ログイン
米国株
2022年6月17日 11時40分
特集

横山利香「令和時代の稼ぎたい人の超実践! 株式投資術」―(22)スイングトレードで勝率をあげる売買手法とエントリーポイントは?

横山利香(ファイナンシャルプランナー、テクニカルアナリスト)

個人投資家のみなさん、こんにちは! 株が大好き、認定テクニカルアナリストの横山利香です。

世界各国がインフレの進行を受けて金融引き締めを行う一方で、日本は金融緩和を継続する状況が続いています。各国が利上げを行う中で、日本はゼロ金利政策を続けていることもあり、金利が高いドルを買って、円を売る流れが強まり、1ドル=135円台と24年ぶりの水準までドル高・円安が進行しています。

ここでドル円相場の動きをチャートで見てみましょう(図1)。2021年11月には1ドル=113円を挟んで推移していましたが、米国で利上げが始まった22年3月以降、ドルが買われる動きが加速していることがわかります。

図1 ドル円相場 日足チャート 

【タイトル】

スイングトレードをする場合、ドル円のチャートを見て、どこでドルを買えばよかったと思いますか?

トレンドはいったん発生すると、転換するまでそのトレンドが継続します。これは株価も、為替も同じです。そこで、今回はトレンドが発生した場合にどのように分析して売買するポイントを分析していけばよいのか、トレンド分析を実際の売買に活かす手法とエントリーポイントをみていきましょう。

まずはトレンドが何であるのかを解説していきます。株価は常に上げ下げを繰り返しています。上昇するのか、それとも下落するのか、あるいは横ばいでもみ合いながら動くのか、株価が動く方向性のことを「トレンド」と呼びます。株価の方向性は通常、「上昇トレンド」「下降トレンド」「横ばいトレンド」の3つに分けられます。実際に売買する時には、株価がこの3つのトレンドのどれに当てはまるのかをまず考えて、そのトレンドに合わせた売買手法をとっていくことになります。

たとえば、株価が値上がりしていく上昇トレンドの場合には、「これから株価が上がるから株を買う」という考え方になります。上昇トレンドが生じている時には、トレンドに逆らわずに株を買う取引になります。これを「順張り(トレンドフォロー)」と言います。

反対に、株価が値下がりしていく下降トレンドの場合には、「これから株価が下がるから株を売る」という考え方になります。下降トレンドが生じている時には、トレンドに逆らわずに株を売る取引になります。上昇トレンドとは方向性は真逆ですが、こちらも同じ「順張り」となります。

次ページ:トレンドが発生している時の売買ポイント

 

株探ニュース

関連記事・情報

  1. 横山利香「令和時代の稼ぎたい人の超実践! 株式投資術」―(21)株式市場の.. (06/02)
  2. 横山利香「令和時代の稼ぎたい人の超実践! 株式投資術」 <全リーズ一覧>
  3. 頑張り投資家さんの「サッカー『番狂わせ理論」で、弱小ルーキーでも勝ちを重.. (06/17)
  4. 頑張り投資家さんの稼ぎ技 <全シリーズ一覧>
  5. 清水香の「ようやく海外旅行も自由に、クレカ付帯の旅行保険の活用法」 (06/16)
  6. 清水香の「それって常識?人生100年マネーの作り方」 <全シリーズ一覧>
  7. 日本株&アメ株で勝つ人「テクで失敗、ファンダで億へ、『根拠なき』から『実感.. (06/10)
  8. 日本株&アメ株で勝つ人 <全シリーズ一覧>
  9. 頑張り投資家さんの「先手必勝で日米株同時スタート、『大胆なようで手堅い』で.. (06/09)
  10. 大川智宏の「増配予想でも要注意、出遅れリオープン期待で注視は『無配継続』」 (06/08)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (10月6日発表分) 注目
  2. 2
    上方修正“先回り”、22年12月期【業績上振れ】候補〔第1弾〕 <成長株特集> 特集
  3. 3
    明日の株式相場に向けて=ヘアピンカーブの先に見える答え 市況
  4. 4
    今朝の注目ニュース! ★コリー、太洋工業、毎コムネットなどに注目! New! 注目
  5. 5
    郵船について、米ブラックロックは保有割合が増加したと報告 [変更報告書No.3] 5%
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘または投資に関する助言をすることを目的としておりません。
投資の決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、JPX総研、China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
株探に掲載される株価チャートは、その銘柄の過去の株価推移を確認する用途で掲載しているものであり、その銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。
決算を扱う記事における「サプライズ決算」とは、決算情報として注目に値するかという観点から、発表された決算のサプライズ度(当該会社の本決算か各四半期であるか、業績予想の修正か配当予想の修正であるか、及びそこで発表された決算結果ならびに当該会社が過去に公表した業績予想・配当予想との比較及び過去の決算との比較を数値化し判定)が高い銘柄であり、また「サプライズ順」はサプライズ度に基づいた順番で決算情報を掲載しているものであり、記事に掲載されている各銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.