ログイン
米国株
2021年8月10日 9時40分
材料

ナカニシが4日ぶり反発、21年12月期業績予想の上方修正と自社株買い発表を好感

ナカニシ<7716>が4日ぶりに反発している。6日の取引終了後、21年12月期の連結業績予想について、売上高を375億5900万円から416億6100万円(前期比26.0%増)へ、営業利益を99億8700万円から130億100万円(同52.2%増)へ、純利益を78億5900万円から93億3800万円(同44.7%増)へ上方修正したことが好感されている。

政府による感染拡大防止助成金を背景にした国内需要の高まりは、助成金期限を迎える3月末で一服し、その後は需要の反動減が起きると想定していたが、一部助成金が延長されたことや感染防止に関する意識の高まりの影響を受けて、上期の国内販売が想定よりも堅調に推移したことが要因という。また、海外で新型コロナウイルスのワクチン接種が進んだ先進国を中心に需要が高い水準で推移し、新興国の需要も回復に転じたことも寄与する。

同時に、上限を60万株(発行済み株数の0.69%)、または12億円とする自社株買いを実施すると発表しており、これも好材料視されている。取得期間は8月16日から12月31日までで、株主への一層の利益還元と経営環境の変化に対応した機動的な資本政策の遂行を可能とするためとしている。

出所:MINKABU PRESS

関連記事・情報

  1. 利益成長【青天井】銘柄リスト〔第2弾〕 33社選出 <成長株特集> (08/09)
  2. 開花する爆進DNA、好業績+材料性が光る「EV関連ネクスト」6銘柄 <株探トップ.. (08/07)
  3. 10代で家出、極貧生活から億り人に導いたテーマ投資の勝ち技 (08/06)
  4. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─深く豊かな東京市場、仕込みチャンスの好実.. (08/08)
  5. 【杉村富生の短期相場観測】 ─超金融緩和&好業績が株価を支える! (08/08)
  6. コロナ禍からの急回復鮮明、4-6月期【増収増益】リスト <成長株特集> 8月6日版
  7. 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (8月6日現在)
  8. 10万円以下で買える、連続増益&低PBR 23社【2部・新興】編 <割安株特集> (08/08)
  9. 【植木靖男の相場展望】 ─目先波動、短期波動を峻別せよ! (08/07)
  10. 1200万→30万円の大ヤラレも、復活&勝ち技の原動力は「学びの継続」 (08/04)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (12月8日発表分) 注目
  2. 2
    明日の株式相場に向けて=成長シナリオが描ける銘柄を追う 市況
  3. 3
    上方修正“先回り”、23年3月期【業績上振れ】候補〔第2弾〕 <成長株特集> 特集
  4. 4
    【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 12月7日版 特集
  5. 5
    ★本日の【サプライズ決算】速報 (12月08日) 注目
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘または投資に関する助言をすることを目的としておりません。
投資の決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、JPX総研、China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
株探に掲載される株価チャートは、その銘柄の過去の株価推移を確認する用途で掲載しているものであり、その銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。
決算を扱う記事における「サプライズ決算」とは、決算情報として注目に値するかという観点から、発表された決算のサプライズ度(当該会社の本決算か各四半期であるか、業績予想の修正か配当予想の修正であるか、及びそこで発表された決算結果ならびに当該会社が過去に公表した業績予想・配当予想との比較及び過去の決算との比較を数値化し判定)が高い銘柄であり、また「サプライズ順」はサプライズ度に基づいた順番で決算情報を掲載しているものであり、記事に掲載されている各銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.