ログイン
2019年2月12日 14時45分
材料

翻訳センター---3Qは営業利益が6.8%増、翻訳事業の売上が堅調

翻訳センター<2483>は8日、2019年3月期第3四半期(18年4-12月)連結決算を発表した。売上高が前年同期比13.5%増の86.80億円、営業利益が同6.8%増の5.51億円、経常利益が同5.9%増の5.52億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が同13.3%増の4.12億円となった。

コアビジネスである翻訳事業の売上が堅調であることに加え、メディア総合研究所が連結対象となり増収増益となった。

翻訳事業は、特許分野では、特許事務所からの受注が好調に推移したことに加え知的財産関連部署との取引も順調であった。医薬分野では、外資製薬会社からの取引が拡大した。工業・ローカライゼーション分野では、情報通信関連企業との取引好調に加え、メディア総合研究所が連結対象に加わった。金融・法務分野では、企業の管理系部署との取引が好調に推移した。これらの結果、翻訳事業の売上高は前年同期比16.9%増の62.26億円となった。

派遣事業は、ITサービス関連企業、金融関連企業、医薬品関連企業からの求人が好調に推移した。

通訳事業は、医薬品関連企業との取引が好調であることに加え、金融関連企業からIR通訳などの受注が堅調に推移した。

コンベンション事業は、「武器貿易条約第4回締約国会議」などの国際会議案件や「第14回アジア太平洋災害医学会」などの医学会案件等を受託・運営した。

その他のセグメントは、外国への特許出願に伴う明細書の作成や出願手続きを行う外国出願支援サービスが好調に推移した。またメディア総合研究所のIT事業の売上が加わった。

2019年3月期通期の連結業績予想については、売上高が前期比13.0%増の120.00億円、営業利益が同12.2%増の9.00億円、経常利益が同10.8%増の9.00億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同5.8%増の6.00億円とする期初計画を据え置いている。

《SF》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 2月に配当取りを狙える【高利回り】ベスト30 <割安株特集> (02/11)
  2. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 活路は個人の“主戦場”中小型株にあり! (02/10)
  3. 個人投資家・有限亭玉介:反発トレンドを見極めろ!期待の注目株【FISCO.. (02/09)
  4. 【植木靖男の相場展望】 ─ 目先調整も上昇途次の中休みか (02/10)
  5. 逆風下でも成長堅持!10-12月期【増収増益】リスト <成長株特集> 2月8日版
  6. 個人投資家・有限亭玉介:急上昇の可能性を秘めた銘柄群【FISCO.. (02/10)
  7. 5万円以下で買える、高利回り&低PBR「お宝候補」18社選出【2部・新興】編.. (02/10)
  8. 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (2月8日現在)
  9. 始まった「5Gバブル相場」、恐るべきメガ上昇波に乗る“5銘柄+1” <株探.. (02/09)
  10. 利益成長【青天井】銘柄リスト〔第2弾〕 33社選出 <成長株特集> (02/11)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (10月17日記) 市況
  2. 2
    今朝の注目ニュース! ★フェスタリア、カルタHD、三信電などに注目! 注目
  3. 3
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (10月16日発表分) 注目
  4. 4
    話題株ピックアップ【昼刊】:村田製、コロプラ、日本通信 注目
  5. 5
    人材関連にフォローの風、政策支援で急浮上するハイスペック銘柄を追え <株探トップ特集> 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.