ログイン
米国株
2021年12月3日 17時46分
市況

来週の株式相場に向けて=不透明部分残るも「陰の極」形成なるか

3日の東京株式市場は、日経平均株価が反発して4日ぶりに2万8000円台を回復した。新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の世界的な感染拡大が警戒され大幅な下落が続いたが、テクニカル指標は安値圏を示しており、今晩の米11月雇用統計にも左右されるものの全体相場は反発が期待される局面にある。

この日の上昇に関しては、値頃感からの買いに加えて「米メルク<MRK>の新型コロナ飲み薬の製造販売承認が申請された、という報道も好感された」(アナリスト)という。また、テクニカル面では2日時点の騰落レシオ(25日移動平均)が69.23%の水準となっていた。騰落レシオは80%割れが売られ過ぎの水準と言われており、69%というのは「陰の極」との見方もある。この日、東証マザーズ指数が8日ぶりに反発したことも安心感を呼んでいる。

ただ、やはりオミクロン株や米金融政策など不透明要因は残るだけに、「当面はボラティリティの大きい展開が続く」(市場関係者)とみられる。オミクロン株の実態も徐々に判明するとみられるなか、12月14~15日の米連邦公開市場委員会(FOMC)の前後が日程的にも大きなポイントとみられている。そんななか、来週は10日のメジャーSQを意識しながらの展開となりそうだ。

来週は、海外では10日に予定されている米11月消費者物価(CPI)が注目されそうだ。また、国内では8日に7~9月期国内総生産(GDP)確報値が発表される。10日には東証マザーズにフレクト<4414>が新規上場する。来週の日経平均株価の予想レンジは、2万7600~2万8400円。(岡里英幸)

出所:MINKABU PRESS

関連記事・情報

  1. 【今週読まれた記事】波乱相場にチャンスを窺う! 大注目のEV関連 (12/04)
  2. 【村瀬智一が斬る!深層マーケット】FOMC通過まで方向感は掴みづらく、個別材料.. (12/04)
  3. 富田隆弥の【CHART CLUB】 「年末相場に冷や水を浴びせたオミクロン」 (12/04)
  4. 今週の【早わかり株式市況】2週間で1700円安、オミクロン株とテーパリング前倒.. (12/04)
  5. 今週の【話題株ダイジェスト】 アミタHD、サイエンスA、ドリームI (11月29.. (12/03)
  6. レーティング週報【最上位を継続+目標株価を増額】(2) (11月29日-12月3日)
  7. 「人類最大の発明」で、7年で3倍を12年で9倍にパワーアップ (12/03)
  8. 10万円以下で買える、今期最高益&低PER 21社 【東証1部】編 <割安株特集> (12/03)
  9. 上方修正“先回り”、22年3月期【業績上振れ】候補〔第1弾〕 <成長株特集> (12/02)
  10. 12月に配当取りを狙える【高利回り】ベスト30 <割安株特集> (12/02)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    明日の株式相場に向けて=さらばコロナバブル 市況
  2. 2
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (1月27日発表分) 注目
  3. 3
    ★本日の【サプライズ決算】続報 (01月27日) 注目
  4. 4
    “好調継続”企業に注目!10-12月期【増収増益】リスト <成長株特集> 1月27日版 特集
  5. 5
    レーティング日報【最上位を継続+目標株価を増額】 (1月26日) 特集
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.