ログイン
2019年2月18日 9時24分
材料

今週のマーケット展望「日経平均は2万1000円の大台固めへ」~マネックス証券チーフ・ストラテジスト広木隆氏(高井ひろえ)

こんにちは、フィスコマーケットレポーター高井ひろえの「マネックス証券の気になるレポート」です。今週は19 年最初の IPO として、22日に識学<7049>がマザーズへ新規上場します。業績成長率が高いうえ、公開規模が小さいため、個人投資家の初値期待は高まっているようです。さて、マネックス証券の「メールマガジン新潮流」が、2月8日に配信されました。その中から今回は、同証券のチーフ・ストラテジスト、広木隆氏のレポート「今週のマーケット展望」の内容をご紹介いたします。

まず広木さんは、先週末シカゴCMEの日経平均先物について『前日比220円高の2万1210円で引け、大取終値を310円上回った』と伝えており、これを踏まえて『週明けの東京市場でも日経平均は2万1000円の大台回復で始まるだろう。今週はこの大台固めの週となろう』と考察しています。

続けて、『先週、北京で開催した米中貿易協議をワシントンで続けることになった』ことに言及し、『米中両首脳からも協議が進展しているとのコメントがあった。この材料でNYダウ平均は大幅高となり約3ヶ月ぶりの高値に戻した。昨年10月初旬の高値から急落した分の8割超を取り戻している』と伝えています。

そして、現在の投資環境について『日経平均はその半分も戻ってない。出遅れ修正が一気には進まないとしても、為替も円安基調になっていること、米中貿易協議の進展期待、決算発表一巡と日本株が戻す投資環境は整いつつある』と分析しています。

今週の判断材料については、『今週はスケジュール面では相場材料に乏しい』として、『重要なものは20日に公表される1月29-30日開催分のFOMC(米連邦公開市場委員会)議事要旨くらいだが、「利上げ停止」はすでに市場に織り込まれてしまっており、いまさら議事要旨で市場の見方を変えるような材料が出るとは思えない』と指摘しています。

このことから、広木さんは『今週に材料が少ないということは、これまでのトレンドが緩やかに継続する、というシナリオの蓋然性が高い。米国株に牽引されながら日本株も緩やかな戻り歩調を辿るだろう』と予想しています。今週の予想レンジは『2万1000円~2万1500円』とまとめています。

高井ひろえの「気になるレポート」はマネックス証券の「メールマガジン新潮流」に掲載されたレポートを高井ひろえの見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートをご確認くださいね。

フィスコマーケットレポーター 高井ひろえ

《HH》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 【杉村富生の短期相場観測】 ─ にわかに、超強気の声が台頭しているが… (02/17)
  2. 10万円以下で買える、3期連続増益&低PBR「お宝候補」18社 【2部・新興】編.. (02/17)
  3. 利益成長【青天井】銘柄リスト〔第3弾〕 25社選出 <成長株特集> (02/17)
  4. 材料株春一番! 急騰旋風に舞う「5テーマ・5銘柄」攻めの急所 <株探トップ.. (02/16)
  5. 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (2月15日現在)
  6. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ いま注目すべき銘柄「3つの条件」 (02/17)
  7. すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 DAIBOUCHOUさんの場合-1 (02/14)
  8. 個人投資家・有限亭玉介:今注目中の銘柄群をざっくりとご紹介【FISCO.. (02/17)
  9. 武者陵司 「中国ペシミズムへの違和感、米中妥協後に来る投資チャンス」 (02/16)
  10. リターン・リバーサル始動、「半導体・電子部品株」逆襲高へGO!<株探トップ.. (02/13)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【植木靖男の相場展望】 ─ チキンレースを勝ち抜け 市況
  2. 2
    【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 上値抵抗2万1500円突破を目指す! 市況
  3. 3
    6月に配当取りを狙える【高利回り】ベスト30 <割安株特集> 特集
  4. 4
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (6月14日発表分) New! 注目
  5. 5
    個人投資家・有限亭玉介:2019年の注目テーマ・5G関連を改めてチェック【FISCOソーシャルレポーター】 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.