ログイン
2019年2月20日 11時34分
経済

季節要因で高まるプットコール・レシオ、SMBC日興証券(花田浩菜)

こんにちは、フィスコリサーチレポーター花田浩菜の「SMBC日興証券の気になるレポート」です。

2/20付の「DailyOutlook」では、プットコール・レシオについて考察しているのでご紹介します。

まず同レポートでは、『ザラ場でみると、昨年末には19,000円割れまで経験した日経平均株価は順調に値を戻し、先週には21,000円台を回復した』と伝えています。

続けて、オプション市場で投資家の強気・弱気を示す指標のひとつとしてプットコール・レシオ(PCレシオ)を挙げ、『市場心理が弱気に傾いていることを示しているようだ。同指標はプット(売る権利)の総建玉枚数をコール(買う権利)の総建玉枚数で割った値を用いるが、ここでは総建玉枚数でなく、総売買代金を使用して算出した。このところ低下しているとはいえ、2016年9月以降でみると高水準。コールに比べプットの売買が多く、投資家が株価下落に備える姿勢を崩していないように見える』と分析しています。

さらに、『もっとも日経平均株価の価格変動率を示す日経平均VI(ボラティリティ・インデックス)と売買代金PCレシオを比較した場合、明確に似た動きを示すわけではない。また、売買代金PCレシオは9月前や3月前に高まるといった季節要因が見える。決算期末を控えた国内機関投資家などが保有株式の評価が大きく変動しないように、プットを利用しているのではないか。まさに直近はそのようなタイミングなのであろう。3月にはFOMC(米連邦公開市場委員会)や自動車関税問題など、米国発の懸念材料が意識されるものの、日経平均VIを見る限り、今のところ大きく心配していないとみるのが妥当と考える』とまとめています。

最後にレポートでは、『日経VIとPCレシオの推移』を紹介しています。詳しくは2/20付の「DailyOutlook」をご覧になってみてください。

また、面白いレポートを発見したらご紹介しますね。

花田浩菜の「気になるレポート」は各種レポートを花田浩菜の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートを御確認くださいませ。

フィスコリサーチレポーター花田浩菜

《ST》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 材料株春一番! 急騰旋風に舞う「5テーマ・5銘柄」攻めの急所 <株探トップ.. (02/16)
  2. 「半導体製造装置」が10位にランクイン、年後半からの回復に期待感<注目テーマ> (02/18)
  3. まだ間に合う、2月配当【高利回り】ベスト30 <割安株特集> (02/19)
  4. 利益成長【青天井】銘柄リスト〔第3弾〕 25社選出 <成長株特集> (02/17)
  5. 「iPS細胞」が7位にランキング、再生医療の中核担うテクノロジーに光<注目.. (03/19)
  6. 希少なる輝き、「期末一括配当の高利回り株」でインカム・キャピタル両取り!.. (02/19)
  7. すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 DAIBOUCHOUさんの場合-2 (02/19)
  8. 黄金の3年間突入で株価も“かっ飛ばしモード”の「スポーツ関連株」 <株探.. (02/18)
  9. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ いま注目すべき銘柄「3つの条件」 (02/17)
  10. 【杉村富生の短期相場観測】 ─ にわかに、超強気の声が台頭しているが… (02/17)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (6月26日発表分) 注目
  2. 2
    キーエンスが3日続伸で底入れの動き、FA用センサーの需要拡大に期待 材料
  3. 3
    逆転の発想、究極のエコ「CO2資源化」関連が“株高”生成へ <株探トップ特集> 特集
  4. 4
    明日の株式相場戦略=半導体周辺の主力株と中小型株の動きに注目 市況
  5. 5
    【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 6月26日版 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.