決算発表予定日 2019/05/14

4420 イーソル

東証M
1,111
-27
-2.37%
業績 
(15:00)
PERPBR利回り信用倍率単位
39.4倍 5.16倍 ー% ー 倍 100 株
 証券アプリのダウンロードについて
 お気に入りを追加しました。
 お気に入りを削除しました。

お気に入りがいっぱいです!


もっと追加するには、株探プレミアム(月額1980円/税別)の登録が必要です。初めてご登録の方には「30日間の無料体験」キャンペーン実施中!


※無料体験終了後は株探プレミアムへ自動移行されます。

※過去に「30日間の無料体験」をご利用になった方にはキャンペーンは適用されません。

【決算】 イーソル、今期経常を30%上方修正・最高益予想を上乗せ【連結】

 イーソル <4420> [東証M] が12月14日大引け後(17:00)に業績修正を発表。18年12月期の連結経常利益を従来予想の4億7700万円→6億2200万円(前期は4億4500万円)に30.4%上方修正し、増益率が7.2%増→39.8%増に拡大し、従来の3期連続での過去最高益予想をさらに上乗せした。

 会社側が発表した上方修正後の通期計画に基づいて、当社が試算した7-12月期(下期)の連結経常損益も従来予想の1300万円の赤字→1億3200万円の黒字に増額し、一転して黒字に浮上する計算になる。

株探ニュース

会社側からの【修正の理由】
  売上高については当社が注力市場と位置付ける自動車関連を中心に想定通り伸長しております。これにより売上総利益も伸びる見込みであります。加えて、計画していたM&Aや投資案件、基幹システムの導入等の戦略費用の多くが来期以降へずれ込み、さらに持分法適用関連会社である株式会社オーバスとの取引に係る未実現利益の調整額が同社製品の販売進捗により、マイナスからプラスになる見込みとなりました。これらの要因がそのまま営業利益の増加に寄与する見込みです。 以上の結果、通期の連結業績を上記の通り上方修正いたします。 なお、税務上の試験研究費特別控除、所得拡大促進税制の適用を考慮した結果、親会社株主に帰属する当期純利益は他の段階利益に比べて増加しております。

業績予想の修正

今下期【修正】

決算期
旧   18.07-12
新   18.07-12
修正率
売上高営業益経常益最終益修正1株益1株配発表日会計基準
4,031 17 -13 -4 -0.2
2018-10-12
連結
4,404 159 132 126 6.2
2018-12-14
連結
+9.3 9.4倍 黒転 黒転 黒転 %

今期【修正】

決算期
旧   2018.12
新   2018.12
修正率
売上高営業益経常益最終益修正1株益1株配発表日会計基準
8,388 495 477 340 16.7
2018-10-12
連結
8,761 637 622 470 23.1
2018-12-14
連結
+4.4 +28.7 +30.4 +38.2 +38.2 %

今期の業績予想

下期業績

決算期
    17.07-12
予   18.07-12
前年同期比
売上高営業益経常益最終益修正1株益1株配発表日会計基準
0
連結
4,404 159 132 126 6.2
2018-12-14
連結
%

今期【予想】

決算期
    2016.12
    2017.12
予   2018.12
前期比
売上高営業益経常益最終益修正1株益1株配発表日会計基準
6,610 412 373 265 152.3 0
連結
7,546 432 445 348 213.6 0
連結
8,761 637 622 470 23.1
2018-12-14
連結
+16.1 +47.5 +39.8 +35.1 -89.2 %
 上記の業績表について

人気ニュース【ベスト5】(直近8時間)

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
ベスト30を見る

関連記事・情報

  1. ★本日の【サプライズ決算】超速報・続報 (12月14日) [プレミアム専用]
  2. 利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第3弾 20社選出 <成長株特集> (12/13)
  3. 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 12月12日版
  4. 12月に配当取りを狙える【高利回り】ベスト30 <割安株特集> (12/13)
  5. 明日の決算発表予定 パーク24、アークランドなど5社 (12月14日)

情報提供

株価予想  
業績予想