ログイン
米国株
2022年1月15日 14時32分
通貨

豪ドル週間見通し:もみ合いか、12月雇用統計が有力な売買材料に

■弱含み、米金融引き締め加速への警戒感残る

今週の豪ドル・円は弱含み。11月小売売上高の伸び拡大や、エネルギー価格の上昇を意識して豪ドル買いが先行した。パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長は上院公聴会で「利上げのタイミングは決定していない」と述べたことも豪ドル買いにつながった。しかしながら、米国の金融引き締め加速に対する警戒感は消えていないことから、米国、中国の株式は下げており、週後半はリスク回避的な豪ドル売り・円買いが優勢になった。取引レンジ:82円09銭-83円75銭。

■もみ合いか、12月雇用統計が有力な売買材料に

来週の豪ドル・円はもみ合いか。豪準備銀行(中央銀行)の量的緩和(QE)の早期終了観測が台頭しているが、1月20日に発表される12月雇用統計がさえない内容だった場合、量的緩和の縮小ペースは減速する可能性があるため、豪ドル売り材料となる。

○発表予定の豪主要経済指標・注目イベント

・20日:12月雇用統計(11月:失業率4.6%、雇用者数:前月比+36.61万人)

予想レンジ:81円50銭-83円50銭

《FA》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 国内株式市場見通し:注意継続も、ハイテク・グロース売りの目先一巡に期待 (01/15)
  2. 新興市場見通し:米実質金利の上昇でマザーズ逆風続く、2月IPOはBBへ (01/15)
  3. 【村瀬智一が斬る!深層マーケット】プライム条件を満たす「非東証1部」銘柄に.. (01/15)
  4. 富田隆弥の【CHART CLUB】 「1月後半、ここからの調整は押し目買いも一策」 (01/15)
  5. 米国株式市場見通し:企業決算に注目 (01/15)
  6. 為替週間見通し:ドルは伸び悩みか、主要国の株安警戒で円売り縮小も (01/15)
  7. 来週の【重要イベント】金融政策決定会合、中国GDP、消費者物価指数 (1月17日~23日)
  8. 今週の【早わかり株式市況】続落、米金融政策と国内オミクロン感染拡大を警戒 (01/15)
  9. 【今週読まれた記事】不安定相場の秘策! ハイグロース&バリュー (01/15)
  10. 今週の【話題株ダイジェスト】 星和電、宮入バ、タマホーム (1月11日~14日)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【植木靖男の相場展望】 ─年内に始まる大インフレ相場に備えるとき 市況
  2. 2
    嵐の中で本領発揮、成長&株高への未来図描く「極撰・好業績5銘柄」 <株探トップ特集> 特集
  3. 3
    まだ間に合う、1月配当【高利回り】ベスト30 <割安株特集> 特集
  4. 4
    【今週読まれた記事】大化け株が潜む“ディープバリュー”の深海 特集
  5. 5
    富田隆弥の【CHART CLUB】 「下放れたが、1月後半安は想定内」 市況
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.