ログイン
米国株
2021年8月10日 6時40分
注目

本日注目の【自社株買い】銘柄 (6日大引け後 発表分)

○三機工 <1961>

発行済み株式数(自社株を除く)の1.76%にあたる100万株(金額で16億円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は8月10日から22年3月31日まで。

○高砂熱 <1969>

発行済み株式数(自社株を除く)の5.7%にあたる400万株(金額で60億円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は8月18日から22年2月28日まで。

○夢BeNEX <2154>

発行済み株式数(自社株を除く)の4.4%にあたる400万株(金額で40億円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は8月10日から22年6月30日まで。

○アートSHD <3663> [東証2]

発行済み株式数(自社株を除く)の0.67%にあたる22万株(金額で3億3000万円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は8月10日から22年8月9日まで。

○古林紙 <3944> [東証2]

発行済み株式数(自社株を除く)の0.36%にあたる4000株(金額で905万2000円)を上限に、8月10日朝の東証の自己株式立会外買付取引「ToSTNeT-3」で自社株買いを実施する。

○ニチリン <5184> [東証2]

発行済み株式数(自社株を除く)の1.01%にあたる14万5000株(金額で2億5000万円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は9月1日から12月31日まで。

○ナカニシ <7716> [JQ]

発行済み株式数(自社株を除く)の0.69%にあたる60万株(金額で12億円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は8月16日から12月31日まで。

○天馬 <7958>

発行済み株式数(自社株を除く)の3.27%にあたる75万株(金額で20億円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は8月11日から22年7月29日まで。

○三愛石 <8097>

発行済み株式数(自社株を除く)の0.72%にあたる50万株(金額で7億円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は8月10日から22年3月31日まで。

○NTT <9432>

発行済み株式数(自社株を除く)の2.76%にあたる1億株(金額で2500億円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は8月10日から22年3月31日まで。

[2021年8月10日]

株探ニュース

関連記事・情報

  1. 開花する爆進DNA、好業績+材料性が光る「EV関連ネクスト」6銘柄 <株探トップ.. (08/07)
  2. 利益成長【青天井】銘柄リスト〔第2弾〕 33社選出 <成長株特集> (08/09)
  3. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─深く豊かな東京市場、仕込みチャンスの好実.. (08/08)
  4. 【杉村富生の短期相場観測】 ─超金融緩和&好業績が株価を支える! (08/08)
  5. 10代で家出、極貧生活から億り人に導いたテーマ投資の勝ち技 (08/06)
  6. コロナ禍からの急回復鮮明、4-6月期【増収増益】リスト <成長株特集> 8月6日版
  7. 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (8月6日現在)
  8. 10万円以下で買える、連続増益&低PBR 23社【2部・新興】編 <割安株特集> (08/08)
  9. 【植木靖男の相場展望】 ─目先波動、短期波動を峻別せよ! (08/07)
  10. 1200万→30万円の大ヤラレも、復活&勝ち技の原動力は「学びの継続」 (08/04)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (10月15日記) 市況
  2. 2
    ★本日の【サプライズ決算】速報 (10月15日) 注目
  3. 3
    10万円以下で買える、今期最高益&低PBR 12社 【東証1部】編 <割安株特集> 特集
  4. 4
    【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 10月13日版 特集
  5. 5
    レーティング日報【最上位を継続+目標株価を増額】 (10月14日) 特集
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.