ログイン
2019年2月15日 7時38分
経済

NYの視点:米12月小売売上高の悪化で、Q4GDPの成長見通し大幅下方修正

米国経済は7割を消費が占める。このため注目される小売売上高の12月分は、期待に反して大幅に悪化した。米商務省が発表した12月小売売上高は前月比-1.2%と、予想外のマイナスとなった。価格の下落が影響しガソリンの売り上げが減少し、下落率は2009年9月以降9年ぶりで最大を記録した。

また、国内総生産(GDP)の算出に用いられる自動車・建材・給油・食品を除いたコントロールグループと呼ばれるコアの小売売上高も前月比-1.7%と、2001年9月以降17年ぶり最悪となり、10-12月期のGDPに大きな影響を与える可能性が懸念される。11月からの株式相場の急落または、政府機関閉鎖の影響が考えられるが、統計の発表がすでに遅れており、修正もないと見られている。

低調な結果を受けて米国経済の先行き見通しが悪化。各金融機関は10-12月期GDPの成長見通しを下方修正した。アトランタ連銀は10-12月期GDP見通しを+1.5%と、従来の+2.7%から大幅に引き下げ。個人消費支出は3.7%ポイントから2.7%ポイントへ低下、在庫投資も0.27%のマイナス寄与度から0.55マイナス寄与度に悪化したと説明した。

ゴールドマンサックスは従来の2.5%から2.0%へ引き下げ。バークレイズ銀は従来の2.7%から2.1%へ引き下げた。2018年通年の成長率も当初の3.2%付近から3.0%へ引き下げられている。28日に発表予定の10-12月期GDP速報値は平均予想が前期比年率で2.6%。景気後退入りも近いとの警戒感も根強い。小売り売上高の鈍化が1カ月だけの一時的なものか中期的な基調になるのか今後の指標で判断していくことになる。

小売売上高の低調な結果は米連邦公開市場委員会(FOMC)の当面政策金利を据え置く、辛抱強い方針を後押しする。現状で、本年の利上げは「ほぼなし」と見られている。一方で、欧州で最大のドイツ経済はゼロ成長にとどまっている。米国経済の成長減速が予想されるとはいえ他国の成長ペースは依然上回ると考えられ今後もドルを支援すると見る。

《CS》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 逆風下でも成長堅持!10-12月期【増収増益】リスト <成長株特集> 2月14日版
  2. 今朝の注目ニュース! ★マーケットE、フェイスNW、富士ソSBなどに注目! (02/15)
  3. すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 DAIBOUCHOUさんの場合-1 (02/14)
  4. 明日の株式相場見通し=米中貿易協議にらみ神経質な展開、週末で持ち高調整の売.. (02/14)
  5. NY株式:NYダウ103ドル安、小売セクターに売りが広が (02/15)
  6. 本日注目すべき【好決算】銘柄 オークファン、チェンジ、ベルトラ (14日大引け後 発表分)
  7. 本日の決算発表予定 … ブリヂストン、ALBERT、TOYOなど 25社 (2月15日)
  8. 企業に勝利をもたらす「人材育成」、いま社員研修関連株が注目されるワケ.. (02/14)
  9. リターン・リバーサル始動、「半導体・電子部品株」逆襲高へGO!<株探トップ.. (02/13)
  10. 始まった「5Gバブル相場」、恐るべきメガ上昇波に乗る“5銘柄+1” <株探.. (02/09)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【植木靖男の相場展望】 ─ チキンレースを勝ち抜け 市況
  2. 2
    6月に配当取りを狙える【高利回り】ベスト30 <割安株特集> 特集
  3. 3
    【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 上値抵抗2万1500円突破を目指す! 市況
  4. 4
    個人投資家・有限亭玉介:2019年の注目テーマ・5G関連を改めてチェック【FISCOソーシャルレポーター】 特集
  5. 5
    すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 ろくすけさんの場合-第1回 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.