ログイン
2019年1月18日 11時44分
経済

来週後半から国内企業の10-12月期決算発表が本格化、SMBC日興証券(花田浩菜)

こんにちは、フィスコリサーチレポーター花田浩菜の「SMBC日興証券の気になるレポート」です。

1/18付の「DailyOutlook」では、10-12月期決算について考察しているのでご紹介します。

まず同レポートでは、『米国企業の2018年10-12月期決算発表がスタートした。既に発表された主要金融機関の決算では好業績が相次ぎ、米国株式市場の押し上げ要因となっている。来週半ば以降は、大手ハイテク企業の決算に焦点が移るが、米中貿易摩擦による5G(第5世代移動通信システム)の開発動向への影響有無、半導体メーカーの設備投資計画やメモリの価格見通し、などが注目される』と伝えています。

続けて、来週後半以降、国内主要企業の2019年3月期第3四半期(10-12月)決算発表が本格化することを挙げ、『発表企業数のピーク日は2月8日で、目先は電気機器、自動車部品、陸運・鉄道セクターなどで主力企業の発表が相次ぐ。先週まででほぼ出揃った9-11月期の決算発表では、業績不振にも関わらず、決算発表を機に株価が反発した銘柄もあり、悪材料への耐性は強まりつつある。足元の原油価格の下落は今後の相場にとって好材料だ。2016年2月以降、上昇基調を辿っていたWTI原油先物価格は昨年10月上旬でピークアウトし、高値から3割以上調整している。原油を原材料とする企業では、1-3月期以降のモメンタムが回復するとの前向きな見通しが示される可能性があろう』と分析しています。

さらに、『また、米中通商問題の影響に対する企業経営陣のコメントにも注目したい』とまとめています。

最後にレポートでは、『主な企業の決算発表スケジュール』を紹介しています。詳しくは1/18付の「DailyOutlook」をご覧になってみてください。

また、面白いレポートを発見したらご紹介しますね。

花田浩菜の「気になるレポート」は各種レポートを花田浩菜の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートを御確認くださいませ。

フィスコリサーチレポーター花田浩菜

《ST》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 利益成長【青天井】銘柄リスト〔9-11月期〕UUUMなど15社 <成長株特集> (01/17)
  2. 大荒れだろうが全額投資を続ける!~「フルインベスター3人衆」座談会-第2回 (01/16)
  3. 本日の【ストップ高/ストップ安】 前場  S高= 11 銘柄  S安= 1 銘柄 (1月18日)
  4. 話題株ピックアップ【昼刊】:千代建、安川電、東エレク (01/18)
  5. 前場のランキング【値上がり率】 (1月18日)
  6. 前場のランキング【値下がり率】 (1月18日)
  7. 日経平均18日前引け=3日ぶり反発、272円高の2万674円 (01/18)
  8. 東証マザーズ(前引け)=マザーズ指数は5日続伸、テモナ、バーチャレクがS高 (01/18)
  9. ジャスダック市場(前引け)=日経ジャスダック平均は5日続伸、山王、アサカ理.. (01/18)
  10. クラウドサービスの新潮流、「SaaS関連株」上昇ステージへ<株探トップ特集> (01/17)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    量子&エッジ「次世代コンピューター相場」起動へ、倍騰候補5銘柄 <株探トップ特集> 特集
  2. 2
    【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ “ファーウェイ後”の相場回復に先手! New! 市況
  3. 3
    【杉村富生の短期相場観測】 ─ 小学5年生がAIについて学ぶ時代! 市況
  4. 4
    今週の【話題株ダイジェスト】 レオパレス、オンキヨー、フジタコーポ (5月20日~24日) 注目
  5. 5
    すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 御発注さんの場合-第1回 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.