ログイン
2018年12月12日 12時42分
市況

後場に注目すべき3つのポイント~米中対立懸念がひとまず和らぐが

12日の後場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

・日経平均は3日ぶり大幅反発、米中対立懸念がひとまず和らぐが

・ドル・円は小じっかり、日本株高で円売り基調

・値上がり寄与トップはファーストリテ<9983>、同2位はソフトバンクG<9984>

■日経平均は3日ぶり大幅反発、米中対立懸念がひとまず和らぐが

日経平均は3日ぶり大幅反発。398.41円高の21546.43円(出来高概算6億9000万株)で前場の取引を終えている。

11日の米株式市場でNYダウは53ドル安と反落。トランプ大統領がメキシコ国境の壁建設に関する予算確保を巡り政府機関閉鎖も辞さない構えを示したため、政権運営への懸念が広がった。一方でハイテク株比率の高いナスダック総合指数は続伸。米11月生産者物価指数(PPI)の予想上振れなどから円相場は1ドル=113円台半ばまで下落しており、本日の日経平均は反発期待の買いが先行して200円高からスタートした。また、中国が米国からの輸入車に対する関税引き下げを検討しているとの報道や、カナダの裁判所が中国・華為技術(ファーウェイ)幹部の保釈を認めたとの報道が伝わったことから米中対立への懸念が和らぎ、前場の日経平均は21571.76円(423.74円高)まで上昇する場面があった。

個別では、東京電力HD<9501>が6%超、昭電工<4004>が5%超の上昇。東京電力HDなどの電力株は原油価格の下落を受けて買い戻しが入ったとの観測が聞かれた。昭電工は前日の取引時間中に新中期経営計画や増配、自社株買いの実施を発表している。ソニー<6758>や村田製<6981>、キーエンス<6861>といったハイテク株も上げが目立つ。その他売買代金上位はソフトバンクG<9984>、武田薬<4502>、トヨタ自<7203>など全般堅調。また、欧州企業との合弁解消を発表したUACJ<5741>などが東証1部上昇率上位に顔を出した。一方、任天堂<7974>、NTT<9432>、花王<4452>は小安い。ユニファミマ<8028>は利益確定売りがかさみ8%超下落し、レーティング引き下げ観測のLIXIL G<5938>も6%超下げて東証1部下落率上位に顔を出した。セクターでは、全33業種がプラスとなり、精密機器、証券、電気機器、機械、電気・ガス業が上昇率上位だった。

ファーウェイ幹部の逮捕や米政府高官の強硬発言を受けて高まっていた米中対立への懸念がひとまず和らぎ、日経平均は節目の21000円手前から大きく反発した。日足チャートでは足元の調整局面で上値抵抗となっていた5日移動平均線を上抜け、短期筋による買い戻しを誘いそうだ。また、前場に21500円台を回復したことで週末に控えるSQ(先物・オプション特別清算指数)算出に絡んだ買いが入ってくることも想定され、日経平均は一段高となる場面も出てくる可能性がある。

とはいえ、米国では一部連邦予算の期限切れが今月21日に迫るなか、野党・民主党と激しく対立するトランプ氏の政権運営への警戒感が広がりつつある。米中の貿易交渉や英国の欧州連合(EU)離脱を巡る交渉の行方などもなお不透明感が強い。日経平均が本格的なリバウンドに転じるか判断するには時期尚早とみられ、短期的な戻りと割り切って取り組むのが無難と言えそうだ。

■ドル・円は小じっかり、日本株高で円売り基調

12日午前の東京市場でドル・円は小じっかり。日本株の大幅高を受け円売り基調が鮮明となり、ドルは113円半ばに値を上げた。

ドル・円は、日経平均株価の上昇を手がかりにリスク選好的な円売りが強まり、113円30銭台から上昇基調が続く。また、欧米株式先物のプラス圏で推移し、ドルの上昇を支援しているもよう。

ランチタイムの日経平均先物は大幅高に振れ、日本株高継続を見込んだ円売りに振れやすい。一方で、ユーロ・ドルが持ち直しており、ドルをやや下押し。また、上海総合指数の不安定な値動きも警戒される。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は113円31銭から113円52銭、ユーロ・円は128円25銭から128円63銭、ユーロ・ドルは1.1312ドルから1.1334ドルで推移した。

■後場のチェック銘柄

・アイ・ピー・エス<4335>やビットワングループ<2338>など、5銘柄がストップ高

※一時ストップ高・安(気配値)を含みます

・値上がり寄与トップはファーストリテ<9983>、同2位はソフトバンクG<9984>

■経済指標・要人発言

【要人発言】

・トランプ米大統領

「来週開催の連邦公開市場委員会(FOMC)で利上げ決定ならばかげている」

「貿易問題で必要なら習近平・中国国家主席と会談する」

【経済指標】

・日・11月企業物価指数:前年比+2.3%(予想:+2.4%、10月:+2.9%)

・日・10月機械受注(船舶・電力を除く民需):前月比+7.6%(予想:+9.7%、9月:-18.3%)

<国内>

・13:30 10月第3次産業活動指数(前月比予想:+0.8%、9月:-1.1%)

<海外>

特になし

《HH》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 株探★無料会員向け【お気に入り銘柄】登録機能をリリース! (11/20)
  2. アナリスト推奨の裏をかいてリターンを生む方法 (12/12)
  3. 伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (12月12日記)
  4. 話題株ピックアップ【昼刊】:サインポスト、HIS、博報堂DY (12/12)
  5. 本日の【ストップ高/ストップ安】 前場  S高= 5 銘柄  S安= 0 銘柄 (12月12日)
  6. 軟調地合いに負けない好チャート株勢ぞろい、「好業績&割安」で今を逃すな.. (12/11)
  7. 利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第2弾 30社選出 <成長株特集> (12/09)
  8. ソフトバンク効果で“鉄壁テーマ”急浮上! 狙え「配当利回り5%」銘柄<株探.. (12/08)
  9. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 米中摩擦に想定外の火種、揺れる市場の行方.. (12/09)
  10. 【杉村富生の短期相場観測】 ─ 波乱相場での投資家の生きる道とは…? (12/09)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    今朝の注目ニュース! ★アクセルM、ユーザベース、ラ・アトレなどに注目! 注目
  2. 2
    奔り出す再編思惑、「親子上場解消」で急騰する株を追え <株探トップ特集> 特集
  3. 3
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (12月5日発表分) 注目
  4. 4
    上方修正“先回り”、20年3月期【業績上振れ】候補 〔第2弾〕 <成長株特集> 特集
  5. 5
    ★本日の【サプライズ決算】速報 (12月05日) 注目
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.