ログイン
米国株
2021年10月16日 10時00分
市況

富田隆弥の【CHART CLUB】 「10月後半、日本郵政売り出しと総選挙を意識」

◆10月8日、OECD(経済協力開発機構)加盟国など136の国と地域が「法人最低税率15%」で最終合意した。ならば、日本の金融所得課税(約20%)もその水準に合わせるべきだと筆者は主張したい。

◆さて、自民党総裁選で岸田氏が勝利したのが9月29日で、10月4日に岸田内閣が発足した。だが、日経平均株価は9月28日の終値3万0183円から10月6日の安値2万7293円まで、わずか1週間余りで2890円(9.5%)も急落した。配当落ち(約180円)があったとはいえ、マーケットは岸田首相の誕生を望んでいなかったようだ。

◆その理由は、岸田首相が「金融所得課税の引き上げ」の必要性を総裁選で訴えていたからだ。大きく反応したのが外国人投資家で、10月1日までの1週間で1兆7569億円(現物+先物)も売り越した。ある市場関係者によると、「問答無用で投げ売りしてきた」という。この株式市場の急落に慌てたのが岸田首相で、10日に「金融所得課税に当面は触ることは考えていない」と先送りを強調した。

◆この発言を受けて、日経平均株価は落ち着きを取り戻した。チャートは52週移動平均線(14日時点2万8154円)で下げ止まり、戻りに転じた。2万8500円近辺は今回の急落で割り込んだ75日線や200日線、13週線、26週線など多くの移動平均線が集中しており、節目として一旦もたつくのは当然だが、1週間で2890円も下げた相場だ。反発するなら、半値戻し(2万8738円)から3分の2戻し(2万9219円)を試してもおかしくない。

◆総選挙が10月31日に決まったが、それとは別に10月下旬に政府が保有する「日本郵政 <6178>」の株式の第3次売り出しがある。これが10月後半のポイントの1つになると見ている。なにしろ、国内で7億7060万株(約7000億円)という大規模な売り出しであり、冴えない相場下でこれを売りさばく証券会社の苦労は測り知れない。

◆ならば総選挙も控えて、政府がここから「株高」の演出に尽力してもおかしくない。先行きはともかく、10月後半は政策相場の行方に注目してみたい。

(10月14日 記、毎週土曜日に更新)

情報提供:富田隆弥のチャートクラブ

株探ニュース

関連記事・情報

  1. 来週の相場で注目すべき3つのポイント:中国7-9月期GDP、米ベージュブック、各.. (10/16)
  2. 武者陵司「日本株式大暴落と岸田氏の経済政策、二面性に留意を」 (10/12)
  3. 【植木靖男の相場展望】 ─息を吹き返したハイテク関連に乗る (10/16)
  4. 100万→10億→数十万円、それでも累計2億円を獲得した技 (10/15)
  5. 大相場の萌芽、「医療DX&最先端医療」で輝き放つ“進化系6銘柄” <株探トップ.. (10/16)
  6. 高成長【始動】候補リスト〔第2弾〕 33社選出 <成長株特集> (10/14)
  7. 今週の【早わかり株式市況】4週ぶり大幅反発、インフレ懸念後退と円安で買い戻し (10/16)
  8. 今週の【話題株ダイジェスト】 GW、ローツェ、松田産業 (10月11日~15日)
  9. 【今週読まれた記事】戻り相場で活躍“好業績×旬テーマ”の強力ブースター (10/16)
  10. レーティング週報【2段階格上げ↑】 (10月11日-15日)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【今週読まれた記事】波乱相場にチャンスを窺う! 大注目のEV関連 特集
  2. 2
    上方修正“先回り”、22年3月期【業績上振れ】候補〔第1弾〕 <成長株特集> 特集
  3. 3
    今週の【話題株ダイジェスト】 アミタHD、サイエンスA、ドリームI (11月29日~12月3日) 注目
  4. 4
    【村瀬智一が斬る!深層マーケット】FOMC通過まで方向感は掴みづらく、個別材料銘柄に注目 市況
  5. 5
    レーティング週報【最上位を継続+目標株価を増額】(2) (11月29日-12月3日) 特集
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.