ログイン
2018年12月25日 19時15分
特集

佐藤正和氏【崩落相場へ突入か? 日経平均1000円安の先】(2) <相場観特集>

―2万円大台割れで下げ加速局面に、ここからの展望は―

週明け25日の東京株式市場は一気に下げが加速、日経平均株価は1000円を超える下落となり2万円大台はおろか、1万9000円台割れも視野に入れる暴落となった。米国株市場では世界景気の減速懸念に加え、トランプ米大統領による政権運営の先行きに対する不安も浮上、弱気相場入りの様相を強めている。為替が急速にドル安・円高に振れていることもあって日本株への逆風はこれまでになく強い。2019年相場に向け、投資家はどういうスタンスで臨めばいいのか、先読みに定評のあるベテラン市場関係者の意見を聞いた。

●「トランプ政権への不安感高まる、1ドル109円台の円高進行も」

佐藤正和氏(外為オンライン シニアアナリスト)

年初1月のドル円相場はドル安・円高の進行を予想している。1ドル=112~114円のレンジ相場が続いたが、年末に入り円高方向に一気に振れてきた。この動きは、なお続くとみている。

NYダウなど株価の下落が止まらないことが、ドル安・円高の背景となっている。この要因のひとつにはトランプ政権への不安感がある。米政府機関の閉鎖やマティス国防長官の辞任、米中貿易摩擦への警戒感など不安感は強まっている。

また、12月の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、期待したほど利上げに慎重なハト派姿勢がみられなかったことが嫌気された。

今後は来月4日に発表される12月米雇用統計やFOMC(29~30日)などが注目されよう。市場は、米連邦準備制度理事会(FRB)が、利上げ打ち止めを表明することを求める”催促相場”に入りつつあるとみている。

また、英国は1月21日までに欧州連合(EU)からの離脱に向け議会承認を得る必要があり、今後の展開も注目される。

この先1ヵ月程度のドル円のレンジは109円00~112円00銭を見込んでいる。トレンドはドル安・円高だろう。

ユーロ・ドルは1ユーロ=1.12~1.15ドルを見込む。ドル安が進むなかユーロは堅調に推移しそうだ。対円では1ユーロ=123円00~128円00銭を予想する。トレンドはユーロ安・円高をみている。

(聞き手・岡里英幸)

<プロフィール>(さとう・まさかず)

邦銀を経て、仏系パリバ銀行(現BNPパリバ銀行)入行。インターバンクチーフディーラー、資金部長、シニアマネージャー等を歴任。通算20年以上、為替の世界に携わっている。

株探ニュース

関連記事・情報

  1. 田部井美彦氏【崩落相場へ突入か? 日経平均1000円安の先】(3) <相場観特集> (12/25)
  2. 伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (12月25日記)
  3. 植木靖男氏【崩落相場へ突入か? 日経平均1000円安の先】(1) <相場観特集> (12/25)
  4. 【杉村富生の短期相場観測】 ─ 2019年4~6月は高い、とのシナリオを想定! (12/23)
  5. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 「森よりも木」を徹底! 見直すべき個の魅力 (12/23)
  6. 「暴落の連鎖」日経平均2万円割れ寸前、年末大波乱相場とその行方<株探トップ.. (12/21)
  7. 暴落だからこそ買い場! 株主優待&配当利回りで買う有望株リスト <株探トップ.. (12/25)
  8. 10万円以下で買える、2ケタ増益&低PER「お宝候補」29社【2部・新興】編 <割安.. (12/24)
  9. 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (12月21日現在)
  10. 好業績の小型株、中間期に続き“再”【上方修正】候補 33社選出 <成長株特集> (12/20)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (11月20日発表分) 注目
  2. 2
    20年7-9月期【利益倍増】企業はこれだ!〔第2弾〕 23社選出 <成長株特集> 特集
  3. 3
    再生エネ・EV相場開幕へ!「次世代電池関連」変貌前夜の5銘柄選抜 <株探トップ特集> 特集
  4. 4
    伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】 11月23日版 市況
  5. 5
    東京為替:ドル・円は変わらず、米株高観測もドル売り一服 通貨
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.