ログイン
2018年12月13日 12時38分
市況

後場に注目すべき3つのポイント~米中協議の進展を意識した買い戻し続く

13日の後場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

・日経平均は続伸、米中協議の進展を意識した買い戻し続く

・ドル・円は小じっかり、米中関係改善への期待で円売り継続

・値上がり寄与トップはファーストリテ<9983>、同2位はユニファミマ<8028>

■日経平均は続伸、米中協議の進展を意識した買い戻し続く

日経平均は続伸。214.87円高の21817.62円(出来高概算6億2113万株)で前場の取引を終えた。前日の米国市場では、中国による米国産大豆など農産物の輸入拡大やハイテク産業政策の見直し検討が伝わったことで米中協議の進展が意識されたなか、中国通信機器メーカーである華為技術(ファーウェイ)幹部の釈放も好感され、堅調な動きとなった。シカゴ日経225先物清算値は大阪比15円安の21645円となり、東京市場には朝方から買いが先行した。堅調なアジア市場の動きを受けて、日経平均の上げ幅は200を超える格好になった。

東証1部の値上がり銘柄数は1600銘柄を超えており、全体の76%超に達している。指数インパクトの大きいところでは、ファーストリテ<9983>やユニファミマ<8028>などが上昇し、2銘柄で日経平均約66円分の押し上げ要因となった。セクターでは、海運業や石油石炭製品、鉄鋼等の上昇が目立つ一方で、水産・農林業や電気・ガス業はさえない。

ソフトバンク<9434>上場に伴う換金売り圧力が概ね一巡したなか、中国のハイテク産業政策の見直し検討といった譲歩策を受け、市場にも米中協議の進展が意識されつつある。これにより、中国株をはじめとしたアジア市場も寄付から上げ幅を拡大しており、短期筋による225先物買いもみられている。前回の9月限から日経平均は年初来高値24270円台を付けた後に約1ヶ月で21000円を割り込むといった動きをみせたことからも波乱が予想される先物オプション特別清算指数算出(メジャーSQ)と12月日銀短観の発表といったイベントを明日に控えているものの、オプション権利行使価格が切上がるなかでSQ値が一段と切上がる動きも意識されてくる。

個別では、欧州関連銘柄の動きに注目しておきたい。直近では、イタリアのコンテ首相が来年の財政赤字目標を国内総生産(GDP)の2.04%とする譲歩案を欧州委員会側に意向に沿う提出したと明らかにした。そのほか、ドイツ政府がドイツ銀行の再建強化策の検討や、英与党保守党の下院議員による信任投票でメイ首相が信任されたことが明らかになったことで欧州株価は買い戻しの動きに。これに伴い、日経VIや米VIX指数といった世界各国の恐怖指数が警戒領域である20を超えた水準で推移するなか、欧州VSTOXX指数は19.73(前日比6.48%減)と急低下をみせている。足元で戻り基調であるマツダ<7261>などの欧州関連銘柄には支援材料として意識されよう。

■ドル・円は小じっかり、米中関係改善への期待で円売り継続

13日午前の東京市場でドル・円は小じっかり。米中関係改善への期待感からリスク選好的な株買い・円売り基調が鮮明となった。

ドル・円は、米中貿易摩擦の解消に向けた動きや英政局混迷の回避などが好感され、日経平均株価は前日比100円超高の堅調地合いに振れた。それを受け、クロス円は円売りに振れており、ドル・円を113円半ばに押し上げた。

ランチタイムの日経平均先物は堅調地合いとなり、日本株高継続を見込んだ円売りが続く。一方、米10年債利回りは2.91%台に持ち直しており、ドル買いも観測されている。ただ、113円半ばは売り圧力も観測され、目先は上値が重くなりそうだ

ここまでの取引レンジは、ドル・円は113円21銭から113円49銭、ユーロ・円は128円72銭から129円02銭、ユーロ・ドルは1.1368ドルから1.1377ドルで推移した。

■後場のチェック銘柄

・テックポイント<6697>やファーマフーズ<2929>など、5銘柄がストップ高

※一時ストップ高・安(気配値)を含みます

・値上がり寄与トップはファーストリテ<9983>、同2位はユニファミマ<8028>

■経済指標・要人発言

【要人発言】

・コービン英労働党党首

「政権は混乱状態。欧州連合(EU)離脱案をまとめることもできない」

「メイ首相はEUと必要な修正点で折り合いがついていない」

<国内>

特になし

<海外>

・16:00 独・11月消費者物価指数改定値(前年比予想:+2.3%、速報値:+2.3%)

・EU首脳会議(14日まで)

《HH》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (12月13日記)
  2. 国内大手証券、株式市場は強気で考えるべき (12/13)
  3. 話題株ピックアップ【昼刊】:東京個別、オロ、郵船 (12/13)
  4. 本日の【ストップ高/ストップ安】 前場  S高= 6 銘柄  S安= 1 銘柄 (12月13日)
  5. 大川智宏の「アナリスト推奨の裏をかいてリターンを生む方法」 (12/12)
  6. “追い風再び”「ドローン関連株」高速浮上へ、話題の有力IPO登場も刺激材料に.. (12/12)
  7. 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 12月12日版
  8. ソフトバンク効果で“鉄壁テーマ”急浮上! 狙え「配当利回り5%」銘柄<株探.. (12/08)
  9. 軟調地合いに負けない好チャート株勢ぞろい、「好業績&割安」で今を逃すな.. (12/11)
  10. 利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第2弾 30社選出 <成長株特集> (12/09)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (8月19日発表分) 注目
  2. 2
    輝き放つ「電子カルテ関連」、大相場へと動き出した“有望銘柄のリスト” <株探トップ特集> 特集
  3. 3
    話題株ピックアップ【夕刊】(1):KLab、ジーエヌアイ、JXTG 注目
  4. 4
    ★本日の【サプライズ決算】速報 (08月19日) 注目
  5. 5
    明日の株式相場戦略=“逆アベノミクス”のリスクと向き合う 市況
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.