ログイン
米国株

フルッタについて、Evo Fundは保有割合が減少したと報告 [変更報告書No.30]

5%
2022年6月6日 14時08分

フルッタフルッタ <2586> [東証G]について、Evo Fundは6月6日受付で財務省に変更報告書(5%ルール報告書)を提出した。報告書によれば、Evo Fundと共同保有者のフルッタ株式保有比率は15.57%→14.56%に減少した。保有株式は4,377,853株(うち潜在株1,712,384株)→4,094,853株(同1,712,384株)となった。報告義務発生日は5月30日。

■財務省 : 6月6日受付

■発行会社: フルッタフルッタ <2586> [東証G]

■提出者 : Evo Fund

◆義務発生日 保有割合(前回→今回)    提出日時

2022/05/30 15.57% → 14.56%  2022/06/06 14:01

◆保有株券の内訳(前回→今回)

保有株数     4,377,853株 →    4,094,853株

普通株     2,665,469株 →    2,382,469株

潜在株     1,712,384株 →    1,712,384株

■提出者および共同保有者

(1)Evo Fund

(2)EVOLUTION JAPANアセットマネジメント株式会社(EvolutionJapanAssetManagementCo.,Ltd.)

(3)REVOLUTION

※上記は金融庁のEDINET(電子開示システム)で開示された書類に基づく情報です。金融商品取引法上の公衆縦覧ではありません。

※金融商品取引法で自己株式は保有株券に含めないことになっており、そのため保有株数等が0と表記される場合があります。

※保有株数が変動せず、発行済み株式数の変動に伴って保有割合が変動しているケースもあります。

※変動幅が1%未満の変更報告書は契約変更などによる場合があります。

※詳しくはEDINETで原本をご確認ください。

株探ニュース

関連記事・情報

  1. フルッタの【大株主】【5%報告など株主異動】【組み込みファンド】の一覧をみる
  2. Ineについて、りそなアセットマネジメントは保有割合が5%未満に減少したと.. (06/06)
  3. モブキャストについて、Evo Fundは保有割合が5%を超えたと報告 [大量保有報告書] (06/06)
  4. UTについて、三井住友トラスト・アセットマネジメントは保有割合が5%を超え.. (06/06)
  5. サッポロHDについて、三井住友トラスト・アセットマネジメントは保有割合が減.. (06/06)
  6. クオールHDについて、三井住友トラスト・アセットマネジメントは保有割合が5.. (06/06)
  7. Jフロントについて、三井住友トラスト・アセットマネジメントは保有割合が増加.. (06/06)
  8. 物語コーポについて、三井住友トラスト・アセットマネジメントは保有割合が減少.. (06/06)
  9. ユニチカについて、三井住友トラスト・アセットマネジメントは保有割合が増加し.. (06/06)
  10. オイシックスについて、三井住友トラスト・アセットマネジメントは保有割合が減.. (06/06)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    6月に配当取りを狙える【高利回り】ベスト30 <割安株特集> 特集
  2. 2
    【植木靖男の相場展望】 ─上げるも下げるも相場、時を待て! 市況
  3. 3
    【今週読まれた記事】“大きな変化”、株高は長期上昇トレンドへ 特集
  4. 4
    国内株式市場見通し:メジャーSQに向け一段高か、懸念材料も 市況
  5. 5
    個人投資家・有限亭玉介:話題株をピックアップ!個別株の明暗わかれやすい相場で気になる株【FISCOソーシャルレポーター】 特集
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘または投資に関する助言をすることを目的としておりません。
投資の決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、JPX総研、China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
株探に掲載される株価チャートは、その銘柄の過去の株価推移を確認する用途で掲載しているものであり、その銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。
決算を扱う記事における「サプライズ決算」とは、決算情報として注目に値するかという観点から、発表された決算のサプライズ度(当該会社の本決算か各四半期であるか、業績予想の修正か配当予想の修正であるか、及びそこで発表された決算結果ならびに当該会社が過去に公表した業績予想・配当予想との比較及び過去の決算との比較を数値化し判定)が高い銘柄であり、また「サプライズ順」はサプライズ度に基づいた順番で決算情報を掲載しているものであり、記事に掲載されている各銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.