ログイン
米国株
2022年9月21日 18時29分
市況

【↓】日経平均 大引け| 反落、FOMCの結果を控えリスク回避の売り優勢 (9月21日)

日経平均株価

始値  27440.84

高値  27467.34(09:12)

安値  27297.50(10:57)

大引け 27313.13(前日比 -375.29 、 -1.36% )

売買高  10億6875万株 (東証プライム概算)

売買代金  2兆4719億円 (東証プライム概算)

-----------------------------------------------------------------

■本日のポイント

1.日経平均は大幅反落、前日の欧米株安受けリスクオフ

2.FOMC前に米長期金利が上昇し、これを嫌気する売り

3.自動車、医薬品、商社などが下げ全体指数押し下げる

4.海運が買われるも33業種中で値上がりはわずか4業種

5.値下がり銘柄数は1500弱で全体の8割の銘柄が下げる

■東京市場概況

前日の米国市場では、NYダウは前日比313ドル安と反落した。FOMCの結果発表を控え、FRBの大幅利上げへの警戒感から売りが優勢となった。

東京市場では、主力株など中心にリスク回避目的の売り圧力が広範囲に波及、日経平均株価は大幅安で2万7000円台前半まで水準を切り下げた。

21日の東京市場は、前日の欧米株市場が全面安商状に売り込まれ、これを引き継ぐ形で下値を試す展開を余儀なくされた。米国株市場ではFOMCの結果公表を目前に長期金利が大幅に上昇し、これを嫌気する形で景気敏感株やハイテク株に売りがかさんだ。東京市場でも自動車セクターや医薬品、商社株などに値を下げる銘柄が目立ち全体指数を押し下げた。日経平均は先物主導で2万7300円近辺まで売り込まれ、後場寄りに下げ渋る場面もみられたが、引け際に手仕舞い売りを浴び、結局本日の安値圏で引けている。7月19日以来約2ヵ月ぶりの安値をつけた。業種別では海運株が買われたものの、33業種中値上がりはわずか4業種にとどまっている。また、値下がり銘柄数は1500近くに達しプライム市場全体の8割強を占めた。

個別では、売買代金首位となったレーザーテック<6920>が値を下げたほか、僅差で売買代金2位に食い込んだトヨタ自動車<7203>も売りに押された。東京エレクトロン<8035>、任天堂<7974>、ソニーグループ<6758>なども下落した。ダイキン工業<6367>も安い。

ダブル・スコープ<6619>がストップ安で売り物を残し、インソース<6200>、ビューティガレージ<3180>も急落。日本M&Aセンターホールディングス<2127>などの下げも目立った。

半面、日本郵船<9101>、商船三井<9104>など海運株が買い優勢だったほか、第一生命ホールディングス<8750>など大手生保株もしっかり。東京海上ホールディングス<8766>も堅調。ファーストリテイリング<9983>は朝安後下げ渋り、小幅ながらプラス圏に切り返した。ツルハホールディングス<3391>が大幅高、コシダカホールディングス<2157>も商い増勢のなか値を飛ばした。日本製鋼所<5631>も物色人気を集めた。

日経平均へのプラス寄与度上位5銘柄はファストリ <9983>、ネクソン <3659>、東京海上 <8766>、日製鋼 <5631>、コナミG <9766>。5銘柄の指数押し上げ効果は合計で約8円。うち4円はファストリ1銘柄によるもの。

日経平均へのマイナス寄与度上位5銘柄はダイキン <6367>、東エレク <8035>、第一三共 <4568>、KDDI <9433>、京セラ <6971>。5銘柄の指数押し下げ効果は合計で約102円。

東証33業種のうち上昇は4業種のみで、上昇率の上位から(1)海運業、(2)保険業、(3)石油石炭製品、(4)鉄鋼。一方、下落率の上位5業種は(1)輸送用機器、(2)ガラス土石製品、(3)空運業、(4)医薬品、(5)卸売業。

■個別材料株

△ツルハHD <3391> [東証P]

6~8月期営業増益確保し対通期進捗率3割超に。

△ソフトウェア <3733> [東証S]

20万株を上限とする自社株をToSTNeT-3で取得。

△いい生活 <3796> [東証S]

8月売上高は2ケタ増で6ヵ月連続で前年上回る。

△ネクシィーズ <4346> [東証P]

関連会社が楽天グループ <4755> [東証P]とオンライン診療で協業。

△キャンバス <4575> [東証G]

CBP501臨床第2相試験で良好な結果。

△Pアンチエイ <4934> [東証G]

子会社が幹細胞エキスがコア成分のスキンケアブランドを発売。

△日製鋼 <5631> [東証P]

23年3月期業績予想を下方修正もアク抜け感強まる。

△インバウT <7031> [東証G]

10月13日を基準日として1株→3株に株式分割。

△レーサム <8890> [東証S]

オアシスによる経営権取得を好感。

△コスモスイニ <8844> [東証S]

地価上昇とインバウンドで商機拡大。

▼インソース <6200> [東証P]

業績修正幅小幅にとどまり出尽くし感が優勢に。

▼四国電 <9507> [東証P]

未定としていた中間配当は無配に。

東証プライムの値上がり率上位10傑は(1)ネクシィーズ <4346>、(2)ツルハHD <3391>、(3)コシダカHD <2157>、(4)日製鋼 <5631>、(5)シルバライフ <9262>、(6)KLab <3656>、(7)山梨銀 <8360>、(8)フィールズ <2767>、(9)グッドコムA <3475>、(10)共和電 <6853>

値下がり率上位10傑は(1)WSCOPE <6619>、(2)インソース <6200>、(3)Bガレージ <3180>、(4)ユニチカ <3103>、(5)ファーマF <2929>、(6)ギフティ <4449>、(7)プロレド <7034>、(8)Jマテリアル <6055>、(9)スタティアH <3393>、(10)日本M&A <2127>

【大引け】

日経平均は前日比375.29円(1.36%)安の2万7313.13円。TOPIXは前日比26.47(1.36%)安の1920.80。出来高は概算で10億6875万株。東証プライムの値上がり銘柄数は288、値下がり銘柄数は1491となった。東証マザーズ指数は710.26ポイント(17.68ポイント安)。

[2022年9月21日]

株探ニュース

関連記事・情報

  1. 雨宮京子氏【先行き不透明な相場、FOMCを境にどう動く】(1) <相場観特集> (09/20)
  2. ボラの高い中小型グロース、「売り買いは腹八分」で勝率UP (09/21)
  3. ★本日の【サプライズ決算】速報 (09月21日)
  4. 本日の【ストップ高/ストップ安】 引け  S高= 6 銘柄  S安= 4 銘柄 (9月21日)
  5. 話題株ピックアップ【夕刊】(1):ツルハHD、コシダカHD、郵船 (09/21)
  6. 話題株ピックアップ【夕刊】(2):WSCOPE、インソース、トヨタ (09/21)
  7. 話題株ピックアップ【夕刊】(3):CANBAS、インバウT、パレモ・HD (09/21)
  8. 新車不足+円安で引き合い殺到、「中古車関連」株に強まる追い風 <株探トップ.. (09/20)
  9. 利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第1弾 30社選出 <成長株特集> (09/19)
  10. 明日の決算発表予定 ニイタカ、オプトエレ (9月21日)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【植木靖男の相場展望】 ─バリュー、グロース株の交互物色へ 市況
  2. 2
    個人投資家・有限亭玉介:製造業は買い?好業績&思惑ありの銘柄群【FISCOソーシャルレポーター】 特集
  3. 3
    上昇トレンドに乗る【高配当利回り】 39社選出 <テクニカル特集> 11月25日版 特集
  4. 4
    今週の【話題株ダイジェスト】 タカトリ、リボミック、ワクー (11月21日~25日) 注目
  5. 5
    富田隆弥の【CHART CLUB】 「ポイントになりやすい12月上旬」 市況
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘または投資に関する助言をすることを目的としておりません。
投資の決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、JPX総研、China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
株探に掲載される株価チャートは、その銘柄の過去の株価推移を確認する用途で掲載しているものであり、その銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。
決算を扱う記事における「サプライズ決算」とは、決算情報として注目に値するかという観点から、発表された決算のサプライズ度(当該会社の本決算か各四半期であるか、業績予想の修正か配当予想の修正であるか、及びそこで発表された決算結果ならびに当該会社が過去に公表した業績予想・配当予想との比較及び過去の決算との比較を数値化し判定)が高い銘柄であり、また「サプライズ順」はサプライズ度に基づいた順番で決算情報を掲載しているものであり、記事に掲載されている各銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.