ログイン
米国株
2022年8月6日 6時40分
市況

今週の【早わかり株式市況】売り物こなし2ヵ月ぶり終値で2万8000円を回復

■今週の相場ポイント

1.日経平均株価は2週ぶりに上昇、終値ベースで2万8000円台回復

2.ドル円相場の乱高下が続き、輸出セクターを中心に株価に影響与える

3.ペロシ米下院議長の台湾訪問に絡み地政学リスクが嫌気される場面も

4.前半は急落局面に遭遇、米経済指標など味方に押し目買いで切り返す

5.週末は米雇用統計発表前も、寄り後強調展開続き2ヵ月ぶり高値圏に

■週間 市場概況

今週の東京株式市場で日経平均株価は前週末比374円(1.35%)高の2万8175円と2週ぶりに上昇した。

今週は、週前半の2日に400円近い急落をみせたが、それ以外は買いが優勢となり、週末に日経平均は終値で2万8000円台を回復し6月9日以来約2ヵ月ぶりの高値をつけた。ペロシ米下院議長の台湾訪問で米中間の緊張の高まりが警戒されたが、全体相場に与える影響は一時的なものにとどまった。外国為替市場では円相場の荒い値動きが目立った。

名実ともに8月相場入りとなった1日(月)は前週末の欧米株市場がほぼ全面高に買われたことを受け、リスクを取る動きが優勢となった。為替相場の円高進行が警戒されたものの日経平均は強調展開を維持した。2日(火)は一転してリスクオフ一色の展開。一段と円高が加速するなか、これに歩調を合わせるように日経平均は急落、一時は450円以上の下げに。ペロシ米下院議長が台湾を訪問すると報じられ、米中関係の悪化による地政学リスクが警戒され売り一辺倒に傾いた。3日(水)は前日の反動で押し目買いが優勢。今度は為替が円安方向に振れ、ハイテク株中心に買い戻される流れとなった。ただ大型株主導の戻りで、個別には値を下げる銘柄も多く、値下がり銘柄数が値上がり数を大きく上回る状況に。4日(木)は前日の米株大幅高を追い風に日経平均は続伸。7月のISM非製造業景況感指数が市場予想に反して上昇、米経済に対する不安心理が後退したことが追い風となった。前日に続き円安が継続したことも市場のセンチメント改善に寄与した。そして週末5日(金)は7月の米雇用統計発表を控えるなか模様眺めムードが予想されたが、フタを開けてみるとハイテク株など主力銘柄をはじめ幅広い銘柄に買いが集まり、日経平均は寄り後次第高の展開に。後場は上値が重くなったものの高値圏で売り物をこなし切り、満を持して2万8000円大台ラインを突破した。

■来週のポイント

来週は4-6月期決算発表がピークを迎えるなか、好決算銘柄への個別物色を中心とした展開となるだろう。米雇用統計など指標に振らされる展開は続くと思われるが、6月高値の2万8389円を突破することも期待できそうだ。

重要イベントとしては、国内では12日にオプションSQを迎える。海外では10日に発表される中国7月の消費者物価指数と生産者物価指数、同日発表の米国7月の消費者物価指数に注視が必要だろう。

■日々の動き(8月1日~8月5日)

【↑】   8月 1日(月)―― 反発、欧米株高を受けリスク選好の買い優勢

日経平均 27993.35( +191.71)  売買高12億2674万株 売買代金 3兆1015億円

【↓】   8月 2日(火)―― 大幅反落、米中関係悪化が警戒され売り優勢

日経平均 27594.73( -398.62)  売買高11億6086万株 売買代金 2兆8232億円

【↑】   8月 3日(水)―― 反発、円安を背景に主力株を中心に買い戻しが優勢

日経平均 27741.90( +147.17)  売買高11億7660万株 売買代金 2兆9200億円

【↑】   8月 4日(木)―― 続伸、米株高や円安でリスク選好の買い優勢

日経平均 27932.20( +190.30)  売買高12億9540万株 売買代金 2兆8994億円

【↑】   8月 5日(金)―― 3日続伸、ハイテク株などが買われ2万8000円を回復

日経平均 28175.87( +243.67)  売買高12億1246万株 売買代金 2兆8716億円

■セクター・トレンド

(1)全33業種中、19業種が上昇

(2)値上がり率トップの郵船 <9101> など海運をはじめ住友電 <5802> など非鉄、日本製鉄 <5401> など鉄鋼といった景気敏感株が高い

(3)HOYA <7741> など精密機器、東エレク <8035> など電機といった輸出株が買われた

(4)内需株はリクルート <6098> などサービス、JR西日本 <9021> など陸運は総じて上昇したが、

三井不 <8801> など不動産、大成建 <1801> など建設は売られた

(5)三菱UFJ <8306> など銀行、オリックス <8591> などその他金融といった金融株は下落

(6)値下がり率トップのINPEX <1605> など鉱業、コスモHD <5021> など石油といった資源株の一角が大幅安となった

■【投資テーマ】週間ベスト5 (株探PC版におけるアクセス数)

1(1) メタバース

2(2) 半導体

3(10) 防衛 ── ペロシ米下院議長が台湾訪問見通しで米中摩擦再燃

4(6) JPX日経400

5(26) 円高メリット

※カッコは前週の順位

株探ニュース

関連記事・情報

  1. 今週の【話題株ダイジェスト】 M&A総研、アルメディオ、飯野海 (8月1日~5日)
  2. 【植木靖男の相場展望】 ─成長株の戻り基調は不変 (08/06)
  3. 富田隆弥の【CHART CLUB】 「9月に向けた株価浮上も視野に入れ、安値圏銘柄を.. (08/06)
  4. 来週の株式相場に向けて=「不安の壁よじ登る」展開も (08/05)
  5. 武者陵司「安倍元首相追悼セミナー講演録 アベノミクスの歴史的功績と日本の.. (08/04)
  6. 【今週読まれた記事】決算本格化で“好悪材料”がランキング席巻! (08/06)
  7. レーティング週報【最上位を継続+目標株価を増額】(2) (8月1日-5日)
  8. “好発進”企業を追う! 4-6月期【増収増益】リスト <成長株特集> 8月5日版
  9. 10万円以下で買える、高ROE&低PBR 18社【プライム】編 <割安株特集> (08/05)
  10. すご腕もびっくりの急成長! その裏に、とにかく上手くなると「練習の虫」 (08/05)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (10月6日発表分) 注目
  2. 2
    上方修正“先回り”、22年12月期【業績上振れ】候補〔第1弾〕 <成長株特集> 特集
  3. 3
    明日の株式相場に向けて=ヘアピンカーブの先に見える答え 市況
  4. 4
    ★本日の【サプライズ決算】速報 (10月06日) 注目
  5. 5
    “学び直し”に国策ビッグウェーブ、出番到来の「リスキリング」関連 <株探トップ特集> 特集
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘または投資に関する助言をすることを目的としておりません。
投資の決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、JPX総研、China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
株探に掲載される株価チャートは、その銘柄の過去の株価推移を確認する用途で掲載しているものであり、その銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。
決算を扱う記事における「サプライズ決算」とは、決算情報として注目に値するかという観点から、発表された決算のサプライズ度(当該会社の本決算か各四半期であるか、業績予想の修正か配当予想の修正であるか、及びそこで発表された決算結果ならびに当該会社が過去に公表した業績予想・配当予想との比較及び過去の決算との比較を数値化し判定)が高い銘柄であり、また「サプライズ順」はサプライズ度に基づいた順番で決算情報を掲載しているものであり、記事に掲載されている各銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.