ログイン
米国株
2021年8月7日 8時00分
市況

【植木靖男の相場展望】 ─目先波動、短期波動を峻別せよ!

「目先波動、短期波動を峻別せよ!」

●日経平均反発への道標となる2銘柄を注視

東京市場は6月中旬以降、振幅の大きい下げ相場に突入した。その後、日経平均株価はわずか1カ月強でおよそ7%下げて止まった。こうした急激な下げの背景として、市場関係者は以下の理由を挙げている。

まず、中国リスクだ。中国政府が大手テックを中心に中国企業に対する規制を強化している。これを警戒した香港、上海市場が急落した。中国はわが国にとって今や米国を抜いて最も貿易量が多い相手国、しかもお隣だけにその影響は無視できない。

次に新型コロナウイルスの爆発的な感染拡大だ。8月中旬には東京都の1日当たりの新規感染者数は1万人に達するとの見方も出てきた。いま市場はこれを織り込みつつあるところ。景気への影響も無視できなくなってきている。

このほか、需給の悪化もある。個人の信用買い残は思ったほど減少していない。加えて、海外筋の売りも続いている。なぜ売るのか、いろいろ噂もあるが定かではない。

ともかく、8月に入って下げ止まりからもみ合いに入っている。ここで悩ましいのは、このもみ合いをどうみるのかである。

目先波動としては、下げ相場の中での中段のもみ合いであろう。とすれば、7月30日の2万7283円(終値ベース)を下限とし、8月2日の2万7781円を上限とする、ごく小さいレンジをまず上抜くのか、下抜くのかである。仮に上抜くにしても1日だけでは駄目。明確に上抜けば当面戻り歩調か。でなければ、下値模索は不可避であろう。としても、下値はそれほど深くはない。なぜなら、2月高値からの調整も半年近くを経過しており、大勢上昇相場の中では日柄的に調整期間としてはもう十分だからだ。20年の春のような売り思惑による破壊的な下げにはならないとみる。ましてワクチン接種率もさらに上昇すれば、いずれ欧米が歩んだコロナ禍からの経済再開が期待できるとの見方がある。であれば、深押しはないだろう。

もっとも、今年の8月は八白土星月であり、荒れるとされる二日新甫(しんぽ)だ。十分な警戒は必要だろう。できれば、いま健闘している米国株が8月は上昇継続となることを祈りたい。

もう一つ、日経平均株価への寄与度が高いソフトバンクグループ <9984> とファーストリテイリング <9983> の2銘柄だが、その調整も半年目に入り、いつ自律反発してもよいはず。日経平均反発への道標として見守りたい。

●投資手法を臨機応変に見直しも

さて、こうした展開の中、物色はどのような方向をみせているのか。8月に入ってのもみ合いでは明らかなグロース株、バリュー株といった特徴はみられない。さらに、4-6月期決算の発表が本格化する中、好決算銘柄が集中的に買われることもなく、まったくまちまちの動きである。いわば理屈が通用しにくい相場なのだ。だとすれば、負けが込む投資家は従来の考えに固執せずに手法を修正すべきであろう。

かつての相場師達は、負けが込むといち早く手を替えるすべを心得ていた。時代性、材料性、罫線(チャート)の三原則のうち、どこに重点を置くかを替えるのはその一例である。

視界不明瞭な局面だが、次の銘柄に注目してみたい。

まずミスミグループ本社 <9962> だ。社名を聞いただけでは一般の人はどんなサービスを提供しているのか分からないだろう。そこが面白いし、出遅れている一因でもあろう。業績はよい。

ラクス <3923> も面白そうだ。クラウド事業の月次売上高は前年同月比で30~40%の伸びをみせている。手を出しにくいところがミソ。また、東京エレクトロン デバイス <2760> にも注目。5年前60円だった配当が今期は175円を予定している。

2021年8月6日 記

株探ニュース

関連記事・情報

  1. 富田隆弥の【CHART CLUB】 「8月に調整に終止符を打ち、反転の可能性も」 (08/07)
  2. 来週の相場で注目すべき3つのポイント:ソフトバンクGなど決算終盤戦、7月米CP.. (08/07)
  3. 開花する爆進DNA、好業績+材料性が光る「EV関連ネクスト」6銘柄 <株探トップ.. (08/07)
  4. 今週の【早わかり株式市況】3週ぶり上昇、米株高と企業の好決算で買い優勢 (08/07)
  5. 今週の【話題株ダイジェスト】 郵船、デコルテHD、パレモ・HD (8月2日~6日)
  6. 【今週読まれた記事】佳境迎える決算発表! 個別物色に注目集まる (08/07)
  7. コロナ禍からの急回復鮮明、4-6月期【増収増益】リスト <成長株特集> 8月6日版
  8. 10万円以下で買える、連続増益&低PBR 20社【東証1部】編 <割安株特集> (08/06)
  9. 高成長期待の次世代半導体メモリー「MRAM」、ここから狙える注目銘柄8選.. (08/04)
  10. レーティング週報【最上位を継続+目標株価を増額】(2) (8月2日-6日)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    上方修正“先回り”、22年3月期【業績上振れ】候補〔第1弾〕 <成長株特集> 特集
  2. 2
    【今週読まれた記事】波乱相場にチャンスを窺う! 大注目のEV関連 特集
  3. 3
    EVシフト恩恵を享受、国策買いで「充電設備」関連株は本格発進 <株探トップ特集> 特集
  4. 4
    【村瀬智一が斬る!深層マーケット】FOMC通過まで方向感は掴みづらく、個別材料銘柄に注目 市況
  5. 5
    今週の【話題株ダイジェスト】 アミタHD、サイエンスA、ドリームI (11月29日~12月3日) New! 注目
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.