ログイン
決算new! 2020/07/31 発表  4-6月期(1Q)税引き前は27%減益で着地
4568東証1貸借
業種 医薬品

第一三共 株価材料ニュース

9,177
-81
-0.87%
業績
(15:00)
株価は20分ディレイ
リアルタイムに変更する
2020年7月28日 9時32分
材料

第一三共は大幅続伸、英アストラゼネカと抗がん剤のグローバル開発販売契約を締結

第一三共<4568>が大幅続伸となっている。同社は27日取引終了後に、開発中の抗がん剤「DS-1062」に対する抗体薬物複合体(ADC)について、グローバルな開発及び商業化契約を英アストラゼネカと締結したと発表。これが材料視されているようだ。

同社とアストラゼネカは、全世界(同社が独占的権利を持つ日本は除く)で同剤の単剤療法及び併用療法を共同で開発・商業化し、同社は同剤の製造と供給を担う。今回の契約では、同社はアストラゼネカから10億ドル(本契約時に3.5億ドル、その1年後に3.25億ドル、その2年後に3.25億ドル)の契約一時金を受け取り、開発マイルストンの達成により最大10億ドル、販売マイルストンの達成により最大40億ドルを受け取ることになっており、すべての開発及び販売マイルストンが達成された場合の受け取り総額は最大60億ドルとなる。なお、DS-1062は現在、手術不能で進行・転移性の非小細胞肺がんとトリプルネガティブ乳がんを対象とした第1相臨床試験を日米で実施している。

出所:MINKABU PRESS

株探ニュース

関連記事・情報

  1. 「株探」の歩き方 ― (25)長期成長が期待できる【テンバガー】銘柄を探そう (07/22)
  2. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 中国景気の回復で恩恵享受の設備投資関連.. (07/26)
  3. 田部井美彦氏【待たれる夏空相場、膠着状態からの脱出はいつか】.. (07/27)
  4. 輝く高収益、「ROE10%超」好業績リスト 26社選出 <成長株特集> (07/26)
  5. 「最高益」予想なのに割安評価、ヒストリカルPERで見つけるお値打ち株.. (07/27)
  6. 【杉村富生の短期相場観測】 ─変化に対応できる企業が生き残り、成長する! (07/26)
  7. 和島英樹の「明日の好悪材料Next」~第9回
  8. 【植木靖男の相場展望】 ─ 株、為替、債券、金など相場商品に動意の気配 (07/25)
  9. 10万円以下で買える、財務健全・低PBR 25社【2部・新興】編 <割安株特集> (07/25)
  10. 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (7月22日現在)
▶︎この銘柄を取引する

証券会社のアプリを起動して
この銘柄の取引画面へ移動します

証券アプリのダウンロードについて

情報提供

株価予想
業績予想
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.
各証券会社のスマホアプリを起動できます。アプリのインストールがまだの場合は、以下からダウンロードしてください。
SBI証券 株 アプリ
閉じる