注目
  4. 4
    ★本日の【サプライズ決算】速報 (01月19日) 注目
  5. 5
    前場に注目すべき3つのポイント~再生エネルギー関連やマザーズ銘柄に個人主体の資金集中か 市況
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.