ログイン
米国株
2022年7月30日 9時30分
市況

富田隆弥の【CHART CLUB】 「ポイントとなる2万8300円台の節」

◆7月22日まで7日続伸を演じた日経平均株価だ。さすがに今週は一服し、2万7500円~2万8000円のゾーンでもみ合った。サイコロジカルラインや騰落レシオ、RCI(順位相関指数)など日足のテクニカル指標は高値警戒を示しており、この一服は当然でもあろう。

◆一服したとはいえ、日足チャートは突破した200日移動平均線(28日時点2万7561円)の上にあり、ほどよいスピード調整と言えるだろう。スピード調整の後に改めて3月と6月につけた2万8300円台の高値に挑戦してもおかしくはない。

◆ただ、少し期間の長い週足チャートを見ると、日経平均株価は3月中旬以降、「2万6000円~2万8000円」のボックス(往来)相場を形成している。昨年9月から続いた「2万8000円~3万円」のボックスを一段下に割り込んでのボックス相場であるだけに、「2万8300円」はチャート上での厚い節目となる。つまり、2万8300円台の節を突破するなら「2万8000円~3万円」のボックスに回帰するが、節を抜けないようだと「2万6000円~2万8000円」のボックス相場が継続することになる。

◆カレンダーを見れば8月に入り、夏休み本番となる。日本株は8月前半は商いが細り、小動きとなりやすい。米国では注目されたFOMC(連邦公開市場委員会)を27日に、そして4-6月GDP(速報)の発表を28日に終えて、こちらもバカンス本番を迎える。投資家はポジションを軽くして夏休みに入ると聞く。

◆ポジション調整には持ち株を売るケースもあれば、売りを手仕舞うものもあり、株式だけでなく為替、商品など各マーケットは多少乱高下するだろう。だが、日本株は基本的に8月中盤まで小動きが想定される。あとは節目の「2万8300円台」を抜くかどうかである。

(7月28日 記、毎週土曜日に更新)

情報提供:富田隆弥のチャートクラブ

株探ニュース

関連記事・情報

  1. 伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】 7月31日版
  2. 来週の相場で注目すべき3つのポイント:米ISM景気指数、中国財新PMI、OPECプラス (07/30)
  3. 【村瀬智一が斬る!深層マーケット】いったん調整も、6月高値2万8389円をターゲ.. (07/30)
  4. 今週の【早わかり株式市況】4週ぶり反落、FOMCを挟み不安定な地合い (07/30)
  5. 今週の【話題株ダイジェスト】 KOA、Aバランス、不二ラテ (7月25日~29日)
  6. レーティング週報【最上位を継続+目標株価を増額】 (7月25日-29日)
  7. 魅力が薄れたら即売却、高配当・優待株で元手を5倍に増やす技 (07/30)
  8. 100倍の原動力は身近な銘柄選び、でも本当に貢献したものは (07/29)
  9. “好発進”企業を追う! 4-6月期【増収増益】リスト <成長株特集> 7月29日版
  10. 個人投資家・有限亭玉介:グロース株物色が加速か!?狙うは人気テーマ株.. (07/30)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    利益成長【青天井】銘柄リスト〔第3弾〕31社選出 <成長株特集> 特集
  2. 2
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (8月12日発表分) 注目
  3. 3
    【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─東京市場は水準訂正へ!ここで狙うは"10万円で買える"株 市況
  4. 4
    【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (8月12日現在) 特集
  5. 5
    【杉村富生の短期相場観測】 ─猛暑、夏休みに負けるな!相場は強いぞっ! 市況
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘または投資に関する助言をすることを目的としておりません。
投資の決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、JPX総研、China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
株探に掲載される株価チャートは、その銘柄の過去の株価推移を確認する用途で掲載しているものであり、その銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。
決算を扱う記事における「サプライズ決算」とは、決算情報として注目に値するかという観点から、発表された決算のサプライズ度(当該会社の本決算か各四半期であるか、業績予想の修正か配当予想の修正であるか、及びそこで発表された決算結果ならびに当該会社が過去に公表した業績予想・配当予想との比較及び過去の決算との比較を数値化し判定)が高い銘柄であり、また「サプライズ順」はサプライズ度に基づいた順番で決算情報を掲載しているものであり、記事に掲載されている各銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.