ログイン
米国株
2021年9月5日 9時30分
市況

【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─新政権の誕生期待相場に乗る!

「新政権の誕生期待相場に乗る!」

●市場は常に目先の期待感で動く

株式投資にサプライズはつき物だ。といっても、年中それがあるわけではない。めったにないからサプライズなのだが、本日(9月3日)、それが久しぶりに起こった。

「菅首相、自民党総裁選に立候補せず、退陣へ」――まさに青天の霹靂だ。

昨年8月28日、安倍前首相が退陣を表明した。正直、大きなサプライズだった。人気が高かっただけに惜しむ人も多かったが、後任の菅首相がまさか1年で退陣することになるとは、だ。

しかし、東京市場は首相退陣の報を歓迎する形になった。ご承知のように日経平均株価は首相退陣が報じられるとともに急騰、一気に2万9000円台に乗せて引けた。

この動きは菅首相の退陣をシンプルに歓迎しただけではないだろう。次期首相への期待感、これによる上昇と見るのが自然だ。

では、誰が新首相になるのか。現時点ではそれはまったく分からない。それでも日経平均株価は上昇した。誰が首相になろうが、ともかく菅政権が終わってくれればよい。こう考えてのことか。だが、それは違うと見てよい。

市場はやはり新首相に期待している。新首相はコロナを克服してくれる、と。もちろん、これは市場の勝手な期待だ。それが達成される確率は、実際は菅首相が続投した場合とさほど変わらないだろうが、市場は常に目先の期待感で動く。

そして、新首相が誕生し、しばらくしてさほど状況が変わらないとなると期待感は急激に萎み、支持率も低下する。そうなると、また首相交代となりかねず、再び日本は政権が短期間でコロコロ変わる国になってしまう恐れがある。

しかし、いまはまだそこまで考える必要はない。いまは新首相に期待して、それが誰になろうが構うことなく、まずは新政権の誕生期待相場に乗る。これが正解だ。

●ポストコロナ関連の一角に注目

さて、注目銘柄だが、具体的には市場がまず期待しているのは 飲食旅行、コンサートなどへ自由に行ける生活の回復なので、オリエンタルランド <4661> になる。

飲食店情報サイトを運営しているカカクコム <2371>ビール大手のアサヒグループホールディングス <2502> 、清酒・焼酎首位の宝ホールディングス <2531> なども魅力的だ。

カラオケにも行きたい―こんな人も多いことを考えると、コシダカホールディングス <2157> がある。コシダカとなれば、同社から20年3月にスピンアウトしたカーブスホールディングス <7085> がある。女性専用のフィットネスクラブに加え、男性向けジムを展開中で、今後、集客増が見込める。

外出の機会が増えるとなると、やはり髪のおしゃれが不可欠になることからI-ne <4933> [東証M] に注目だ。ヘアケアの「ボタニスト」と美容家電の販売に強く、いまは両方とも需要が回復中だけに株価も期待が持てる。

最後にマネジメントソリューションズ <7033> を。企業や団体などのプロジェクト実行支援やコンサルタントに強く、大企業向けのサービス提供が好調。株価は戻り歩調となっているだけに、これまた魅力的だ。

2021年9月3日 記

株探ニュース

関連記事・情報

  1. 【杉村富生の短期相場観測】 ─政治改革(菅首相退陣)の動きは株価に反映され.. (09/05)
  2. 次世代車載電池の有力候補、「ナトリウムイオン電池」急浮上で狙える妙味株.. (09/04)
  3. 上方修正“先回り”、21年9月上期【業績上振れ】候補〔第2弾〕 <成長株特集> (09/05)
  4. 暴落・急落でヤラれても“倍返し”、ただでは転ばない技 (09/03)
  5. 【植木靖男の相場展望】 ─政局転換で関門を突破!離れ業を演じた東京市場.. (09/04)
  6. 9月配当取りを狙える【高利回り】ベスト30 「東証1部」編 <割安株特集> (09/04)
  7. 今週の「妙味株」一本釣り! ─ メルカリ (09/05)
  8. 伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】 9月5日版
  9. 来週の相場で注目すべき3つのポイント:メジャーSQ、景気ウォッチャー調査、工.. (09/04)
  10. 【今週読まれた記事】割安放置の森で急成長“好業績材料株”が天を衝く (09/04)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (1月17日発表分) 注目
  2. 2
    ★本日の【サプライズ決算】速報 (01月17日) 注目
  3. 3
    発表迫る、低PBRの22年3月期【上方修正】期待リスト〔第1弾〕 <成長株特集> 特集
  4. 4
    クリエイト・レストランツ・ホールディングス---3Qも各利益は大幅な黒字転換、筋肉質なコスト構造への転換を推進 材料
  5. 5
    猛威振るうオミクロン株、「PCR検査」関連に物色機運再び <株探トップ特集> 特集
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.