ログイン
米国株
2022年6月4日 10時00分
特集

個人投資家・有限亭玉介:人気テーマと好業績で注目した注目株【FISCOソーシャルレポーター】

以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家「有限亭玉介」氏(ブログ:儲かる株情報「猫旦那のお株は天井知らず」)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。

-----------

※2022年5月30日10時に執筆

株&猫ブログ「儲かる株情報『猫旦那のお株は天井知らず』」を執筆しております、有限亭玉介と申します。

米株式市場の様子がどうも優れません。この先も利上げが控えているとなると、まだ株価が下がる余地があるのか…とも思ってしまいます。米小売大手であるウォルマートやその他の代表的な小売業の直近の決算が減益となり株価が急落した事を見ると、急速なインフレは消費行動にネガティブと見られているようです。

8%台という驚異的なインフレが落ち着いてくれば、長期的に見て給与の上昇やそれに伴う消費行動の好循環が生まると思われます。それがいつ頃訪れるのかは、FRBの判断にかかっているとも言えるでしょう。5月の米CPIの結果によっては、市場のムードが変わる可能性もあります。

一方、日本に目を向けると、総務省は4月の生鮮食品及びエネルギーを除く総合指数を0.8%上昇と発表しました。インフレ懸念は無いにしても1年9ヶ月ぶりの上昇との事で、僅かながら日本経済にも変化が訪れているようです。為替は1ドル130円台に到達後、徐々に円高へ戻しています。円安メリットと材料費高騰という業績判断が難しい局面ですな…。

まだまだ相場は不安定ですので過度な強気は禁物です。しかしながら、好業績で割安の成長が期待できるテーマ性(メタバースやNFT、成長市場の不動産テック、円安関連など)を持つ銘柄が人気化しているので見過ごせません。株式市場の底がどこになるかは誰にもわかりませんので、慎重にチャンスを掴みたいですな。

さて、悪相場でも力強い銘柄をチェックして参ります。当記事でも今年2月13日に当記事で配信したアニメ老舗の東映アニメーション<4816>は、過去にNFT(非代替性トークン)アートのアニメ化プロジェクト発表後に動意した経緯もあります。5月12日の決算発表が好感されると、保ち合いを上抜いて底堅い推移をしています。

会員制の学生向け就活サイト「キャリアパーク」を運営するポート<7047>は、下落基調での推移から5月13日の決算を機に切り返しております。23年3月期は4期ぶりの過去最高益を更新する見通しで、75日移動平均線を上抜いてトレンド転換するか監視です。メタバースを活用したマッチングDX事業の実証実験も進めている点も注目しております。

5月12日の決算後に売られたQDレーザ<6613>ですが、レーザデバイス事業の増収増益を受けてモーニングスター証券が同月20日付レポートで「オーバーウェイト(買い)」とし動意しました。さらに、化学工業日報にて同社の「エピウエハー加工・ファウンドリー開拓」の記事が出た事でも好感されております。

船舶・航空計器大手の東京計器<7721>は、売上高の3分の1を防衛・通信機器部門が占める防衛関連として人気化しています。日米首脳会談で岸田総理は防衛費の増額について言及すると、同社に短期資金が流入し年初来高値を更新しました。決算も堅調です。

農薬・肥料メーカーのOATアグリオ<4979>は、主力の殺ダニ剤や殺菌剤が好調で5月11日の決算は増益に加え上方修正を発表しております。ウクライナ情勢による肥料不足の懸念や円安は、同社にとってポジティブと見られているようですな。

昨年10月に上場したくふうカンパニー<4376>は、底値圏での推移から5月13日の決算を機に動意しました。100万株を上限とする自社株買いも発表しており、下値を切り上げています。同社の代表取締役は、投資界隈で著名な穐田誉輝氏です。

さて、ちょっとお話が長くなりましたが、あたくしのブログではそんな「今強含んでいる個別株・テーマ株」を紹介しています。お暇があれば覗いてみてやってください。愛猫「なつ」と共にお待ち申し上げております。

----

執筆者名:有限亭玉介

ブログ名:猫旦那のお株は天井知らず

《TY》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 「商社株」に長期上昇の追い風、エネルギー高騰に防衛関連の側面もオン <株探.. (06/02)
  2. モノづくり“リアル空間革命”へ、 躍進前夜の「3Dプリンター」関連株 <株探.. (06/01)
  3. 【村瀬智一が斬る!深層マーケット】半導体株物色の広がりと経済正常化で浮上.. (06/04)
  4. 株主総会で社長を凝視していたら元本18倍、億り人に (06/03)
  5. 今期活躍期待の【連続最高益】銘柄リスト〔第4弾〕33社選出 <成長株特集> (06/02)
  6. 横山利香「令和時代の稼ぎたい人の超実践! 株式投資術」―(21)株式市場の大勢.. (06/02)
  7. 10万円以下で買える、増収増益&低PER 23社【プライム】編 <割安株特集> (06/03)
  8. 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 6月1日版
  9. 「歯科」が2位、政府が「国民皆歯科健診」導入検討へ<注目テーマ> (06/01)
  10. 【今週読まれた記事】今期も活躍! 注目必至の“成長継続”銘柄 (06/04)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (9月27日発表分) 注目
  2. 2
    2022年「ノーベル賞」発表目前、日本人受賞へ期待高まる 有望株総点検 <株探トップ特集> 特集
  3. 3
    明日の株式相場に向けて=逆境相場も「リベンジ消費」が投資資金誘導 市況
  4. 4
    レーティング日報【最上位を継続+目標株価を増額】 (9月27日) 特集
  5. 5
    ★本日の【サプライズ決算】速報 (09月27日) 注目
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘または投資に関する助言をすることを目的としておりません。
投資の決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、JPX総研、China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
株探に掲載される株価チャートは、その銘柄の過去の株価推移を確認する用途で掲載しているものであり、その銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。
決算を扱う記事における「サプライズ決算」とは、決算情報として注目に値するかという観点から、発表された決算のサプライズ度(当該会社の本決算か各四半期であるか、業績予想の修正か配当予想の修正であるか、及びそこで発表された決算結果ならびに当該会社が過去に公表した業績予想・配当予想との比較及び過去の決算との比較を数値化し判定)が高い銘柄であり、また「サプライズ順」はサプライズ度に基づいた順番で決算情報を掲載しているものであり、記事に掲載されている各銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.