ログイン
米国株
2021年10月16日 6時30分
特集

【今週読まれた記事】戻り相場で活躍“好業績×旬テーマ”の強力ブースター

株探でその週によく読まれた記事を紹介する【今週読まれた記事】のコーナー、今週は10月9日から15日までの株探へのアクセス状況を元に人気の記事をご紹介します。

今週の日経平均株価は大幅反発、前週末比1019円高で2万9000円大台を回復して取引を終えました。米雇用統計を波乱なく通過したことで、買い戻ししやすい環境が生まれたようです。また、中国の不良債権問題や世界的なインフレ懸念など、これまで市場を動揺させていた問題について、いくらか懸念が薄まってきていることも追い風となっています。

人気相場コラム「【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─株価急落を演出した懸念材料はいずれも後退、この局面で狙うべきは?!」の北浜氏は、この局面での投資戦略を「ネガティブ材料で大きく売り込まれた銘柄、それも米債務上限引き上げ問題やチャイナリスクとの関連性の低い銘柄への投資を優先したい」と、懸念材料への注意を怠らずに押し目を狙う戦略を提示。多くの方に読まれアクセスランキング2位に輝きました。

そのほか、7日執筆の記事で「目先は下値到達の可能性を強めている」と、6日の安値2万7293円が多くのテクニカル指標で底値を示唆していることを指摘した「富田隆弥の【CHART CLUB】 『次は戻りを試す番』」など、相場コラムは今週もすべて上位ランキング入りとなっています。<相場観特集>ではベテラン市場関係者2氏に10月後半の展望を伺いました。

【杉村富生の短期相場観測】 ─不安要因の多くが消えたか、解決に向かう!

武者陵司「日本株式大暴落と岸田氏の経済政策、二面性に留意を」

【村瀬智一が斬る!深層マーケット】衆議院解散で改めて政策期待が高まる公算も

植草一秀の「金融変動水先案内」 -長期大相場のゆくえ-

大谷正之氏【週明け大幅高の日経平均、戻り足は加速するか】(1) <相場観特集>

桂畑誠治氏【週明け大幅高の日経平均、戻り足は加速するか】(2) <相場観特集>

急落からの戻り相場で特に注目されるのは「業績面で優位性がある銘柄」、そして「旬な投資テーマに乗った銘柄」。全般投げ売りされた後の買い局面では、手がかり材料を持つ銘柄に投資資金が集中するのは自然なことです。今週のランキングトップを獲得した「爆烈リターン相場へ! 好業績&有望テーマで選ぶ『騰勢拍車の6銘柄』 <株探トップ特集>」は、業績が際立つとともに注目を浴びる投資テーマに乗った厳選6銘柄を紹介。断トツのアクセスを獲得し、堂々の首位となりました。

投資テーマ関連では、激甚化・高頻度化が著しい自然災害への対策として「橋梁などの補修・点検」に大きな力が注がれている現状をリポートし、人気テーマ「国土強靭化」の関連銘柄としても株価上昇が期待される9銘柄を挙げた「国土強靱化の要衝、待ったなしの『橋梁点検・補修』で上がる株リスト <株探トップ特集>」が多くの支持を受けランキング11位に。そのほか以下の記事もよく読まれています。

脱炭素推進で「木材関連株」は活躍本番ステージ、政府も法整備で後押し <株探トップ特集>

ウィズコロナで収益改善、「イベント関連」株が復活ロードを走り出す <株探トップ特集>

「新しい働き方」追い風、オフィス家具関連株にリニューアル需要の波到来 <株探トップ特集>

「原油高メリット」が17位、原油価格上昇受け関心高まる<注目テーマ>

「水素ステーション」が12位、中国シノペックも巨大インフラ構築へ<注目テーマ>

業績スクリーニング記事では「高成長【始動】候補リスト〔第1弾〕 31社選出 <成長株特集>」がランキング3位の人気に。直近の四半期決算で大きな増収・増益を“連続”で達成している銘柄を“高成長「始動」銘柄”と位置づけてリストアップ。木曜日配信の〔第2弾〕も週半ばの配信にもかかわらず上位ランキング入りとなっています。また、先週配信の「上方修正“先回り”、21年12月期【業績上振れ】候補〔第2弾〕 <成長株特集>」が今週も多くの方に読まれ2週連続上位入りとなりました。

高成長【始動】候補リスト〔第1弾〕 31社選出 <成長株特集>

高成長【始動】候補リスト〔第2弾〕 33社選出 <成長株特集>

「高利回りランキング」「10万円以下で買える」でおなじみの<割安株特集>も定番人気となっています。銘柄選択の参考にぜひご覧ください。

10万円以下で買える、財務健全&低PER 19社【東証1部】編 <割安株特集>

10万円以下で買える、財務健全&低PER 19社【2部・新興】編 <割安株特集>

【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 10月13日版

株探プレミアム専用コラムは、今週は2記事を配信。1記事目は智剣・OskarグループCEO兼主席ストラテジストの大川智宏氏による「日本株・数字で徹底診断!」第74回「衆院選が迫る今、注目するは『政治無関心』銘柄」。岸田政権発足前後から日本株市場は波乱の展開が続いています。大川氏は衆議院選も控え、不安定な地合いが続く今は政策に左右されない“政策無関心”銘柄に好機があると指摘。菅総理退陣発表から岸田新政権誕生後のリターンを対TOPIXで比較することで、“政策無関心”銘柄の割り出しに成功しました。その中から波乱相場のなかでもリターンを着実にあげてきた銘柄をピックアップして、3ページ目にリストとして掲載しています。プレミアム未加入の方も1ページ目が無料でお読みいただけます。

2記事目は株探が実施した「株探-個人投資家大調査」の分析リポート「強い投資家はどんな人~日本株投資家3900人調査で解明!」の新作となる株探プレミアム限定記事「強い投資家はどんな人」のケーススタディ編を配信。今回は100万円を元本追加なしで2億円まで膨らませた専業投資家の“うんばば”さん(ハンドルネーム)が登場。第30-1回「100万→10億→数十万円、それでも累計2億円を獲得した技」では、うんばばさんが時流に乗った“テーマ”から材料の“インパクト”を見極め、銘柄選びに生かすポイントを、過去のトレードプロセスとともに詳細に解説しています。

また、株探プレミアムは初回登録時のみ30日間の“無料体験”ができます。まだお試しでない方は無料体験をぜひお試しください。無料体験期間中は、新しくリリースされた「株探 米国版」の機能もフルで利用可能となります。詳細は「株探プレミアムのご紹介」ページをご覧ください。皆様のご加入をお待ちしております。

引け後の情報をまとめた株探の看板記事、「本日の【サプライズ決算】速報」「明日の好悪材料」は今週も全記事がランクイン。材料を一つひとつ確認する手間が省けるとても便利な記事です。ぜひご活用ください。

【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (10月8日発表分)

【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (10月11日発表分)

【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (10月12日発表分)

【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (10月13日発表分)

【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (10月14日発表分)

★本日の【サプライズ決算】速報 (10月08日)

★本日の【サプライズ決算】速報 (10月11日)

★本日の【サプライズ決算】速報 (10月12日)

★本日の【サプライズ決算】速報 (10月13日)

★本日の【サプライズ決算】速報 (10月14日)

株探ニュース

関連記事・情報

  1. 今週の【話題株ダイジェスト】 GW、ローツェ、松田産業 (10月11日~15日)
  2. 発表迫る、低PERの22年3月期【上方修正】期待リスト〔第1弾〕 <成長株特集> (10/17)
  3. 大相場の萌芽、「医療DX&最先端医療」で輝き放つ“進化系6銘柄” <株探トップ.. (10/16)
  4. 100万→10億→数十万円、それでも累計2億円を獲得した技 (10/15)
  5. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─岸田政策関連の柱となる「雇用創出」に着目! (10/17)
  6. 【杉村富生の短期相場観測】 ─「総選挙は買い」スタンスの欧州勢が参戦 (10/17)
  7. 【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (10月15日発表分) (10/17)
  8. 【植木靖男の相場展望】 ─息を吹き返したハイテク関連に乗る (10/16)
  9. 伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】 10月17日版
  10. 来週の相場で注目すべき3つのポイント:中国7-9月期GDP、米ベージュブック、各.. (10/16)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    上方修正“先回り”、22年3月期【業績上振れ】候補〔第1弾〕 <成長株特集> 特集
  2. 2
    【今週読まれた記事】波乱相場にチャンスを窺う! 大注目のEV関連 特集
  3. 3
    今週の【話題株ダイジェスト】 アミタHD、サイエンスA、ドリームI (11月29日~12月3日) 注目
  4. 4
    【村瀬智一が斬る!深層マーケット】FOMC通過まで方向感は掴みづらく、個別材料銘柄に注目 市況
  5. 5
    レーティング週報【最上位を継続+目標株価を増額】(2) (11月29日-12月3日) 特集
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.