ログイン
2018年11月18日 9時15分
市況

【植木靖男の相場展望】 ─ 師走相場は反転上昇へ

「師走相場は反転上昇へ」

●下値抵抗力をみせる東京市場

東京市場は、10月ほぼ1ヵ月間急落、10月29日に2万1149円(終値ベース)をもって安値をつけ、反転上昇となり、2万3000円に向けて中間反騰への期待を強めたが、その途次で期待が裏切られ、再び下げ基調となっている。

確かに、市場環境を見ると警戒材料が多発、暗く厚い雲が市場を覆っている。米中貿易摩擦、欧州でのイタリア財政問題、米欧間の政治リスク、中東での覇権争い、中国景気の減速もある。一方、米国内では市場で米国一強を支えたアップル、アマゾン株が崩れた。国内でも、米中貿易摩擦の影響が早くも企業収益に顕在化しつつある。また、最近の世界的な政治リスクの拡大は、これらを評して「第一次世界大戦後の情勢に酷似しており、いずれ第三次世界大戦が勃発するのではないか」といった不気味な予言さえ聞こえる。では、株価は年内に、もはや上昇することはないのであろうか。

だが、冷静に11月相場を振り返ると、まず気づくのは11月以降、概ね鯨幕相場(陽線、陰線が交互に表れる)が続いていることだ。これは一本調子の下げとならず、下値抵抗力がある証左である。NYダウ平均が14日まで4日連続安をみせていただけに注目されよう。

おそらく、これは需給によるものであろう。これまで大きく売り越してきた海外筋が11月第1週に先物、現物で3700億円も買い越したことに表れているようだ。

●買い方“最後の好機”か?

では、今後どう展開するとみればよいのか。テクニカル的に見ると、2007年のパターンに酷似していることに注目したい。結論からいえば、11月第4週が正念場とみてよさそうだ。おそらく、下値を確認したあと12月は反転上昇すると期待している。

ただし、条件として10月29日安値の2万1149円を下回らないこと。

上昇の押し上げ要因は、月末のアルゼンチンで開かれる米中首脳会談か。双方、歩み寄るとみている。米中とも、すでに疲弊困憊しているとみるからだ。

2007年の時も、下げたあと1ヵ月ほどの中間反騰をみせている。それも下げの80%も戻している。来る師走相場は、買い方にとって最後の好機となるのではないだろうか。

では、どのような銘柄群が上昇に向かうのか。いうまでもなく戻り相場であるから、今年最後まで大きく騰げたハイテク株とみている。もちろん、アップル、アマゾン株が反発することが条件となろう。

当面の物色銘柄はなにか。株価の下落に平行して注目銘柄が減っていくのは寂しい限りだが、レンゴー <3941> などは妙味がありそうだ。アマゾンなどのネット通販向けの段ボールが伸びている。原料の古紙の価格上昇は値上げで対処し、今3月期の営業利益は34%増予想だ。PER15倍は割安だろう。会社筋は、業績がよいのに株価が上昇しないのはなぜか、と嘆いているという。注目したい。

もうひとつは、低金利が重くのしかかって株価が騰がらない三菱UFJフィナンシャル・グループ <8306> 。株価対策ともいえる、年配当2円上積みの22円を予定。加えて、年内に上限1000億円とする自社株買いを発表した。株価に対する危機感の表れとみてよいだろう。

2018年11月16日 記

株探ニュース

植木靖男

相場展望
▶︎著者ページ一覧

関連記事・情報

  1. 18年7-9月期【利益倍増】企業はこれだ!〔第1弾〕 27社選出 <成長株特集> (11/18)
  2. 利益成長【青天井】銘柄リスト〔第3弾〕 26社選出 <成長株特集> (11/15)
  3. 到来「仕掛け」絶好機、決算通過で急騰秒読み“小型株最強選抜”10銘柄 <株探.. (11/17)
  4. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 狙うべきは“年末需要”の恩恵銘柄! (11/18)
  5. すご腕投資家、土志田剛志さんに聞く「銘柄選び」の技 ― 約10年で資産は30億円に ―
  6. 急落でも慌てない! 押し目狙いの見分け方 (11/14)
  7. 富田隆弥の【CHART CLUB】 「反転を探る可能性も」 (11/17)
  8. 来週の相場で注目すべき3つのポイント:クリスマス商戦、BIE総会、欧州政治不安 (11/17)
  9. 今週の【話題株ダイジェスト】 国際チャート、マイネット、バリューデザ (11月12日~16日)
  10. 【今週読まれた記事】好実態“リベンジモード”の中小型株に注目 (11/17)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (6月20日発表分) 注目
  2. 2
    最高益【大復活】銘柄リスト 26社選出 <成長株特集> 特集
  3. 3
    まだ間に合う、6月配当【高利回り】ベスト30 <割安株特集> 特集
  4. 4
    「高齢ドライバー事故対策」、走り出した関連株を追え <株探トップ特集> 特集
  5. 5
    明日の株式相場見通し=続伸か、リスク選好モードのスイッチ入る 市況
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.