ログイン
2019年2月21日 16時51分
市況

21日の中国本土市場概況:上海総合0.3%安で4日ぶり反落、ハイテク関連は急伸

21日の中国本土市場は小幅に値下がり。主要指標の上海総合指数は、前日比9.42ポイント(0.34%)安の2751.80ポイントと4日ぶりに反落した。上海A株指数も下落し、9.90ポイント(0.34%)安の2881.80ポイントで取引を終えている。

戻り待ちの売りに押される流れ。指数は20日まで3日続伸し、5カ月ぶりの高値水準を回復していた。この日も一時1%超上昇したものの、上海総合指数は心理的節目の2800ポイントを前に失速している(高値は2794.01ポイント)。米中通商協議に対する期待感は根強いが、結果を見極めたいとするスタンスも漂った。通商交渉はワシントンで19日に次官級協議が再開。21日には閣僚級に格上げしたハイレベルな協議が始まる。両政府は協議の内容を「覚書」としてまとめるほか、両国首脳の会談についても調整する予定だ。覚書について外電は20日、「技術移転や知的財産権、為替など主要な6つの構造問題で準備している」と関係筋情報として報じている。

業種別では、不動産株の下げが目立つ。保利地産(600048/SH)が2.1%高、金地集団(600383/SH)が1.8%高で引けた。資源・素材株、インフラ関連株、医薬株、保険株、消費関連株の一角などもさえない。

半面、ハイテク株は物色される。金融機関向けセキュリティーソフトの深セン市金証科技(600446/SH)と通信機器メーカーの東方通信(600776/SH)がそろってストップ高。光ファイバーケーブル生産の烽火通信科技(600498/SH)が3.1%高と値を上げた。東方通信は連日で上場来高値を更新している。空運株、発電株、自動車株、証券株などもしっかり。

外貨建てB株の相場は値上がり。上海B株指数が0.23ポイント(0.08%)高の286.56ポイント、深センB株指数が5.81ポイント(0.62%)高の943.93ポイントで終了した。

【亜州IR】

《FA》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. <話題の焦点>=直近東証1部指定銘柄に注目、伸び盛り企業を改めて評価 (02/21)
  2. 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 2月20日版
  3. 話題株ピックアップ【夕刊】(1):アンジェス、参天薬、楽天 (02/21)
  4. 話題株ピックアップ【夕刊】(2):住友鉱、レンゴー、郵船 (02/21)
  5. 話題株ピックアップ【夕刊】(3):ソフトバンクG、ナブテスコ、ソレイジア (02/21)
  6. 【↑】日経平均 大引け| 4日続伸、米中貿易摩擦の緩和期待で買い継続 (2月21日)
  7. 本日の【ストップ高/ストップ安】 引け  S高= 7 銘柄  S安= 0 銘柄 (2月21日)
  8. 明日の決算発表予定 キタック (2月21日)
  9. 「遠隔医療」が20位にランクアップ、5G応用の有力分野として注目高まる<注目.. (02/20)
  10. すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 DAIBOUCHOUさんの場合-2 (02/19)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【植木靖男の相場展望】 ─ チキンレースを勝ち抜け 市況
  2. 2
    【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 上値抵抗2万1500円突破を目指す! 市況
  3. 3
    6月に配当取りを狙える【高利回り】ベスト30 <割安株特集> 特集
  4. 4
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (6月14日発表分) New! 注目
  5. 5
    個人投資家・有限亭玉介:2019年の注目テーマ・5G関連を改めてチェック【FISCOソーシャルレポーター】 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.