ログイン
米国株
2022年6月18日 10時00分
市況

富田隆弥の【CHART CLUB】 「荒れる米国市場」

日経平均株価は6月9日の高値2万8389円まで上げたが、翌10日から下げに転じて15日には安値2万6321円まで4営業日で2000円超も急落と下げが厳しい(本稿執筆時点)。こうなると5月下旬からの上昇相場の主因が、6月10日のメジャーSQ(先物・オプション清算日)に絡むショートカバー(買い戻し)にあったことも否めない。

◆米国市場も荒れている。15日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で連邦準備制度理事会(FRB)は0.75%の利上げを決めたが、その影響を受け10年債利回りは11年ぶりとなる3.49%に上昇し、為替(ドル円)は24年ぶりとなる135円台に円安が進んだ。国際商品の値動きを示すCRB指数は9日に329.59ドルと11年ぶりの高値を付けたが、15日は314.79ドルと4日続落。そして、暗号資産のビットコイン(ドル建て)は15日に2万0121ドルの安値を付け、昨年11月高値(6万8999ドル)から70%も下落している。

NYダウは14日まで5日続落して年初来安値を更新。15日のFOMC後に一時647ドル高と反発(終値は303ドル高)するも、16日は2万9927ドルと再び急落して3万ドル大台を割り込んだ。ナスダックも16日に1万0646ポイントまで下落して年初来安値を更新した。

◆ただ、米国株は17日がメジャーSQ(クワドルプル・ウィッチング)であり、この乱高下はSQが一因だった可能性もある。そうであれば、米国の三連休明けとなる21日以降にNYダウ、ナスダックが反発することも想定されるが、大きく崩れた後だけに戻り相場でも試練は続こう。

◆カギを握る米国市場がこのように荒れていては「世界同時株安」は否めず、日本株はしばらく様子見となっても仕方ない。米国の三連休明けに反発する可能性あるものの、商品や債券、為替、暗号資産などあらゆるマーケットで波乱の様相を呈しており、株式市場は基調好転を確認するまでは慎重に対応すべきと思われる。日経平均株価の日足チャートは2万7000円前後にある25日移動平均線、75日移動平均線を割り込み、次は5月安値の2万5688円や3月安値の2万4681円を意識することになる。だが、そこで下げ止まるというシナリオはまだ描けない。

(6月16日 記、毎週土曜日に更新)

情報提供:富田隆弥のチャートクラブ

株探ニュース

関連記事・情報

  1. 伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】 6月19日版
  2. 来週の相場で注目すべき3つのポイント:パウエルFRB議長の議会証言、IPO5社、中.. (06/18)
  3. 【村瀬智一が斬る!深層マーケット】東エレクの明確な反転確認まで、内需系に.. (06/18)
  4. 世界株暴落の予兆、レッドシグナル点灯前夜の東京市場に見えたもの <株探.. (06/17)
  5. 今週の【早わかり株式市況】急反落、世界的インフレ懸念で2万6000円大台割れ (06/18)
  6. 今週の【話題株ダイジェスト】 ネクスウェア、児玉化、ユークス (6月13日~17日)
  7. レーティング週報【最上位を継続+目標株価を増額】(2) (6月13日-17日)
  8. サッカー「番狂わせ理論」で、弱小ルーキーでも勝ちを重ねる技 (06/17)
  9. 横山利香「令和時代の稼ぎたい人の超実践! 株式投資術」―(22)スイングトレー.. (06/17)
  10. 個人投資家・有限亭玉介:IPOや国策など現在注目中の銘柄群.. (06/18)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (10月6日発表分) 注目
  2. 2
    上方修正“先回り”、22年12月期【業績上振れ】候補〔第1弾〕 <成長株特集> 特集
  3. 3
    明日の株式相場に向けて=ヘアピンカーブの先に見える答え 市況
  4. 4
    今朝の注目ニュース! ★コリー、太洋工業、毎コムネットなどに注目! New! 注目
  5. 5
    郵船について、米ブラックロックは保有割合が増加したと報告 [変更報告書No.3] 5%
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘または投資に関する助言をすることを目的としておりません。
投資の決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、JPX総研、China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
株探に掲載される株価チャートは、その銘柄の過去の株価推移を確認する用途で掲載しているものであり、その銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。
決算を扱う記事における「サプライズ決算」とは、決算情報として注目に値するかという観点から、発表された決算のサプライズ度(当該会社の本決算か各四半期であるか、業績予想の修正か配当予想の修正であるか、及びそこで発表された決算結果ならびに当該会社が過去に公表した業績予想・配当予想との比較及び過去の決算との比較を数値化し判定)が高い銘柄であり、また「サプライズ順」はサプライズ度に基づいた順番で決算情報を掲載しているものであり、記事に掲載されている各銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.