ログイン
2018年11月19日 11時39分
経済

年末商戦に期待、SMBC日興証券(花田浩菜)

こんにちは、フィスコリサーチレポーター花田浩菜の「SMBC日興証券の気になるレポート」です。

11/19付の「DailyOutlook」では、 年末商戦について考察しているのでご紹介します。

まず同レポートでは、『今週末のブラックフライデー辺りから米国では年末商戦がスタートする』と伝えています。

続けて、11月15日に発表された10月の米小売売上高では前月比0.8%増と事前予想を上回り、前月の落ち込みから大幅に持ち直すなど、米年末商戦に期待が持てることを挙げ、『中国では11月11日の「独身の日」にアリババが約3.5兆円と過去最高販売額を記録。大いに盛り上がり、米中貿易摩擦で中国経済に対する懸念がある中、中国の消費者心理が底堅いことを示した。この独身の日では日本からの輸入品が人気となっており、米年末商戦においても日本企業の存在感は強く、物色対象として注目が集まりそうだ』と分析しています。

さらに、『日本の年末商戦においても同様か。9月の毎月勤労統計調査(速報)では現金給与総額が14ヵ月連続で増加、9月の小売販売額(速報値)は前月比0.2%減と台風や地震の影響を考えれば消費の基調は底堅いと言えそうだ。10月の景気ウオッチャー調査では、国内ガソリン価格上昇を懸念するも、足元で原油価格は急落。また、12月から次世代の映像規格4K・8Kの衛星放送開始でテレビの販売拡大に期待が寄せられているようだ。年末商戦の盛り上りが、マーケットでは年末高という習性の追い風になると期待される』とまとめています。

最後にレポートでは、『今週の主なスケジュール』を紹介しています。詳しくは11/19付の「DailyOutlook」をご覧になってみてください。

また、面白いレポートを発見したらご紹介しますね。

花田浩菜の「気になるレポート」は各種レポートを花田浩菜の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートを御確認くださいませ。

フィスコリサーチレポーター花田浩菜

《ST》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 到来「仕掛け」絶好機、決算通過で急騰秒読み“小型株最強選抜”10銘柄 <株探.. (11/17)
  2. 18年7-9月期【利益倍増】企業はこれだ!〔第1弾〕 27社選出 <成長株特集> (11/18)
  3. 【年末商戦】関連の銘柄一覧
  4. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 狙うべきは“年末需要”の恩恵銘柄! (11/18)
  5. 【植木靖男の相場展望】 ─ 師走相場は反転上昇へ (11/18)
  6. 急落でも慌てない! 押し目狙いの見分け方 (11/14)
  7. すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 土志田剛志さんの場合-2 (11/09)
  8. 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (11月16日現在)
  9. 5万円以下で買える、4-9月期増収増益「お宝候補」21社 【2部・新興】編 <割安.. (11/18)
  10. 利益成長【青天井】銘柄リスト〔第3弾〕 26社選出 <成長株特集> (11/15)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (6月14日発表分) 注目
  2. 2
    材料難の中で輝く、2-4月期【好決算】リスト 35社選出 <成長株特集> 特集
  3. 3
    【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 上値抵抗2万1500円突破を目指す! 市況
  4. 4
    6月に配当取りを狙える【高利回り】ベスト30 <割安株特集> 特集
  5. 5
    【植木靖男の相場展望】 ─ チキンレースを勝ち抜け 市況
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.