ログイン
2018年8月26日 9時15分
市況

【植木靖男の相場展望】 ─ 陰極まれば陽に転じる!

「陰極まれば陽に転じる!」

●9月は強気相場に?

東京市場は、潮目の変化を明確にみせ始めてきたようだ。週末現在、日経平均株価は小幅ながら7月中旬以来の4日連続高をみせている。

米中貿易摩擦やトランプ大統領のロシア疑惑など市況環境はあまりよくない。

加えてアルゼンチン、ベネズエラ、南アフリカなど新興国の金融悪化も続いている。

理屈でいえば、まだ買える段階ではない。実際、日々の空売り比率は40~45%の高水準が続いている。

では、なぜ潮目に変化がみえてきたのか。理由はふたつある。

ひとつは、8月17日以降、売買代金が連日2兆円を下回っている。年初来これほど連日2兆円を下回ったことはない。

これはまさに陰の極といえよう。昔から“陰極まれば陽に転じる”という格言がある。まもなく夜明けを迎えるという暗示だ。ちなみに昨年12月大納会にかけて5日連続して2兆円を下回った。ところが、株価は翌年に入り急騰したことは記憶に新しい。

もうひとつの理由は、年初来の値動きが文字通りデジャヴュ(既視感)なのだ。

振り返ると、それは2013年5月の天井から年末までの日経平均の値動きだ。5月に1万5942円の高値をつけたあと6月に1万2415円の底値をつけた。

その後、1万5000円回復に3回挑戦したが失敗。4回目に突破して上昇気流に乗った。今回も同じように2万3000円挑戦に3回失敗。いま4回目のチャンスが巡ってきたとみている。

いずれにしても、9月相場は存外の強気相場になることを期待している。

●米国株に追随、目先は高成長株か?

ところで、全体市況が潮目の変化を迎えつつあることにつれて、物色の流れにも変化が感じられる。

では、どう変化するのであろうか。

振り返れば、昨年11月~本年1月にかけ主力のハイテク株が天井をつけて外需株は総崩れ、代わってインバウンド関連など内需株が主役となった。だが、こうした内需株もすでに凋落への途を歩み始めている。

だとすると、今後の主役は何になるのか。

いうまでもなく、日本株は米国株に追随するのが常。では、米国株は今後どう動くのか。NYダウ平均は史上最高値から12%下げる一方、 NASDAQは僅か4%しか下げていない。つまり今後、新値を取るのはNASDAQといえる。

もしそうだとすると、FANG株(フェイスブック、アマゾン、ネットフリックス、グーグル=アルファベット)など高成長株が再び脚光を浴びる可能性が高い。

目先的には日本市場も同じだろう。

もっとも、もう少し先をみれば、この1年相場がなかった新たなジャンルから主役が飛び出す公算もあろう。

今回は目先的な銘柄として、AI(人工知能)EC(電子商取引)関連のシステムインテグレータ <3826> 、人材派遣好調のパーソルホールディングス <2181> 、PER10倍・大幅増益の日本電子材料 <6855> などに注目したい。

2018年8月24日 記

株探ニュース

植木靖男

相場展望
▶︎著者ページ一覧

関連記事・情報

  1. 武者陵司 「貿易戦争中間総括、米国隆盛、中国退潮の潮目に」(前編) (08/23)
  2. 上方修正“先回り”、18年9月上期【業績上振れ】候補 〔第1弾〕 <成長株特集> (08/26)
  3. 5万円以下で買える、4-6月期大幅増益「お宝候補」13社 【2部・新興】編 <割安.. (08/26)
  4. ごみ輸出に「NO」、中国ごみ受け入れ停止で“資源リサイクル関連株”に転機 <.. (08/25)
  5. 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (8月24日現在)
  6. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 逆説の北浜投資! 市場に棲む天邪鬼を逆手.. (08/26)
  7. すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 www9945さんの場合 - 2 (08/24)
  8. 4-6月期【利益倍増】企業はこれだ!増益率ベスト30〔第3弾〕 <成長株特集> (08/23)
  9. 「電気自動車充電器」が6位に浮上、EV用急速充電池を日中で共同開発へ<注目.. (08/23)
  10. 「サイバーセキュリティ」関連のテーマ性再燃へ、国家安全保障の観点で注目.. (08/21)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    今週の【話題株ダイジェスト】コロプラ、ウインテスト、プロルート (9月17日~20日) 注目
  2. 2
    来週の相場で注目すべき3つのポイント:日米首脳会談、配当優待権利付最終日、ドラギECB総裁講演 市況
  3. 3
    西松屋チェ、今期経常を23%下方修正 決算
  4. 4
    気象、いまそこにある投資機会 「ウェザーテック株」フロンティアを行く <株探トップ特集> 特集
  5. 5
    すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 とりでみなみさんの場合-最終回 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.