ログイン
2018年6月23日 10時00分
市況

富田隆弥の【CHART CLUB】 「日米チグハグ指数、サマーラリーか、バカンスか?」

◆米国では ナスダックが過去最高値を更新する一方で、 NYダウは8日続落(21日現在)。日本でも21日は日経平均株価が137円高と上昇する一方、 TOPIXは2.12ポイント安と下落した。このような指数のチグハグはあまり見たことがない。

◆米国の相場の中身を見ると一握りのIT関連、ハイテク株が上げ、金融株やオールドエコノミー株が冴えないことから、新時代を映したマーケットという論評も聞こえてくる。確かにフェイスブック、アマゾンドットコム、ネットフリックス、アップル、グーグルなどの株価動向は強い。だが、ナスダックのチャートは腰を大きく伸ばしており、「人気片寄ると裏目が…・」「木は天まで届かず」という格言が気になってくる。

◆日経平均は20日に2万2167円まで下落したが、200日移動平均線(2万1991円)や75日移動平均線(2万2085円)を割り込むことなく切り返し、21日は137円高の2万2693円引けとなり25日移動平均線(2万2612円)を抜いてきた。だが、TOPIXは19日(終値1743ポイント)に200日移動平均線と75日移動平均線を割り込み、21日現在その両線を抜けずにいる。

◆チグハグな日経平均とTOPIXだが、チャートはどちらも1月高値が君臨し、先月(5月21日)の戻り高値を抜けずにいる。日経平均は三角保ち合いを描くが、TOPIXは保ち合い下放れを示唆し、年初来安値銘柄が20日に347を数えるなどジワジワ値を崩す銘柄が増えている。こうなると相場全体の雰囲気はよろしくない。

◆日経平均をTOPIXで割ったNT倍率は21日に12.96倍に拡大、2000年以降の最高を更新した。これが縮小するには日経平均が下げるか、TOPIXが上げるかのどちらかとなる。年末などボーナス時期には日経平均が上昇してNT倍率も拡大する傾向にあり、この6月もボーナス資金獲得を目指した証券業界の演出だとすると、先行き日経平均が調整する可能性もあるだろう。

◆ドルインデックスはドル高傾向が続き、東南アジアや南米の新興国マーケットは株も為替もおぼつかない。米中貿易戦争を懸念して上海株は安値を割り込んでいる。NYダウは8日続落であるからそろそろ反発してもおかしくないが、1月高値(2万6616ドル)を残して調整基調が続くのならば下値不安も燻ぶり続ける。ナスダックや大手IT銘柄などの強い流れは注目されるが、テクニカル面の過熱信号をどこまでも無視することはできまい。

◆夏相場はまもなく7月。サマーラリーとなるのか、それともバカンス入りとなるのか、熱くならずに冷静な見極めが必要だろう。

(6月21日 記、毎週土曜日に更新)

情報提供:富田隆弥のチャートクラブ

株探ニュース

富田隆弥

CHART CLUB
▶︎著者ページ一覧

関連記事・情報

  1. 【今週読まれた記事】物色意欲強い個別銘柄“最強の選択肢”は (06/23)
  2. 中村潤一の相場スクランブル 「トランプ乱気流、個別株“最強の選択肢”は」 (06/20)
  3. 上方修正“先回り”【業績上振れ】候補 17社選出 <成長株特集> (06/21)
  4. 徹底分析メルカリ――すべてのカギは米国にあり、命運握る“フェイスブックから来た.. (06/23)
  5. 今週の【話題株ダイジェスト】 駅探、KeyH、ライドオンE (6月18日~22日)
  6. 来週の株式相場見通し=貿易摩擦懸念し下値模索、米中の対応姿勢を注視 (06/22)
  7. 今週の【早わかり株式市況】 3週ぶり反落、米中貿易摩擦激化を警戒 (06/23)
  8. 10万円以下で買える、3期連続増益&低PBR「お宝候補」28社【東証1部】編 <割安.. (06/22)
  9. まだ間に合う、6月配当【高利回り】ベスト30 <割安株特集> (06/21)
  10. “J-Startup”企業に注目、世界で勝てる銘柄を追え <株探トップ特集> (06/20)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (7月16日記) 市況
  2. 2
    今朝の注目ニュース! ★テラスカイ、レイ、uprなどに注目! 注目
  3. 3
    AI&IoT“知の融合”、「覚醒する新世紀材料株」精選7銘柄 <株探トップ特集> 特集
  4. 4
    話題株ピックアップ【昼刊】:そーせい、ロゼッタ、クリレスHD 注目
  5. 5
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (7月12日発表分) 注目
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.