【杉村富生の短期相場観測】 ─独自に、マーケットの「梅雨明け」宣言!

市況
2022年6月5日 9時15分

「独自に、マーケットの『梅雨明け』宣言!」

●最悪シナリオはほぼ解消に向かう!

ここ数カ月、「これでもか、これでもか」と言わんばかりに、多くの悪材料に直撃されてきた株式市場だが、徐々に苦境を脱しつつある。いや、最悪シナリオはほとんど消えたのではないか。筆者はいち早くマーケットの「梅雨明け」を宣言している。夏相場は明るい展開となろう。同時に、本格的な投資の時代が到来する。

悪材料は“三重苦”と称された。すなわち、第1はウクライナ紛争だ。ロシア軍とNATO(北大西洋条約機構)軍との全面戦争に発展し、ロシアは戦術核を使う、第3次世界大戦の危機(?)が語られていたほど。もちろん、原油価格、穀物市況の高騰が物価上昇を誘発、各国はインフレ対応(金融引き締め)に追いまくられている。

第2はFRB(米連邦準備制度理事会)の急激な利上げ(3月に0.25%、6月と7月に各0.5%)、QT(量的金融引き締め)である。これがオーバーキル(金融引き締めが効き過ぎて景気を失速させること)、スタグフレーション(不況下のインフレ)リスクを想起させた。投資家が脅え、身構えたのは当然だろう。

しかし、ウクライナ紛争は局地戦にとどまっている。現状ではロシアの戦線(1000キロメートルに延びている)拡大は不可能だ。フィンランド攻撃、モルドバ共和国侵攻は考えにくい。FRBの金融政策は「9月の利上げ見送り」とか、資産圧縮は3年間に「2.5兆ドル」(当初は4.2兆ドル)などと、微妙に変化(ハト派の台頭)している。

●投資妙味が膨らむ材料含みの9銘柄!

第3は中国・上海市のロックダウン(都市封鎖)、これに伴うサプライチェーン(供給網)の寸断だ。物流の混乱はインフレリスクを加速させた。ただ、中国政府はロックダウンを解除した。「コロナ常態化管理」は残っているが、高速道路の料金所の再開、トラック運転手のPCR陰性証明の全国相互認証が進んでいる、という。

要するに、最悪シナリオをベースにした売り叩きは転機を迎えている。ショート筋は売りまくった。小型株指数に連動するiシェアーズ・ラッセル2000 ETF<IWM>には発行株式数の4割強の空売りがある。日本のグロース銘柄を中心に組み入れている東証マザーズETF <2516> [東証E]も似たような状況だ。やはり、反発が期待できる。

個別銘柄では再生可能エネルギー関連のウエストホールディングス <1407> [東証S]、車載用プリント配線基板の世界シェアトップのメイコー <6787> [東証P]、2023年3月期に連続最高益更新を見込む三和ホールディングス <5929> [東証P]、リチウムイオン電池関連の日本電解 <5759> [東証G]などに妙味があろう。

このほか、レストラン・ホテル事業、ゴルフ場経営を手掛け、インバウンド関連の切り口を有する明治海運 <9115> [東証S]、不動産業の色彩が強い飯野海運 <9119> [東証P]、プライム市場への“昇格”が取りざたされているワークマン <7564> [東証S]、ビジョナル <4194> [東証G]、JTOWER <4485> [東証G]はじっくり狙える。

2022年6月3日 記

株探ニュース

関連記事・情報

  1. 日本買い復活の6月相場、業績変貌の中小型株「最強6銘柄」を追え <株探トップ.. (06/04)
  2. 利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第1弾 33社選出 <成長株特集> (06/05)
  3. 【村瀬智一が斬る!深層マーケット】半導体株物色の広がりと経済正常化で浮上.. (06/04)
  4. 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (6月3日現在)
  5. 個人投資家・有限亭玉介:中国ロックダウン後と円安メリットの注目株.. (06/05)
  6. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─東京市場に育つ大きな3つの柱! (06/05)
  7. 今週の「妙味株」一本釣り! ─ 大同特鋼 (06/05)
  8. 今週の決算発表予定 積水ハウス、ラクーンHD、三井ハイテクなど (6月6日~10日)
  9. 伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】 6月5日版
  10. 来週の相場で注目すべき3つのポイント:米5月CPI、景気ウォッチャー調査、ANYCO.. (06/04)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    明日の株式相場に向けて=中国不穏ムードで売り仕掛け作動か 市況
  2. 2
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (10月3日発表分) 注目
  3. 3
    霞ヶ関C、今期経常は82%増で4期連続最高益、60円増配へ 決算
  4. 4
    <みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」3位に三菱HCキャ 材料
  5. 5
    話題株ピックアップ【夕刊】(2):ネクステージ、INPEX、ヤマハ発 注目
人気ニュースベスト30を見る

特集記事

株探からのお知らせ

過去のお知らせを見る
米国株へ
株探プレミアムとは
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘または投資に関する助言をすることを目的としておりません。
投資の決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、JPX総研、ジャパンネクスト証券、China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
株探に掲載される株価チャートは、その銘柄の過去の株価推移を確認する用途で掲載しているものであり、その銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。
決算を扱う記事における「サプライズ決算」とは、決算情報として注目に値するかという観点から、発表された決算のサプライズ度(当該会社の本決算か各四半期であるか、業績予想の修正か配当予想の修正であるか、及びそこで発表された決算結果ならびに当該会社が過去に公表した業績予想・配当予想との比較及び過去の決算との比較を数値化し判定)が高い銘柄であり、また「サプライズ順」はサプライズ度に基づいた順番で決算情報を掲載しているものであり、記事に掲載されている各銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.