ログイン
2021年3月5日 17時39分
市況

来週の株式相場に向けて=方向感を見定める展開に

3月第1週(1~5日)の東京株式市場は、値の荒い展開となった。特に、日経平均株価は4日に前日比628円安と急落し、5日も一時600円超の下落となったものの後場に値を戻し結局、65円安で取引を終えた。

市場の関心は、米長期債の動向に集中している。当面の最大の焦点は16~17日にかけて開催される米連邦公開市場委員会(FOMC)で、その結果が判明するまで積極的な売買は手控えられる可能性がある。来週にかけては、方向感を確かめる展開が予想される。来週の日経平均株価の予想レンジは2万8200~2万9300円。

パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長は4日に「現在の金融政策のスタンスは適切」と述べたが、米長期金利上昇に対する抑制策を期待した市場の失望感を誘った。米国は今後、FOMC前のブラックアウト期間に入り、FRB関係者の発言は控えられる。それだけに、4日のパウエル議長の発言は重要だったが、期待にはそぐわないものだった。

市場には「現在は金融相場と業績相場の端境期にある」(アナリスト)との見方が出ている。このなか金利が上昇すれば金融相場で上昇した高PERのハイテク株は売られやすい状況だ。日経平均株価は、5日の安値2万8308円で2月16日高値の3万714円からの下落率は約8%となった。なお調整余地は残るものの、目先は下値固めの展開が期待される。

当面の注目ポイントは為替の円安進行だ。1ドル=108円台と昨年夏以来の円安水準にある。来週は9日に2月工作機械受注が発表される。その結果次第でアマダ<6113>やオークマ<6103>、ユニオンツール<6278>、日本トムソン<6480>などの機械株には追い風となることが期待される。

来週は国内では8日に2月景気ウォッチャー調査、9日に10~12月期国内総生産(GDP)確報値が発表される。また12日は先物のメジャーSQ算出日となる。海外では10日に米2月消費者物価、12日に米2月生産者物価が発表される。また、11日には欧州中央銀行(ECB)理事会が開催される。ECB理事会では、足もとの金融市場の動向に関するコメントが注目されそうだ。(岡里英幸)

出所:MINKABU PRESS

関連記事・情報

  1. 【今週読まれた記事】3月相場“大波乱”を制する“処方箋” (03/06)
  2. 【植木靖男の相場展望】 ─ 一発逆転に望みを託す (03/06)
  3. 富田隆弥の【CHART CLUB】 「ナスダックの動向を注視」 (03/06)
  4. 今週の【早わかり株式市況】小幅続落、米長期金利巡り乱高下も週末後場に買い戻.. (03/06)
  5. 今週の【話題株ダイジェスト】 リコー、JVCケンウ、日立造 (3月1日~5日)
  6. レーティング週報【最上位を継続+目標株価を増額】(3) (3月1日-5日)
  7. 痛たぁ~、コロナ暴落で資産半減、そこから3倍返しの5億円を勝ち取ったワケ (03/05)
  8. 10万円以下で買える、高ROE&低PBR 22社【東証1部】編 <割安株特集> (03/05)
  9. 10-12月期【利益倍増】企業はこれだ!〔第4弾〕 45社選出 <成長株特集> (03/04)
  10. 「水素」が6位にランク、トヨタが燃料電池システムを外販へ<注目テーマ> (03/04)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (4月19日発表分) 注目
  2. 2
    雨宮京子氏【上値重い日経平均、GWに向けての見通しと勘所】(2) <相場観特集> 特集
  3. 3
    成長路線まっしぐら、2月決算「勝ち組銘柄」は株価も全面開花モードへ <株探トップ特集> 特集
  4. 4
    今朝の注目ニュース! ★タカキタ、明豊ファシリ、SANEIなどに注目! 注目
  5. 5
    NY株式:NYダウ123ドル安、利益確定の売り先行 市況
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.