ログイン
米国株
2021年12月22日 7時47分
市況

21日の米国市場ダイジェスト:NYダウ560ドル高、景気回復鈍化への懸念後退

■NY株式:NYダウ560ドル高、景気回復鈍化への懸念後退

米国株式市場は反発。ダウ平均は560.54ドル高の35492.70ドル、ナスダックは360.15ポイント高の15341.09で取引を終了した。新型コロナのオミクロン変異株に対し、製薬会社が追加接種の有効性を確認したほか、いくつかの経口薬の当局の承認が近いとの報道で、オミクロン変異株感染が管理可能との安心感から寄り付き後、上昇。バイデン大統領がパンデミック発生当初とは違うとし、経済封鎖を否定したため景気回復の鈍化懸念が後退し一段の上昇に繋がった。大統領はさらに、歳出法案に関しても何らかの進展の可能性を示唆したことも手伝い、終日堅調推移となった。セクター別では耐久消費財・アパレル、消費者サービスが上昇した一方、医薬品・バイオテクが下落。

航空機メーカーのボーイング(BA)は貨物運送会社のユナイテッド・パーセル・サービス(UPS)が767型貨物機19機を発注したことを発表し、買われた。また、半導体メーカーのマイクロン・テクノロジー(MU)は収益見通し引き上げやアナリストの投資判断引き上げが好感され、上昇。ドラッグストアチェーンのライトエイド(RAD)は四半期決算で1株あたり損失予想に反し1株当たり利益を計上したことが好感され上昇した。また、スポーツブランドのナイキ(NKE)も昨日引け後に発表された決算の内容が好感され、上昇。一方、食品メーカーのゼネラル・ミルズ(GIS)は四半期決算でまちまちの結果を受けて下落した。

株式投資家の恐怖心理の度合いを示す指数のシカゴVIX指数は一時20台まで下落した。

Horiko Capital Management LLC

■NY為替:円売り優勢、オミクロン変異株感染拡大の影響は限定的との見方

21日のニューヨーク外為市場でドル・円は、113円67銭から114円22銭まで上昇し、114円09銭で引けた。新型コロナの感染急拡大にもかかわらず製薬会社が追加接種がオミクロン変異株に対して有効であることを証明したほか、当局がコロナ経口薬を承認する見通しであるため、感染による影響はパンデミック発生当初に比べ限定的となる可能性が強まった。また、バイデン政権が都市封鎖をしない方針を示したため、景気回復が継続するとの見方に米国債相場が下落。金利上昇に伴うドル買いが優勢となった。

ユーロ・ドルは1.1301ドルから1.1261ドルまで下落し、1.1288ドルで引けた。ユーロ圏12月消費者信頼感指数速報値が11月から悪化し、3月来で最低となったほか、ショルツ独首相が感染の大規模拡大に備えるため規制強化を示唆したため域内回復が抑制されるとの懸念がユーロ売り圧力となった。ユーロ・円は128円27銭から128円77銭まで上昇。リスク選好の円売りが優勢となった。ポンド・ドルは1.3231ドルから1.3271ドルまで上昇。英国のジョンソン首相はクリスマス前にコロナ規制強化はしないと言及したため、新型コロナによる回復停滞への懸念を受けたポンド売りが後退した。ドル・スイスは0.9214フランから0.9254フランまで上昇した。

■NY原油:大幅反発で71.12ドル、欧米株高を好感した買いが入る

NY原油先物2月限は、大幅反発(NYMEX原油2月限終値:71.12 ↑2.51)。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物2月限は、前営業日比+2.51ドルの71.12ドルで通常取引を終了した。時間外取引を含めた取引レンジは68.56ドル-71.50ドル。アジア市場で68.56ドルまで下げたが、欧米株高を好感した買いが入っており、ニューヨーク市場の後半にかけて71.50ドルまで一段高となった。通常取引終了後の時間外取引でも71ドル台で推移した。

■主要米国企業の終値

銘柄名⇒終値⇒前日比(騰落率)

バンクオブアメリカ(BAC) 44.19ドル +1.03ドル(+2.39%)

モルガン・スタンレー(MS) 97.77ドル +2.40ドル(+2.52%)

ゴールドマン・サックス(GS)380.32ドル +8.71ドル(+2.34%)

インテル(INTC) 50.77ドル +1.17ドル(+2.36%)

アップル(AAPL) 172.99ドル +3.24ドル(+1.91%)

アルファベット(GOOG) 2884.41ドル +36.38ドル(+1.28%)

フェイスブック(FB) 334.20ドル +8.75ドル(+2.69%)

キャタピラー(CAT) 198.31ドル +2.85ドル(+1.46%)

アルコア(AA) 56.79ドル +3.68ドル(+6.93%)

ウォルマート(WMT) 139.62ドル +0.42ドル(+0.30%)

《ST》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 高値波乱!ニューヨーク市場、米金融政策とオミクロン株に揺れる <株探トップ.. (12/21)
  2. 前場に注目すべき3つのポイント~米株先物などの動きを睨みながら押し目狙いの.. (12/22)
  3. 伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (12月22日記)
  4. 今朝の注目ニュース! ★ERIHD、グリー、FPGなどに注目! (12/22)
  5. 本日注目すべき【好決算】銘柄 ERIHD、ネクステージ、NJS (21日大引け後 発表分)
  6. まだ間に合う、12月配当【高利回り】ベスト30 <割安株特集> (12/21)
  7. 強弱材料:12/22
  8. ADR日本株ランキング~ソニーGなど全般堅調、シカゴは大阪比135円高の28635円~ (12/22)
  9. 利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第2弾 33社選出 <成長株特集> (12/19)
  10. 成長加速AI市場、テンバガーの萌芽「デジタル人材関連株」を拾え! <株探.. (12/18)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (6月28日発表分) 注目
  2. 2
    新ステージ突入「不動産株」、インフレ耐性評価で本格浮上機運 <株探トップ特集> 特集
  3. 3
    今朝の注目ニュース! ★東京通信、AMI、パレモ・HDなどに注目! 注目
  4. 4
    明日の株式相場に向けて=「不動産&メタバース」の材料株繚乱へ 市況
  5. 5
    話題株ピックアップ【夕刊】(2):日電硝、三菱UFJ、免疫生物研 注目
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘または投資に関する助言をすることを目的としておりません。
投資の決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、JPX総研、China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
株探に掲載される株価チャートは、その銘柄の過去の株価推移を確認する用途で掲載しているものであり、その銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。
決算を扱う記事における「サプライズ決算」とは、決算情報として注目に値するかという観点から、発表された決算のサプライズ度(当該会社の本決算か各四半期であるか、業績予想の修正か配当予想の修正であるか、及びそこで発表された決算結果ならびに当該会社が過去に公表した業績予想・配当予想との比較及び過去の決算との比較を数値化し判定)が高い銘柄であり、また「サプライズ順」はサプライズ度に基づいた順番で決算情報を掲載しているものであり、記事に掲載されている各銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.