ログイン
2019年2月20日 10時04分
経済

コラム【新潮流2.0】:タイミング(マネックス証券チーフ・ストラテジスト広木隆)

◆前回の小欄は「トリセツ」について書いた。書き出しでは同名のヒット曲がある西野カナさんの活動休止のニュースを取り上げた。ところがそのコラムがメールで配信された1月28日月曜日の朝は、前日の夜に発表された嵐の活動休止の話題で持ちきりだった。日本全国、どこでも「嵐、活動休止」一色のなか、西野カナさんの活動休止のネタで始まるコラムは、なんとも間が悪い、すなわち「間抜け」であった。

◆なにごともタイミングが重要であるが、殊に投資などはタイミングがすべてと言ってもいい。しかし、マーケット・タイミングを当てるのは至難の業だ。よって伝統的な資産運用の世界では、マーケット・タイミングはとらずに常にフル・インベストして、銘柄選択や業種配分などでベンチマークを上回ることを目指す戦略が一般的である。

◆しかし、それはベンチマーク運用を仕事としているファンドマネージャーの話。個人投資家にとっては、どこでマーケットにエントリーするかが勝負である。買った後に悪材料が出て相場が下がったら最悪だ。だから、重要なイベントの前には動きづらい。ところが同じ材料でも相場の反応が違うことがある。直近の例では金曜日の日本株と米国株の動きがまさにそれだ。メキシコ国境での壁建設に関してトランプ大統領が非常事態を宣言する方針を固めたというニュースが伝わった。 それを嫌気して日経平均は200円超も下落した。ところがその日の米国株市場は、そんなニュースは歯牙にもかけず、ダウ平均は400ドル超の大幅高、3ヶ月ぶりの高値をつけた。

◆ビートたけしは著書『間抜けの構造』のなかでこう述べている。<”間”というものを大切にするのは日本の長所でもあるけれど、その一方で、短所もそこにある。”間”を大事にするということは、つまり過剰に空気を読む文化でもあるわけで、そうするとゼロから何かを生み出す能力がどうしても弱くなる。 新しいものを作るには、何かを壊さなきゃいけないんだけど、それが苦手。>ニュースそのものより、市場の反応を読むことが投資で成功する鍵だ。「過剰に空気を読む文化」というのは日本株の市場についても言えるのではないか。日米の市場を見ると、その読みの巧拙が如実に表われているように思える。

マネックス証券 チーフ・ストラテジスト 広木 隆

(出所:2/18配信のマネックス証券「メールマガジン新潮流」より抜粋)

《HH》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 DAIBOUCHOUさんの場合-2 (02/19)
  2. 「半導体製造装置」が10位にランクイン、年後半からの回復に期待感<注目テーマ> (02/18)
  3. 利益成長【青天井】銘柄リスト〔第3弾〕 25社選出 <成長株特集> (02/17)
  4. 希少なる輝き、「期末一括配当の高利回り株」でインカム・キャピタル両取り!.. (02/19)
  5. 材料株春一番! 急騰旋風に舞う「5テーマ・5銘柄」攻めの急所 <株探トップ.. (02/16)
  6. まだ間に合う、2月配当【高利回り】ベスト30 <割安株特集> (02/19)
  7. 「iPS細胞」が7位にランキング、再生医療の中核担うテクノロジーに光<注目.. (03/19)
  8. 黄金の3年間突入で株価も“かっ飛ばしモード”の「スポーツ関連株」 <株探.. (02/18)
  9. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ いま注目すべき銘柄「3つの条件」 (02/17)
  10. 【杉村富生の短期相場観測】 ─ にわかに、超強気の声が台頭しているが… (02/17)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    明日の株式相場見通し=続伸か、リスク選好モードのスイッチ入る 市況
  2. 2
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (6月20日発表分) New! 注目
  3. 3
    話題株ピックアップ【夕刊】(1):グリー、浜松ホトニクス、ゴールドウイン 注目
  4. 4
    「自社株買い」過去最大のブーム到来、外国人に代わる買い主体へ <株探トップ特集> 特集
  5. 5
    【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 6月19日版 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.