ログイン
2018年10月26日 17時29分
市況

来週の株式相場見通し=“調整一巡感”出ず戻りは限定的、米・中株式市場依存で波乱継続

来週(10月29日~11月2日)の東京株式市場は、10月になってから日経平均株価が約3000円も急落したことへの反動は予想されるものの、日々の値動きや売買代金の推移などから判断して“調整一巡感”が鮮明となっていないことから、戻りを試す動きは限定的となりそうだ。

いよいよ4~9月期決算や19年3月期通期業績見通しの発表が本格化する。ここまでの急落に伴う損失や含み益の大幅な減少などにより、投資家の買い余力が大きく後退するなか、好内容銘柄を買い進む動きは限定的で、むしろ下方修正銘柄への反応が敏感となりそうだ。来週の日経平均の想定レンジは、2万500~2万1700円とする。

市場関係者からは「日本株が上昇に転じる条件としては、米景気の好調持続とNYダウ平均株価の下げ止まり、さらに中国景気減速懸念の払拭がある。どちらも一筋縄ではいかないが、11月6日の米中間選挙投開票の終了が、新たな段階へと動き出す分岐点の一つとなることは確かなようだ。従って、それまでは米・中両国の株価変動の影響を受けながらの波乱展開が続きそうだ」との見方が出ていた。

日程面では、日印首脳会談、9月の商業販売統計(29日)、9月の失業率・有効求人倍率(30日)、日銀金融政策決定会合(30~31日)、黒田日銀総裁会見、9月の鉱工業生産指数、10月の消費動向調査(31日)、10月の新車販売台数(1日)、10月のマネタリーベース、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の7~9月期運用報告(2日)に注目。

海外では、米9月の個人所得・個人支出(29日)、米10月のCB消費者信頼感指数、ユーロ圏7~9月期のGDP(30日)、中国10月の製造業PMI、米10月のADP雇用統計(31日)、英国が金融政策発表、米10月のISM製造業景況指数(1日)、米10月の雇用統計、米9月の貿易統計(2日)が焦点となる。(冨田康夫)

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

関連記事・情報

  1. 暴落の連鎖――止まらない世界株安は“終わりの始まり”なのか <株探トップ.. (10/25)
  2. 富田隆弥の【CHART CLUB】 「目先反転も、乱高下続く」 (10/27)
  3. 【今週読まれた記事】長期上昇相場の行方は? ガイダンスリスクを意識 (10/27)
  4. 今週の【早わかり株式市況】1347円安・8ヵ月半ぶり下げ幅、世界景気減速への懸.. (10/27)
  5. 今週の【話題株ダイジェスト】 シリコンスタ、LIFULL、ベリサーブ (10月22日~26日)
  6. 高成長企業を追う! 7-9月期【増収増益】リスト <成長株特集> 10月26日版
  7. ★本日の【サプライズ決算】続報 (10月26日)
  8. 中国当局の強い姿勢は日本株にも支援材料、SMBC日興証券(花田浩菜) (10/25)
  9. 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 10月24日版
  10. 10万円以下で買える、3期連続増益&低PBR「お宝候補」27社【東証1部】編 <割安.. (10/26)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (10月27日発表分) 注目
  2. 2
    ★本日の【サプライズ決算】続報 (10月27日) 注目
  3. 3
    収益回復に期待高まる、7-9月期【増収増益】リスト <成長株特集> 10月27日版 特集
  4. 4
    ★本日の【イチオシ決算】 エムケー精工、マクアケ、新光電工 (10月27日) 注目
  5. 5
    2倍株ハンターの『株探』活用術 & コロナ禍で成功した割安大型&優待イベント狙い 特集
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.