市場ニュース

2018年2月19日 15時20分
【注目】 話題株ピックアップ【夕刊】(2):日経レバ、浜ゴム、三井不

■大同メタル工業 <7245>  1,301円  +55 円 (+4.4%)  本日終値
 大同メタル工業<7245>の上値追いが続き、連日の昨年来高値更新。軸受メタル専業の最大手で自動車エンジン用では世界でも屈指。EV向けアルミダイカスト製品の需要旺盛で今後の成長期待が大きい。18年3月期第3四半期営業利益は前年同期比16%増の45億6400万円で対通期進捗率は8割を超える。信用買い残も軽く、信用倍率は1倍強と株式需給関係の良さも光る。

■テイカ <4027>  2,723円  +110 円 (+4.2%)  本日終値
 テイカ<4027>が5連騰。同社は酸化チタン大手で、好採算の化粧品向けが好調なほか、世界経済拡大を背景に自動車や住宅向けでも需要が伸びており業績は好調に推移している。18年3月期は12%増収、4%営業増益を見込むが、利益については計画を上回ってくる可能性がある。1月16日に上場来高値をつけたが、その後わずか1カ月で30%も下落していた。PER15倍に割高感はなく、目先リバウンド狙いの買いが勢いを増している。

■日経レバ <1570>  19,480円  +760 円 (+4.1%)  本日終値
 NEXT FUNDS日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信<1570>が大幅高。同銘柄は日経平均株価に連動するETFでボラティリティは2倍の値動きを想定しており、個人投資家を中心に人気が高い。ここ、全体相場は米国株主導で急速な戻り足に転じており、これに追随する動きとなっている。日経平均は前週後半からの3日続伸で、きょう前場までの上昇率が4.0%。対してNF日経レバは8.2%に達した。前場の売買代金は全市場を通じて断トツ、前引け時点で東証1部上場企業トップの売買代金をこなした任天堂<7974>の2倍近い水準に達しており、市場の注目度の高さを反映している。

■八十二銀行 <8359>  650円  +24 円 (+3.8%)  本日終値
 16日、八十二銀行 <8359> が発行済み株式数(自社株を除く)の0.98%にあたる500万株(金額で30億円)を上限に自社株買いを実施すると発表したことが買い材料。需給改善や株式価値の向上といった株主還元が好感されたほか、株価浮揚策としてもポジティブに受け止められた。買い付け期間は2月19日から4月27日まで。

■横浜ゴム <5101>  2,642円  +97 円 (+3.8%)  本日終値
 横浜ゴム<5101>が3日続伸。午後1時ごろに発表した18年12月期連結業績予想で、売上高6700億円、営業利益630億円、純利益400億円を見込むと発表。今期からIFRS基準となることから前期との比較はないが、会社側では実質10.7%営業増益と予想しており、これを好感した買いが入った。引き続きタイヤ事業が堅調に推移する見通しのほか、MB(マルチプル・ビジネス)事業の伸長を見込む。また、16年に買収したオランダのタイヤ会社アライアンス・タイヤ・グループ(ATG)も貢献する見通しだ。なお、17年12月期決算(日本基準)は、売上高6680億4900万円(前期比12.1%増)、営業利益519億3300万円(同22.7%増)、純利益352億1700万円(同87.5%増)だった。

■ダイト <4577>  3,470円  +125 円 (+3.7%)  本日終値
 ダイト<4577>が続伸。前週末16日の取引終了後、メディカルシステムネットワーク<4350>子会社で、ダイトも20%を出資するフェルゼンファーマ(札幌市中央区)と業務提携し、医療用医薬品の供給を行うと発表しており、これを好材料視した買いが入った。フェルゼンファーマが2月15日付で後発医薬品6成分13品目の製造販売承認を取得したことから、業務提携に至ったという。なお、18年5月期業績への影響は軽微としている。

■三井不動産 <8801>  2,651.5円  +76.5 円 (+3.0%)  本日終値
 三井不動産<8801>、三菱地所<8802>、住友不動産<8830>など大手をはじめ不動産株が軒並み上昇。日銀による超低金利環境からの出口戦略に対する思惑がマーケットにはくすぶっていたが、そのムードに安倍政権が歯止めをかけるとの見方が強まってきた。4月8日に任期満了となる黒田日銀総裁が再任される可能性が高まっているほか、副総裁にはリフレ派の若田部氏や雨宮氏を充てる方針が伝わっており、緩和継続に前向きなアベノミクスの意向を株式市場も感じ取っている。有利子負債の大きい不動産セクターにとって現在の超低金利環境が続くことは強力な追い風材料となる。

■長瀬産業 <8012>  1,863円  +50 円 (+2.8%)  本日終値
 長瀬産業<8012>が3日続伸。同社はきょう、有機ELベンチャーのKyulux(福岡市)に5億円を出資したと発表。Kyuluxは、有機ELディスプレーの発光素子材料を開発・販売するベンチャーで、九州大学の安達千波矢教授が世界で初めて開発に成功した熱活性化遅延蛍光の基本原理特許の実施権を保有している企業。長瀬産業はKyuluxとの協働で、これまで有機ELディスプレーの弱点とされてきた「高コスト・低寿命・電力消費効率の悪さ」を改善し、有機ELディスプレー市場のさらなる拡大を目指すとしている。

株探ニュース

人気ニュース【ベスト5】(直近8時間)

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
ベスト30を見る

関連記事・情報

  1. 話題株ピックアップ【夕刊】(3):東宝、トヨタ、すかいらーく (02/19)
  2. 【↑】日経平均 大引け| 428円高・2万2000円台回復、円高一服で買い加速 (2月19日)
  3. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ バフェット“賢者の流儀”、急落を勝機に! (02/18)
  4. 大相場の足音――「パワー半導体関連」仕込み場のワケ <株探トップ特集> (02/17)
  5. 話題株ピックアップ【夕刊】(1):ラウンドワン、エイチーム、Vテク (02/19)

最新ニュース

TOP
告知
市況
材料
決算
テク
特集
経済
速報
注目
特報
通貨