ログイン
米国株
2022年8月6日 14時54分
通貨

英ポンド週間見通し:もみ合いか、4-6月期GDPが手掛かり材料に

■強含み、米ドル高・円安進行の影響受ける

今週のポンド・円は強含み。英中央銀行は8月4日に政策金利を0.5ポイント引き上げることを発表したが、英国経済は10-12月から景気後退に陥るとの見通しを発表し、リスク回避のポンド売り・円買いが活発となった。しかしながら、5日発表の7月米雇用統計は予想以上に強い内容だったことから、米ドル買い・円売りが急拡大し、この影響でポンドの対円レートは反転した。取引レンジ:159円45銭-163円92銭。

■もみ合いか、4-6月期GDPが手掛かり材料に

来週のポンド・円はもみ合いか。英中央銀行は10-12月期に英国経済が景気後退に陥ると予想しており、リスク選好的なポンド買い・円売りがただちに拡大する可能性は低いとみられる。ただ、12日発表の4-6月期国内総生産(GDP)はプラス成長が予想されており、市場予想と一致すれば、リスク回避のポンド売り・円買いはやや縮小する可能性がある。

・12日:4-6月期国内総生産(1-3月期:前年比+8.7%)

予想レンジ:161円50銭-164円50銭

《FA》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 【植木靖男の相場展望】 ─成長株の戻り基調は不変 (08/06)
  2. 富田隆弥の【CHART CLUB】 「9月に向けた株価浮上も視野に入れ、安値圏銘柄を.. (08/06)
  3. 今週の【早わかり株式市況】売り物こなし2ヵ月ぶり終値で2万8000円を回復 (08/06)
  4. 【今週読まれた記事】決算本格化で“好悪材料”がランキング席巻! (08/06)
  5. “好発進”企業を追う! 4-6月期【増収増益】リスト <成長株特集> 8月5日版
  6. 武者陵司「安倍元首相追悼セミナー講演録 アベノミクスの歴史的功績と日本の未.. (08/04)
  7. 来週の株式相場に向けて=「不安の壁よじ登る」展開も (08/05)
  8. 今週の【話題株ダイジェスト】 M&A総研、アルメディオ、飯野海 (8月1日~5日)
  9. レーティング週報【最上位を継続+目標株価を増額】(2) (8月1日-5日)
  10. すご腕もびっくりの急成長! その裏に、とにかく上手くなると「練習の虫」 (08/05)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    利益成長【青天井】銘柄リスト〔第3弾〕31社選出 <成長株特集> 特集
  2. 2
    今朝の注目ニュース! ★リブセンス、EDP、トレンダなどに注目! 注目
  3. 3
    【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─東京市場は水準訂正へ!ここで狙うは"10万円で買える"株 市況
  4. 4
    本日注目すべき【好決算】銘柄 トレンダ、フェローテク、シチズン (12日大引け後 発表分) 注目
  5. 5
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (8月12日発表分) 注目
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘または投資に関する助言をすることを目的としておりません。
投資の決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、JPX総研、China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
株探に掲載される株価チャートは、その銘柄の過去の株価推移を確認する用途で掲載しているものであり、その銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。
決算を扱う記事における「サプライズ決算」とは、決算情報として注目に値するかという観点から、発表された決算のサプライズ度(当該会社の本決算か各四半期であるか、業績予想の修正か配当予想の修正であるか、及びそこで発表された決算結果ならびに当該会社が過去に公表した業績予想・配当予想との比較及び過去の決算との比較を数値化し判定)が高い銘柄であり、また「サプライズ順」はサプライズ度に基づいた順番で決算情報を掲載しているものであり、記事に掲載されている各銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.