ログイン
2018年5月20日 9時30分
市況

【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 近づく中小型株“6月高”の足音

「近づく中小型株“6月高”の足音」

●ラッセル2000高値更新の意味するもの

米国市場で主要指数の一つであるラッセル2000が過去最高を更新したのには考えさせられる。

ラッセル2000は、国内では知名度が高いとはいえない。しかし、米国ではかなり重要視されている。ラッセル指数には3種類があり、それらを見ていれば、米国市場の実体がほぼ分かるからだ。

ここで話の都合上、ラッセル指数がどんなものか簡単に説明しておくと、この3指数は、米国の資産運用コンサルタント会社、ラッセルインベストメントが1984年に開発したもので、「2000」の他に「3000」、「1000」がある。

基本は米国市場に上場されている銘柄のうち時価総額上位3000銘柄を指標化したラッセル3000。そして、そのうちの上位1000株で構成されているのがラッセル1000になる。

では、ラッセル2000はどの水準にある銘柄を指数化したものか。3000銘柄の中の時価総額1001位から3000位までになる。1001位から3000位なので、かなりの時価総額がありそうだが、実際は市場全体をカバーするラッセル3000の時価総額の10%程度を占める程度だ。

つまり、中小型株が多い。こういうことになり、現在、同指標が史上最高値を更新し続けている事実が意味するのは、米国では成長力のある中小型株が買われている――こうなる。

●注目すべき中小型株は?

背景にあるのは、好景気と法人減税。こう見てよく、東京市場でも同様の現象が見られてもよいのだが、残念ながらそうはなっていない。

中小型株が集まっているジャスダック市場も底値圏からなかなか脱出できず、足踏みを続けているのが実際だ。しかし、注目したいのは、ジャスダック指数のチャートは、いわゆる下値切り上げ型になっている点で、スピードは緩やかながら浮上に転じていていることは明らか。

これは「6月高」につながる展開と見てよい。

そこで、注目したいのはまずはジャスダック銘柄から、オーエムツーネットワーク <7614> [JQ]だ。S Foods <2292> の傘下にある食肉小売ながら、焼肉もステーキ店経営にも展開し、収益増を続けている。

いまは富裕層向けビジネスが好調だが、特に不動産投資関連商品の販売に強いレーサム <8890> [JQ]も高値圏ながら、目先押し目を見逃さないようにしたい。

中小型は新興市場だけにあるのではない。もちろん、東証1部にも多数ある。それらの中からインソース <6200> だ。企業などの人事部向けに講師派遣研修が好調であり、株価はただいま見直され中だ。

循環器系医療機器、得に不整脈対応カテーテルに強いディーブイエックス <3079> も、小反落を待ちたい銘柄の一つだ。

そして最後は、日本電子 <6951> だ。電子顕微鏡世界首位の実績・実力に加え、最近では半導体製造用描画装置の需要拡大もある。

2018年5月18日 記

株探ニュース

北浜流一郎

ズバリ株先見!
▶︎著者ページ一覧

関連記事・情報

  1. 【植木靖男の相場展望】 ─ 日本株の見直し進むか (05/20)
  2. 利益成長【青天井】銘柄リスト〔第3弾〕 32社選出 <成長株特集> (05/17)
  3. 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (5月18日現在)
  4. 今週の「妙味株」一本釣り! ─ ソウルドアウト (05/20)
  5. 5万円以下で買える、高利回り&低PBR「お宝候補」21社選出【東証1部】編 <割安株.. (05/18)
  6. 【今週読まれた記事】8週続伸、2万4000円への“通過点”か、中小型株物色か (05/19)
  7. 今週の【話題株ダイジェスト】 ALBERT、アルファP、リミックス (5月14日~18日)
  8. 富田隆弥の【CHART CLUB】 「高値を付けやすい時期」 (05/19)
  9. 有望市場「スマートホーム」、暮らしを豊かに変えるのは <株探トップ特集> (05/19)
  10. 来週の相場で注目すべき3つのポイント:米韓首脳会談、G20外相会合、ソニー中期.. (05/19)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (7月23日発表分) 注目
  2. 2
    ★本日の【サプライズ決算】速報 (07月23日) 注目
  3. 3
    「半導体製造装置」が急浮上、メモリー市況回復観測で戻り足加速<注目テーマ> 特集
  4. 4
    ハイテク株に「夏相場到来」の機運、半導体株上昇が示す反騰シナリオ <株探トップ特集> 特集
  5. 5
    明日の株式相場戦略=半導体関連に物色の矛先、潮流は発生するか 市況
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.