ログイン
2019年2月18日 11時54分
経済

決算を通して、「5G」は改めて注目を集めたテーマ、SMBC日興証券(花田浩菜)

こんにちは、フィスコリサーチレポーター花田浩菜の「SMBC日興証券の気になるレポート」です。

2/18付の「DailyOutlook」では、次世代通信規格「5G」について考察しているのでご紹介します。

まず同レポートでは、『19/3期3Q(10-12月期)決算発表が一巡した。決算を通して、次世代通信規格「5G(第5世代)」は改めて注目を集めたテーマだ。足元の5G実用化に向けた開発投資の活発化が確認された。アンリツ(6754)は、同社の手掛ける5G向け通信計測器の需要増加を見込み、19/3通期の営業利益計画を70億円から110億円に上方修正。株価は決算発表前より37%上昇した(2月15日現在)。システム提案を展開するCTC(4739)、基地局システムを手掛けるNEC(6701)、通信用アンテナの日本アンテナ(6930)などの株価も決算発表後に値上がりし、昨年来高値水準で推移している』と伝えています。

続けて、5G時代の到来により、あらゆるモノがネットにつながるIoT社会が本格化を迎えることを挙げ、『様々なモノに通信機器が搭載されるため、電子部品メーカーのビジネスチャンスは増すだろう。現状、日本電産(6594)やTDK(6762)などの株価は安値から切り上がってきた程度。IoT社会の本格化を見据えれば、上昇余地があるだろう』と分析しています。

さらに、『2月25~28日、スペインで世界最大の無線通信機器見本市「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)」が開催される。5G関連の展示やプレゼンテーションが増えると予想され、5Gを活用したビジネスのイメージはより具現化しよう。現状の株式市場はインフラ関連が活況を呈しているが、MWCを機に電子部品をはじめ他関連ビジネスへの物色対象の広がりを期待したい』とまとめています。

最後にレポートでは、『今週の主なスケジュール』を紹介しています。詳しくは2/18付の「DailyOutlook」をご覧になってみてください。

また、面白いレポートを発見したらご紹介しますね。

花田浩菜の「気になるレポート」は各種レポートを花田浩菜の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートを御確認くださいませ。

フィスコリサーチレポーター花田浩菜

《ST》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 材料株春一番! 急騰旋風に舞う「5テーマ・5銘柄」攻めの急所 <株探トップ.. (02/16)
  2. 始まった「5Gバブル相場」、恐るべきメガ上昇波に乗る“5銘柄+1” <株探トッ.. (02/09)
  3. 【5G】関連の銘柄一覧
  4. 【杉村富生の短期相場観測】 ─ にわかに、超強気の声が台頭しているが… (02/17)
  5. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ いま注目すべき銘柄「3つの条件」 (02/17)
  6. すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 DAIBOUCHOUさんの場合-1 (02/14)
  7. 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (2月15日現在)
  8. 10万円以下で買える、3期連続増益&低PBR「お宝候補」18社 【2部・新興】編.. (02/17)
  9. 利益成長【青天井】銘柄リスト〔第3弾〕 25社選出 <成長株特集> (02/17)
  10. 個人投資家・有限亭玉介:今注目中の銘柄群をざっくりとご紹介【FISCO.. (02/17)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (6月14日発表分) 注目
  2. 2
    材料難の中で輝く、2-4月期【好決算】リスト 35社選出 <成長株特集> 特集
  3. 3
    【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 上値抵抗2万1500円突破を目指す! 市況
  4. 4
    6月に配当取りを狙える【高利回り】ベスト30 <割安株特集> 特集
  5. 5
    【植木靖男の相場展望】 ─ チキンレースを勝ち抜け 市況
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.