ログイン
2018年12月9日 9時30分
市況

【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 米中摩擦に想定外の火種、揺れる市場の行方は?

「米中摩擦に想定外の火種、揺れる市場の行方は?」

●中国には不都合な米英加のトライアングル

思わず、「いや~、いろいろ起きるものだなあ」と呟きたくなってしまう。

米中貿易戦争や米国の長短金利の逆転などは、ある程度、予想可能ではあるものの、中国通信大手、華為技術(ファーウェイ)の副会長兼最高財務責任者(CFO)の逮捕は、どんなに感覚を研ぎ澄ませていようが予測不可能だ。

もちろん株式市場では、ある日突然、思いがけないことが起きることは覚悟している。しかし、実際にそれが起きてみると、当然「想定外」のことなので、対応は難しいというより、不可能というほかない。

逮捕理由が明確ならまだ対応のしようもある。しかし、肝心のそれがよく分からないのだ。イランとの不法取引の疑いのようだが、それが事実なら逮捕されて当然であろう。米国はイランとの交易を禁じているからだ。

市場はこの点を軽視し、米中対立が激化すると見ているわけだが、華為技術(ファーウェイ)に対する疑念を米国当局に報告したのが英国の金融大手HSBCだということなので、中国も正面切って米国に猛抗議するわけにいかなくなると見てよい。

つまり、今回のことは、不正取引を報告したのが英国の金融大手、逮捕したのがカナダ、身柄の引き渡しを要求しているのが米国。こういう図式になり、さすがに中国も事をこれ以上大きくするわけにいかず、穏便に済まそうとすると考えられる。

●神経質な地合いながら、押し目狙える銘柄も

そのため、株式市場への影響も次第に薄らいでいくと見てよく、ここは少なくともジタバタと売買はしないようにしたい。

中国は先日の米中首脳会談で、米国から90日の猶予を与えられたことについて「米国の了解を得られるよう努める」と公約しているのだ。市場はもちろんそれに疑念を抱いているわけだが、私にいわせると、ここは目先に神経質になり過ぎだ。

ここのところの個別銘柄の値動きを見ると、日経平均株価ほど下げていない銘柄が多数あるのだ。それらがいまは適度な押しを入れた格好になっており、当然それらに投資すればよい。

そこで、具体的にはまずはパーク24 <4666> がある。駐車場ビジネスが好調な上に、カーシェアビジネスが拡大中であり、株価は底値から反発の兆しを見せたものの、すぐに失速した。上がり切ってしまわないうちにシフトしておきたい。

測量GPS関連機器に強いことで知られるトプコン <7732> も反発後、反落という形になっているため投資有利と見る。

高値から反落した銘柄の中にも魅力的な銘柄はあり、セントラル警備保障 <9740> もそんな銘柄の一つになる。来年6月、G20が大阪で開催される。その 警備を引き受けることになると見てよく、株も期待が持てる。

毎度お馴染みの銘柄では、ブレインパッド <3655> とMonotaRO <3064> 、キッコーマン <2801> の浅い押し目を見逃さないようにしたい。

2018年12月7日 記

株探ニュース

北浜流一郎

ズバリ株先見!
▶︎著者ページ一覧

関連記事・情報

  1. 【杉村富生の短期相場観測】 ─ 波乱相場での投資家の生きる道とは…? (12/09)
  2. ソフトバンク効果で“鉄壁テーマ”急浮上! 狙え「配当利回り5%」銘柄<株探.. (12/08)
  3. 今週の「妙味株」一本釣り! ─ ニッパンR (12/09)
  4. すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 土志田剛志さんの場合-最終回 (12/04)
  5. 10万円以下で買える、3期連続増益&低PER「お宝候補」25社【東証1部】編 <割安.. (12/07)
  6. 利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第1弾 27社選出 <成長株特集> (12/06)
  7. 【今週読まれた記事】“テクニカル分析”活用で気迷い相場を攻略 (12/08)
  8. 今週の【話題株ダイジェスト】 タカギセイコ、ソフィア、秋川牧園 (12月3日~7日)
  9. 富田隆弥の【CHART CLUB】 下値ポイントを押さえ機敏に対応 (12/08)
  10. 来週の相場で注目すべき3つのポイント:米中貿易摩擦動向、11日英国議会、14日.. (12/08)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (6月26日発表分) 注目
  2. 2
    明日の株式相場戦略=半導体周辺の主力株と中小型株の動きに注目 市況
  3. 3
    ★本日の【サプライズ決算】速報 (06月26日) 注目
  4. 4
    話題株ピックアップ【夕刊】(1):LIXILグ、高島屋、東エレク 注目
  5. 5
    逆転の発想、究極のエコ「CO2資源化」関連が“株高”生成へ <株探トップ特集> 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.